pythonを本格的に学べるプログラミングスクールランキング!<東京・大阪・オンライン別>

プログラミングスクール python

近年に人気が高まっているプログラミング言語の1つに「python言語」があります。

しかし、これまではRubyやPHPといった「Web開発が得意な言語」や、大規模開発ができるJava言語の方が人気が高く、Pythonを使えるエンジニアが少ない傾向にありました。

ここ数年で一気に人気が高まった言語の1つです。

そこで、当記事では

  • pythonを本格的に学べるプログラミングスクール
  • Python言語が注目される理由
  • Python言語の特徴
  • 将来性の高さや需要 など

python言語の需要が高まっている秘密や本格的に学べるプログラミングスクールを紹介します。

これから、python言語を学ぼうと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

pythonを本格的に学べるおすすめのプログラミングスクールランキング

pythonを本格的に学べるおすすめのプログラミングスクールランキング

この記事を読んで下さっている方は、pythonをこれから本格的に学びたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

この章では、python言語を本格的に学べるプログラミングスクールを

  • 東京で学ぶ
  • 大阪で学ぶ
  • オンラインで学ぶ
  • 地方で学ぶ

上記4つの種類に分けて、筆者がおすすめするスクールを紹介します。

python言語は記述方法もシンプルなため、初心者でも挑戦しやすい言語で独学も可能です。

しかし、実務で使用するとなると、python言語の知識だけがあっても通用しません

挑戦する職業によって異なる+αの知識が必要になるので、独学で学ぶ場合は周辺知識を多く学ぶ必要があり、難易度が少し高くなります。

そのため、効率良く学ぶためにはプログラミングスクールに通うのが最短だといえます。

気になるスクールが合った場合は、ぜひ「無料体験」を受講してみて下さい。

東京でPython言語が学べるスクール

1位:AIP College(アイピーカレッジ)

AIP College(アイピーカレッジ)

AIP College

東京でpython言語を無料で本格的に学べるスクールです。

コースは「初心者向け」・「経験者向け」・「上級コース」に種類わけがされており、現状のスキルに合わせて学ぶことができるので、既に知っていることを無駄に学ぶ必要がありません。

また、転職・就職支援の個別面談などもあり、効率的に学んで転職・就職を目指している方におすすめです。

データ解析などの実務も想定したカリキュラムとなっており、上級コースは高度な数学の知識が必要になるため、理数系の大学で学ぶ数学を理解しているレベルでないと難しいかもしれません。

スクールの受講条件

アイピーカレッジは、無料で学べますが受講条件がいくつかあるので、条件を満たしているか確認しておかなければいけません。

受講条件は

  • 転職・就職の意思がある方
  • 受講時点で20歳以上~30歳以下の方(大学生は4年生以上)
  • PCを持参できる方

上記の条件を満たしている必要があります。

アイピーカレッジの情報

料金 無料
受講形態 教室での対面授業
講師 元プログラマー・エンジニア
マンツーマンレッスン
進捗管理サポート
質疑応答形式 教室で講師への質問可能
対応時間 平日9:00~18:00
就職・転職サポート あり

AIP Collegeの詳細をみてみる

 

2位:Techgym(テックジム)

Techgym(テックジム)

Techgym(テックジム)

テックジム方式という学習法で、基礎知識がない方でも効率良くプログラミング学習ができるカリキュラムになります。

月額2万円で通い放題のトレーニングジムです。

  • python言語
  • 機械学習
  • ブロックチェーン など

上記のような最新技術を学ぶことができます。

また、女性と25歳以下の方は、月額料金が半額になる割引などもあるため、ちょっとお得に学べることが可能です。

他にも簡易的な転職支援ですが、テックジムと連携している「人材派遣会社」や「エンジニア派遣会社」に推薦状を送ってくれるサービスもおこなってくれます。

テックジムの情報

受講形態 教室での自習
講師 現役のエンジニア・プログラマー
マンツーマンレッスン
進捗管理サポート
質疑応答形式 教室で講師への質問可能
対応時間 19:00~22:00
就職・転職サポート 連携している派遣会社へ「推薦状」を送ってくれる

Techgym(テックジム)の詳細をみてみる

 

