【ゲームデザイナーになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「ゲームデザイナーっていう仕事を見つけたんだけど、具体的な仕事内容や年収が知りたいから教えてほしい」

本記事はこのような方が対象となります。

ゲームデザイナーとはゲームの基本的な設定や世界観を決める仕事であり、ゲーム開発において必要不可欠な存在と言えます。

本記事ではゲームデザイナーの仕事内容や必要なスキルなど基本的なことについてまとめました。

谷津

ゲームデザイナーを将来目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

ゲームデザイナーの仕事内容

ゲームデザイナーは、ゲームの基本設計を行います

たとえば、ゲームの世界観だったり設定だったり、敵キャラだったり主人公の能力だったり。

様々なことを考えて、具体的な内容に落とし込みます。

考えたことは企画書にまとめて、プレゼンテーションなどでチームメンバーに共有しフィードバックをもらいます。

どんなゲームを作るか決まったら、ゲームの細かい仕様や画面設計などを決めていき、次は仕様書にまとめていきます。

後は仕様書をプログラマーなどに共有し、実際にゲームを作っていきます。

このように、ゲームの設定やキャラクターを考えていく仕事をゲームデザイナーと言います。

ゲームデザイナーがいることで面白いゲームを作ることができるので、かなり重要なポジションと言えます。

谷津

反面責任が大きい仕事でもありますね。

ゲームデザイナーの年収、給料、給与

ゲームデザイナーの年収は賃金構造基本統計調査によると平均432万円となっています。

参考:賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

平均年収はプログラマーなどと比べてもそこまで違いはなく、並程度といえるでしょう。

谷津

ゲームの面白さを左右する重要なポジションですので、それなりに年収は高くなります。

ただし、ゲームデザイナーは人によって仕事範囲も変わりますので、年収が大きく変動する可能性があります。

また、大手か中小かによっても、ゲーム業界の場合年収が結構変わってくるので要注意です。

ゲームデザイナーのスキルの磨き方と難易度

ゲームデザイナーはまず、企画書にわかりやすくまとめるための文章力やプレゼンテーション能力といったものが必要不可欠です。

また、ゲーム内容によっては特定の専門知識がいる場合もあります。

たとえば中世ヨーロッパ風の世界観のRPGを作成するなら、中世ヨーロッパの世界史の知識があった方がリアリティーあるゲームを考えられるでしょう。

ゲームデザイナーを目指すなら、ゲームデザイナー向けの専門学校に通うのもありです。

HALアミューズメントメディア総合学院などの専門学校にはゲーム関連の学科が多くあり、そこで面白いゲームを作るための秘訣などを学べます。

ただし、ゲームデザイナーを募集している企業は少なく、特に中小企業の場合ゲームプログラマーなどをやっていた人がなるケースが多いです。

ゲームの面白さを大きく左右する重要なポジションですので、勤続年数がそれなりにないと担当するのが難しいです。

谷津

大手企業なら募集しているケースが少なからずありますので、それらを狙ってみるのが良いかもしれません。面接時には企画書を持ち込むなどして熱意やアイデア力を見せるのが良いです。

ゲームデザイナーの社会的なニーズと将来性

ゲームは今となっては大人も子供も遊ぶようになっています。

また、e-sportsの大会が開催されるなど競技としての盛り上がりも見せています。

2019年には世界のゲームコンテンツ市場は15兆6898億円にも登りました。

国内ゲーム市場も10年連続で成長しており、ゲームは今後も、娯楽の中で人気者としての地位を守っていくのは間違いないでしょう。

参考:ゲーム業界年鑑の決定版『ファミ通ゲーム白書 2020』発刊

そのため、ゲームを作る仕事の需要がなくなることはありません

特にゲームデザイナーのようなクリエイティブな場合、AIに仕事を奪われる心配も少ないです。

ゲームデザイナーの将来性はあるといって良いでしょう。

谷津

ただし、ゲームデザイナーは人気職であり目指している人が多いので、そもそもなるのが大変ということは念頭に入れておきましょう。

まとめ

  • ゲームの世界観やキャラクターを決める仕事
  • ゲームの面白さを左右する重要なポジション
  • 人気職であるため就くことが難しい仕事

本記事ではゲームデザイナーについて解説しました。

ゲームデザイナーの仕事内容や必要なスキルがおわかり頂けたでしょうか?

ゲームデザイナーはなるのが難しい仕事ではあるものの、ゲームの設定や世界観を決められるというやりがいのある仕事です。

未経験でも面接時に企画書を持ち込むなどすれば熱意をかって採用してくれる可能性もありますので、どうしてもゲームデザイナーになりたいという方は、まずは行動してみましょう。