【webライターになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「Webライターになりたいけど、年収ってどれぐらいもらえるの?後具体的な仕事内容は?」

本記事ではこのような疑問を持った方が対象となります。

webライターとして会社を独立したいと考えている方も多いと思います。

しかし「本当にwebライターで食べていけるのか」不安な方もいるでしょう。

また、webライターの仕事をそもそも自分にできるかどうかもわからないという方もいると思います。

そこで本記事ではwebライターの具体的な仕事内容や求められるスキル、年収について解説します。

これからwebライターを目指す方はぜひ参考にしてくださいね。

webライターの仕事内容

webライターは企業や個人でwebメディアを運用されている方(アフィリエイターなど)から「この記事を書いて欲しい」と言われたジャンルの記事を書いていく仕事です。

紙のライターとは異なり、納品した記事は全てネット上で公開され、ユーザーに閲覧されます。

記事の構成はクライアントから指定されることもあれば、自分で考えていくこともあります

また、ライターによっては企画段階から携わっている人もいます。

webライターの多くはサラリーマンなどをしながら副業でやられている方が大半で、専業でやる場合はフリーランスとして活動しています。

谷津

クラウドソーシングにはフリーランスライター向けの案件がたくさんあるので、フリーで活動がしやすいです。

個人でブログを立ち上げ生計を立てているいゆる「ブロガー」として活躍している方をランキング形式でご紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

人気ブロガーランキング10選!「稼ぎ方・収入・仕組」を徹底考察してみた。

webライターの年収、給料、給与

webライターの年収は人によって大きく異なります。

一応、dodaが出したデータによると、編集・ライターの平均年収は419万円とでています。

参考:平均年収ランキング 最新版(167職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならdoda(デューダ

ただ、恐らくこれは紙のライターの年収と思われます。

webライターの平均年収は残念ながらこれより低いと推測されます。

しかしながら優秀なwebライターの場合、月収40万円を超えているケースもあります。

谷津

執筆速度を速めたり、文章力を上げたり、クライアントに提案したりできるようになると、年収も上がっていく傾向があります。webライターの多くはフリーランスですので、年収には差があります。

webライターのスキルの磨き方と難易度

webライターに求められるスキルはまず「わかりやすく文章を書く」能力です。

webライターは小説家とは異なり、心に響くような文章を書く必要はありません。

ユーザーが知りたい情報をわかりやすく簡単に書ける能力が必要となります。

そのため、いわゆる文才といったものは必要なく、慣れればどなたでも可能と言えます。

webライターに必要な文章力は、仕事をしながら身につけていくのが良いです。

学校などに通っても良いですが、必ずしも学校が必要というわけではありません。

また、フリーランスとして活動するわけですので、仕事を獲得するための営業力も必要です。

webライターは人数が多いので、仕事を取り合いになることが多いです。

仕事を獲得するためには、いかに自分の文章力をアピールできるかが鍵となります。

後はタイピング速度も速い方が良いでしょう。

タイピングが遅いと、文章を書くことに集中できなくなり、文章の質も落ちてしまいます。

谷津

このように、webライターはそこまで高度な技術は要求されませんが、安定して仕事をしていくとなると様々な能力が必要になってきます。

webライターの社会的なニーズと将来性

webライターの将来性ですが、結論を言うとそこまであるわけではありません

というのも、webライターの仕事はAIに代行されてしまう恐れがあるからです。

心に響くような文章でなくて良いなら、将来的にAIでも書けるようになると思われます。

また、今後はブログ記事よりも動画コンテンツの方が伸びていくと言われています。

ブログが読まれないと当然webライターの仕事も減っていきます。

今後webライターが生き残っていくためには、何かしら専門知識を身につけることが重要となります。

専門知識があるライターは、希少性が高いので、他の人に仕事を取られにくいです。

たとえば、コンピュータに詳しい人なら、その知識を活かしてパソコン系のライターとして活動することができます。

専門性の高い記事は単価も高くなるので、ある程度webライターで稼げるようになったら、専門知識を活かすことを意識するのが良いと言えます。

まとめ

  • わかりやすく書くための文章力が必要
  • 専門知識があるwebライターは今後も生き残りやすい
  • 副業やフリーランスで働いている人が多い

本記事ではwebライターについて解説しました。

webライターの仕事内容は求められるスキルがおわかり頂けたでしょうか?

webライターになる場合は、クラウドソーシングにまずは登録し、副業で仕事をやってみるのが良いです。

副業である程度稼げるようになったら独立すべきか検討しましょう。

webライターは今後稼ぎにくくなるかもしれませんが、専門知識を身につけていけば希少性が高くなり、仕事を獲得しやすくなります。

ある程度webライターの仕事をこなせるようになったら、専門知識を活かしたライター活動をすることも考えてみましょう。

当サイトがおすすめしているブログ講座「ブログハックス(動画とLINEによる講座)99,800円 買い切り」

このブログハックスは月間18万PV/月収150万円を達成したプロのブロガー(迫佑樹さん)が作成した講座です。

受講生のブログを収益化するために、動画コンテンツ、無制限の質問サポート、記事の添削サービスが用意されています。

 

ブログハックスの評判や口コミについても別記事でまとめています。