3位:DIVE INTO CODE

DIVE-IN-TO-CODE

DIVE IN TO CODE

受講料が他のスクールより高額で、生半可な覚悟では受講することはできません。

しかし、学べる内容は本格的で、教室での受講開始1ヶ月前から事前学習を行います

事前学習では、python言語を使いこなすための前提知識である

  • 数学
  • データサイエンスツール
  • 機械学習の概要

上記の基礎知識を事前学習期間として1ヶ月で学びます。

教室での学習が始まると、実務に近い課題をクリアしていくことになり、機械学習プロジェクトなどの運用や保守の方法や流れなどをマスターできます。

取り組む課題はかなり実務に近いため、実際に開発現場に身を投じているような感覚で緊張感を持って学習を行うことが可能です。

転職支援も非常に充実しているので、面接対策から応募書類の添削、ポートフォリオの作成方法など、かなり細かい部分までアドバイスを行ってくれます。

DIVE IN TO CODEの情報

料金 入会金:200,000円(税込み)
受講料:798,000円(税込み)
受講期間 事前学習期間:1ヶ月
カリキュラム学習期間:3ヶ月 計4ヶ月
受講形態 教室での対面授業
講師 プログラマー・エンジニア経験がある講師
マンツーマンレッスン
進捗管理サポート
質疑応答形式 教室で講師への質問可能
対応時間 10:00~19:00
就職・転職サポート あり

DIVE IN TO CODEの詳細をみてみる

 

大阪でPythonを学べるスクール

1位:TECH::CAMP 梅田校

テックキャンプ(TECH::CAMP)

TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMP梅田校は、卒業生がメンター(講師)として、受講生をサポートしていることでも有名なスクールです。

プログラミング未経験者が、カリキュラム内容は「基礎の基礎」から学べるため、初めてpython言語を学ぶ方でもスムーズに学習に取り組めます

また、メンターのほとんどが大学生なので、年齢が近い方は質問しやすい環境だといえます。

大学生がメンターといっても、厳しい入社試験を突破した大学生なので、テックキャンプが提供しているカリキュラムをしっかりと熟知しており、初心者が悩んでしまうポイントを押さえているので安心です。

TECH::CAMP 梅田校の情報

料金 入会金:148,000円
月額:14,800円
受講期間 無期限
受講形態 教室での対面授業
講師 TECH::CAMPを卒業した元受講生(試験を通過した大学生)
マンツーマンレッスン 個人レッスンもしくはオンライン
進捗管理サポート
質疑応答形式 教室で講師への質問可能
対応時間 平日:16:00~22:00
土日祝日:13:00~19:00
就職・転職サポート あり

テックキャンプの詳細をみてみる

テックキャンプの口コミ評判をみてみる

 

2位:Winスクール 梅田校

Winスクール 梅田校

Winスクール梅田校

Winスクール梅田校は、日本全国に教室があるプログラミングスクールです。

Python言語を学べるコースも、受講生の目的に合わせて数種類用意してあるので、プログラミング未経験でも安心して学ぶことができます。

また、授業は全て個人レッスンとなっているので、受講生の理解スピードに合わせて講師がしっかりとサポートを行ってくれます。

受講料に関しても、Winスクールでは給付金や助成金制度を利用できるので、条件を満たして申請を行うことで、受講料の負担が軽減されるのでお得に学習することが可能です。

また、winスクールで提供されるカリキュラムは、企業からの要望を取り入れた学習教材となっているので、未経験から実務で活かせるスキルをマスターして、IT企業が求める人材に近づくことができます

pythonコース一覧

Winスクールで提供されているpythonを学べるコースは以下の5種類です。

コース名 受講期間 料金
pythonプログラミング 4ヶ月 154,000円
python&Node.js 6ヶ月 264,000円
IoTシステムエンジニア 7ヶ月 286,000円
AIプログラマ
IoT&AIスペシャリスト 10ヶ月 408,000円

Winスクールの情報

料金 154,000円~
受講期間 4ヶ月~10ヶ月(コースによって異なる)
受講形態 教室での対面授業
講師 プログラマー・エンジニア経験がある講師
マンツーマンレッスン 個人レッスン
進捗管理サポート
質疑応答形式 教室で講師への質問可能
対応時間 平日:9:00~21:00
土日祝日:9:00~18:00
就職・転職サポート あり

