【ゲームプログラマーになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「ゲームプログラマーになりたい!仕事内容や必要なスキルについて教えてほしい」

本記事はこのような人が対象となります。

ゲームプログラマーに憧れている人は多くいると思います。

しかしながら具体的にどんな仕事を行うのか、どんな技術が必要なのか、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

本記事ではゲームプログラマーの仕事内容や必要なスキルについて基本的なことを解説していきます。

ゲームプログラマーを目指している方はぜひごらんください。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーはC++C#などのプログラミング言語を使ってゲーム開発を行う仕事です。

ゲームといってもスマホアプリゲームや過程用ゲームなど色々あり、必要な技術はそれぞれ異なりますが、開発工程などはそこまで違いはありません。

多くの場合ゲーム開発は以下の手順で行われます

  • ゲームの企画を立てる
  • 機能などを設定する
  • 設計書作成
  • プログラミング
  • テスト
  • リリース

ゲームプログラマーは設計書の内容に従ってプログラミングしていきます。

ときには打ち合わせに参加して一緒にゲーム内容について検討したり、プログラマーの視点から改善点を指摘したりすることもあります。

谷津

普通のプログラマーに比べて意見を言うことが多い傾向にあります。

ゲームプログラマーの年収、給料、給与

賃金構造基本統計調査によるとプログラマーの平均年収は425万円とのことでした。

ただ、これはプログラマー全体の年収です。

ゲームプログラマーに限定すると恐らくもう少し下がるのではないかと思います。

なぜならゲームプログラマーは正社員ではなく、派遣社員として働いている人もいるからです。

参考:賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

また、ゲームプログラマーはなりたいと思う人が多いため、希少性が高くなく、現状中々年収が上がらない傾向があります。

谷津

もちろん、任天堂やSEGAといった大手のゲーム企業であればそれなりの高年収が期待できますが……。

ゲームプログラマーのスキルの磨き方と難易度

ゲームプログラマーはまずは高度なプログラミングスキルが必要となります。

ゲームで使われてるプログラミング言語には次のような種類があります

これらの習得難易度は並程度です。

PHPやPythonなどのスクリプト言語と呼ばれるものに比べたら難しいので注意が必要です。

プログラミングはプログラミングスクールなどに通うことで習得が可能です。

独学でも可能ですが、ゲームを開発できるレベルまで引き上げるには、やはりスクールできちんと勉強した方が良いと言えます。

プログラミングスクールなら、先生にわからないところを質問できますし、実際にアプリやゲームを作ってみることもできます。

面接時に制作物を見せれば技術と意欲をアピールすることが可能です。

また、打ち合わせなどで斬新かつ面白い提案ができるアイデア力や、チームで円滑に開発を行うためのコミュニケーション能力なども必要ですね。

谷津

ゲームプログラマーは一般的にプログラマーよりも主体的に動いていくことが多いです。

ゲームプログラマーの社会的なニーズと将来性

近年子供だけでなく大人もゲームを遊ぶのが当たり前になってきました。

また、e-sportsの大会が行われたりyoutubeでゲーム実況動画が多数投稿されたりと、ゲーム分野は盛り上がりを見せています。

2019年に世界ゲームコンテンツ市場、15兆6898億円と前年よりもはるかに増えました。

国内ゲーム市場も10年連続で成長しています。

参考:ゲーム業界年鑑の決定版『ファミ通ゲーム白書 2020』発刊

こういった社会情勢から考えるに、ゲームプログラマーは今後も需要ある仕事と言えますね。

これからはVRやAR技術を使ったものや、人工知能を使ったものなど、より多様なゲームが生まれてくると推測されます。

ゲームプログラマーは日々最新技術を勉強し、ユーザーの期待に応えられるようなゲームを開発できるようにすることが肝心です。

まとめ

  • C++やC#などのプログラミング言語でゲーム開発を行っていく
  • 現状年収があまり上がらない
  • ゲームの人気は衰える心配が少ないので、将来性はある仕事

本記事ではゲームプログラマーについて解説しました。

仕事内容な必要なスキルがおわかり頂けたでしょうか?

ゲームプログラマーは高度なプログラミング能力を必要するため、未経験者を採用することが少ないのが現状です。

もし、未経験からゲームプログラマーを目指すのであれば、面接時に自分で作ったアプリやゲームを見せ、スキルをアピールするのが良いと言えます。

そうすれば意欲も見せれますし、採用してもらえる可能性が高まります。

本記事がゲームプログラマーを目指す方にとって有意義なものとなれれば幸いです。