Winスクール梅田校の詳細をみてみる

 

3位:大成情報学院

大成情報学院

大成情報学院

大成情報学院は、これまでのスクールとは受講方法が違い特徴的です。

特定の言語に依存せず、探究心を持ち他人を考え、プログラムを作成する」という強い理念をもってカリキュラムを提供しています。

そのため、通常のスクールではpython言語を学びたい場合は、当然python言語の基礎から学びますが、大成情報学院は違います。

大成情報学院が提供する受講コースには受講資格を満たしていないと受講することができません。

大成情報学院で、実務レベルでpython言語を使用できるようになるには、以下の手順で学ぶ必要があります。

  • STEP.1
    プログラミング基礎
    JavaScriptを使用してプログラミングの考え方を学ぶ
  • STEP.2
    python
    pythonの基礎を学ぶ
  • STEP.3
    AI初級
    機会学習の基礎を実際にシステムを作成しながら学ぶ
  • STEP.4
    AI上級
    ディープランニングを用いた画像分類プログラムを作成しながら応用技術を学ぶ

上記のように大成情報学院で、Python言語を実務レベルで取得する場合には、複数のコースを受講する必要があるので、少し手間に感じます。

受講料金に関しては複数のコースを受講する必要があるので、1つひとつのコースは比較的安価な金額で提供されています。

python言語の場合、4つのコースを受講する必要がありますが、全てのコースを受講した合計金額は160,000円です。

受講コースと料金

受講コース名 学習目安時間 受講料
プログラミング基礎 各10時間 30,000円
Python
AI初級 50,000円
AI上級

大成情報学院の情報

料金 受講料:30,000円~
受講期間 1ヶ月~
受講形態 教室での対面授業
講師 現役のプログラマー・エンジニア
マンツーマンレッスン
進捗管理サポート
質疑応答形式 教室で講師への質問可能
対応時間 10:00~21:00
就職・転職サポート

大成情報学院の詳細をみてみる

 

オンラインでPythonが学べるスクール

1位:TechAcademy(テックアカデミー)

社会人 プログラミングスクールランキング

TechAcademy(テックアカデミー)

大手プログラミングスクールとして、高い評価を得ているスクールです。

他のスクールより、評価が高い部分は質問環境が非常に充実しており、週2回のビデオレッスン以外に通常、5分以内に返信がくるチャットサポートがあります。

そのため対応時間内であれば、わからない部分をすぐに解決して学習を進めることができます。

「ビットコインの価格変動予測ツール」や「画像を分析して分類するツール」など、実際にpython言語を使用してツールを開発しながら学ぶので、達成感を感じながら学習することが可能です。

pythonコースの料金詳細

4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
料金 社会人139,000円
学生:109,000円
社会人189,000円
学生:139,000円
社会人239,000円
学生:169,000円
社会人289,000円
学生:199,000円

TechAcademy(テックアカデミー)の情報

受講期間 1ヶ月~16ヶ月
受講形態 オンライン
講師 現役のプログラマー・エンジニア
マンツーマンレッスン あり
進捗管理サポート メンターがスケジュール管理を行う
質疑応答形式 チャットでの対応
対応時間 15:00~23:00
就職・転職サポート あり

TECH ACADEMYの詳細をみてみる

TECH ACADEMYの口コミ評判をみてみる

 

2位:Aidemy(アイデミー)

Aidemy(アイデミー)

Aidemy(アイデミー)

アイデミーは無料会員登録を行うことで、無料でpython講座を学ぶ事ができるpython言語に特化したプログラミングスクールです。

また、プログラムコードをブラウザー上で記述することができるので、開発環境を構築する手間もなく、すぐ学習を行うことができます。

無料講座では、メンターのサポートや転職支援などはありませんが、Aidemy Premium Plan(有料プラン)に登録すると、メンターの学習サポートと転職・就職支援まで行ってくれます。

更に、アイデミーは受講後2週間以内なら全額返金保証があるので、万が一合わないと感じた場合は受講料を返金してくれるので、安心して挑戦することができます。

Aidemy(アイデミー)のコース料金

アイデミーの有料コースは期間ごとに提供されており、期間ごとのプラン料金は以下の表になります。

コースプラン 3ヶ月プラン 6ヶ月プラン 9ヶ月プラン
料金 480,000円 780,000円 980,000円

Aidemyの情報

料金 受講料:無料~980,000円 ※コースによって異なる
受講期間 3ヶ月~9ヶ月
受講形態 オンライン
講師 現役のプログラマー・エンジニア
マンツーマンレッスン あり
進捗管理サポート
質疑応答形式 チャットでの対応
対応時間 平日(受付時間)10:00~17:00
就職・転職サポート あり(有料プランのみ)

Aidemy(アイデミー)の詳細をみてみる

 

3位:CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)

テックアカデミー同様の大手プログラミングスクールです。

コードキャンプでは、初めてのAIに挑戦する人でも学習できるように、わかりやすいカリキュラムを提供しています。

学べる内容は「データ収集」を中心に学び収集したデーターをエクセルに落とし込むといった実務でよく利用する技術を学ぶ事ができます。

複雑な数学の知識などを必要としないので、プログラミングを学んだことがない方でも学びやすいコースになっています

また、ビデオレッスンは完全予約制となっており当日でもレッスン開始、2時間前なら予約することが可能です。

受講生の都合に出来るだけ合わせてくれるので、自分のペースでしっかりと学習することができます。

CodeCamp(コードキャンプ)の情報

料金 148,000円(税抜き)
受講期間 2ヶ月
受講形態 オンライン
講師 現役のプログラマー・エンジニア
マンツーマンレッスン あり
進捗管理サポート
質疑応答形式 ビデオレッスンのみ
対応時間 7:00~23:40
就職・転職サポート

CadeCampの詳細をみてみる

CadeCampの口コミ評判をみてみる

 

地方でもPythonが学べるスクールはある?

全国に教室があるプログラミングスクールは「Kenスクール」や「アビバ」などがありますが、全国に教室を展開しているスクールで、pythonを学べるスクールは「Winスクール」だけのようです

プログラミングスクールは、転職・就職支援を視野に入れてサービスを展開しているので、どうしても求人が多い東京周辺などに集中してしまいます

そのため、地方在住者の方がpythonを学ぶ場合は、オンライン型のスクールを検討した方が自分に合ったスクールを見つけやすいかもしれません。

 

pythonが注目されている理由

pythonが注目されている理由

Python言語は、JavaやPHPなど昔から「人気が高い言語の陰に隠れてしまっていた言語」です。

しかし、なぜ人気が高まったのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

これにはもちろん理由があり、1つは「人工知能」や「機械学習」などが注目されるようになったからです。他には、

  • pythonはシンプルなコードで記述できる
  • ライブラリーが豊富で開発時間の短縮ができる など

上記のような理由が挙げられます。

python言語はシンプルに記述できる

python言語はjavaやPHPなどのプログラミング言語と比べると、非常にシンプルに記述することができます

JavaやPHP、JavaScriptなどでは、さまざまな部分で「$」や「()」などの記号を記述する必要がありますが、python言語ではほとんど記述する必要がありません。

逆にこれまでJavaやPHP、JavaScriptなどの言語を頻繁に使っている方は、慣れるまで違和感を感じることが多いかもしれません。

しかし、慣れてしまうと他の言語を経験したプログラマーでも簡潔に記述できるという部分が魅了的に感じるはずです。

具体的な例として、python言語でif文を記述してみました。

1行目の「変数a」に記載されている数字が、10より大きい場合はprint()の文字が出力されるという単純なプログラムです。

python言語でのif文 Java言語でのif文
a = 3
if a + 2 > 10 :
print(10より大きい数字です。)
 

int a = 3;
if(a + 2 > 10 ){
System.out.print(10より大きい数字です。);
}

いかがでしょうか。

上記の例ではjava言語を使用していますが、細かい記号を記述する必要がないので、シンプルなコードを書くことができます。

そのため、他のプログラマーが書いたコードを読む場合でも理解するのが簡単で、修正や拡張がしやすい保守性が高いコードで運用することができます。

ライブラリーの種類が多い

python言語で公開されているライブラリーの数は、非常に多く開発時間の短縮など、作業の効率化を行いやすい言語になります。

ライブラリーとは、さまざまな処理を収めたファイルのことです。

ライブラリーを使用することで、1からシステムを開発することなく、少ない工程と短い時間で開発を完了できます。

ライブラリーを使用して開発するのとしないのでは、開発時間が大幅に変わります。

開発効率に大きく影響するライブラリーが、pythonでは数万個以上、公開されています。

そのため、Webアプリ開発やデータ解析など、開発ジャンルを選ばずに様々なサービスやシステムを効率的に開発することが可能です。

pythonで実際に作られているサービスは?

pythonで実際に作られているサービスは?

Python言語と聞くと人工知能や機械学習というイメージがありますが、実はWebアプリケーションなど、さまざまなサービス開発に使用されています

代表的なサービスでは

  • Instagram
  • Dropbox
  • Youtube
  • 解析ツール(tableau) など

上記のような有名なサービスで使用されている言語です。

Instagram

SNSサービスの1つとして有名なサービスです。

画像共有サービスとして、スマホで撮影した画像を加工したりして投稿できます。

全世界で1億人以上が使用している、大人気SNSサービスです。

Dropbox

ネットのサーバー上に、画像やその他ファイルデータ保存してユーザー同士で共有できるクラウドストレージサービス。

サイズやファイルの種類に関係なくデータを共有できるので、チーム開発を効率化できます。

Youtube

もはや説明不要のサービスではないでしょうか。

全世界から配信されている、様々な動画を視聴することができるサービスです。

プログラミング講座なども動画として配信されていることが多く、筆者も良く利用しています。

その他解析ツール

Pythonは、データ解析も得意な言語です。

企業が扱うビックデータと呼ばれる膨大な情報を取得したり、計算をしたりすることができます。

データ解析ツールとして有名なのは「tableau」などです。

tableauは、取得した情報から「トレンド分析」や「様々なデータから予測を立てる」ことができるツールになります。

pythonの年収や求人のニーズ

pythonの年収や求人のニーズ

Python言語を使用しているプログラマーの年収は、2016年~2018年から3年連続でTop3にランクインしている人気言語です。

2016年~2018年の3年間で求めた平均年収は、約617万円となっています。

単純に計算すると、平均月給は50万円ほどと高収入です。

python求人の数

IT関係の求人に特化した転職サイト「レバテックキャリア」で、python言語と他の言語の求人数を検索してみました。

求人数の比較は以下の表になります。

プログラミング言語 求人数
python 405
PHP 698
Java 912
Ruby 415

上記の表だけを見ると、PHPやJavaの方がまだまだ求人数が多いです。

しかし2018年、夏頃のpython求人はわずか120件ほどでした。

javaやPHPなどは、去年と比較しても求人数に大きな変化はありませんが、pythonでは1年間で300件前後の求人が増えています。

求人数が、わずか1年ほどで2倍以上も増加しているので、今後の求人ニーズも高まることが期待されています。

pythonの将来性

pythonの将来性

python言語は、シンプルなコードを記述することができ、保守性が高いシステム開発ができるため、今後更に注目を浴びる言語だといえます

また「豊富なライブラリー」や「プログラムコード」の簡潔化など、開発効率が自然と向上するため、Webアプリ開発・システム開発なども少ない費用で、サービス開発を行えると期待されてる言語です。

特に、現代では「人工知能」・「機械学習」などが、急速に発展しているため、今後更にpythonエンジニア不足が深刻化するといわれています。

そのため、pythonエンジニアは需要が供給に間に合っていない状態なので、これからも高い年収を維持できるプログラミング言語1つだといえます。

まとめ

プログラミングスクール python まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の要点をまとめると

  • pythonを使えるエンジニアは、まだまだ少ない
  • ビジネスの効率化を求めたツール開発などで需要が高い
  • 求人数も年々増加傾向にある
  • 人工知能が注目されているので今後更に需要が高くなると予想されている

上記4つです。

pythonは人工知能や機械学習以外にも、様々な分野で利用されています。

また、自動運転の技術でもpython言語が主流になりつつなっているので、これから勉強しても十分に活躍する場所はあります。

「できるだけ少ない工程でWebサービスを作ってみたい」、「人工知能や機械学習に興味がある」という方は、プログラミングスクールの無料体験を受けてみてはいかがでしょうか。

おすすめスクールランキングへ戻る