ブロックチェーンを本格的に学べるプログラミングスクール3選!【現役エンジニアおすすめ!】

「ブロックチェーンが本格的に学べるプログラミングスクールが知りたい!」

「スクールを選ぶ際に注意するべき点を教えて欲しい!」

「ブロックチェーンをスクールで学ぶメリットは?」

これからブロックチェーン技術を本格的に勉強して、最新のテクノロジー技術の開発に携わりたい人もいると思います。

ブロックチェーンは他のプログラミング言語と比べて、情報や学習環境が整っておらず独学で勉強するとなると非常にハードルが高いです。

このような最新のテクノロジー技術を学ぶ場合は、現役のエンジニアが教えてくれるスクールに通って、リアルなスキルを習得するのがおすすめです。

そこで本記事では、ブロックチェーンが本格的に学べるプログラミングスクールをご紹介し、あらかじめ知っておきたい基礎知識にも触れながら解説します!

本記事の内容
  • ブロックチェーンが学べるおすすめのプログラミングスクール
  • 知っておきたいブロックチェーンの基礎知識
  • ブロックチェーンエンジニアの将来性

ブロックチェーンが本格的に学べるプログラミングスクール

ブロックチェーンが学べるプログラミングスクールは、それほど多くはなく、スクール選びに悩まれる人も多いと思います。

スクールで学ぶことで、経験豊富なブロックチェーンエンジニアの人から教えてもらえたり、何かプロダクトを開発しながら勉強できるので効率よく学習できます。

筆者(HikoPro)

ブロックチェーンが学べるおすすめのプログラミングスクールは以下の3つです!

これらのプログラミングスクールの詳細について詳しく解説します!

TechAcademy

テックアカデミー(TechAcademy)は日本最大級のオンラインプログラミングスクールで、ブロックチェーンが学べるコースも用意されています。

ブロックチェーンコースでは、ブロックチェーンの基礎を勉強し、最終的には仮想通貨「イーサリアム」にも用いられている「ERC20」に準拠したトークンを実際に作成することができます。

週2回現役のエンジニア講師とのマンツーマンが受けれて、わからないことがあればチャットでいつでも質問できる環境があるので初心者にもおすすめです。

テックアカデミーの特徴
  • 日本最大級のオンラインプログラミングスクール
  • ブロックチェーンの基礎〜開発まで学べる
  • 週2回現役のエンジニア講師とのマンツーマン
  • チャットでいつでも質問できる環境

テックアカデミー(TechAcademy)の料金や概要

※スマホの方は横スワイプください

料金 1ヵ月

社会人:129,000円
学生:89,000円

習得できるスキル ブロックチェーン技術の基礎/仮想通貨の仕組み/セキュリティ/活用方法
受講形式 オンライン マンツーマン指導 週2回の個別レッスン
期間 1ヵ月
2ヵ月
3ヵ月
4ヵ月
質疑応答形式 オンラインチャットでの質問
スクール(教室) オンラインのみ 転職・就職支援 サポートあり 〇

テックアカデミーの詳細はこのようになっており、ブロックチェーンに関することを網羅的に学習することができます。

ブロックチェーンの基本的な仕組みを理解したい方や、仮想通貨業界に転職したい社会人におすすめです!

FLOCブロックチェーン大学校

FLOCブロックチェーン大学校はブロックチェーン専門のスクールで、教室に通って勉強とe-learning形式両方で学べるスクールとなっています。

FLOCブロックチェーン大学校の特徴は、WEBでも教室でも1年間何度でも学び放題なので、自分で自由に計画して学習できます。

目的別に応じて「基礎コース」「ビジネスコース」「プログラミングコース」「エンジニアコース」から選べるので、ブロックチェーン業界でどのように関わりたいのかを明確にしてから受講するといいでしょう。

FLOCブロックチェーン大学校の特徴
  • ブロックチェーン専門のスクール
  • 通学とe-learning形式両方で学べる
  • 目的別に応じて様々なコースが用意されている
  • 経験豊富な講師から学べる

FLOCブロックチェーン大学校の料金や概要

※スマホの方は横スワイプください

料金 198,000円〜 習得できるスキル 基礎/ビジネス/プログラミング入門/スマートコントラクト
受講形式 オンライン・通学 マンツーマン指導 なし
期間 1年間繰り返し受講可能 質疑応答形式 教室での質疑応答
スクール(教室) あり 転職・就職支援 サポートあり 〇

FLOCブロックチェーン大学校の詳細はこのようになっており、希望すればブロックチェーン企業を紹介してくれたり、転職サポートも受けれるのも魅力です。

WEBと教室を組み合わせて受講すれば、講師への質疑応答や、受講⽣同⼠のコミュニケーションも可能なので、モチベーションの維持もしやすいのでおすすめです。

Tech boost

テックブースト(Tech Boost)は未経験からIT業界への転職を目指せるプログラミングスクールで、通学とオンラインの両方で学べます。

テックブーストの特徴はエンジニア転職に力を入れており、未経験の人でも高い確率でエンジニア転職ができます。

理由としては、オーダーメイドのカリキュラムなので一人一人に合った学習内容が学べることと、エンジニアに特化したキャリアサービスを提供しているからです。

テックブーストでは、現役エンジニアが100%で質の高い内容を学べるので、実践的なスキルを学べます。

テックブースト(Tech Boost)の特徴
  • エンジニア転職に特化している
  • 通学とオンラインの両方で学べる
  • オーダーメイドのカリキュラム
  • 現役エンジニア講師が100%で安心

テックブースト(Tech Boost)の料金や概要

※スマホの方は横スワイプください

料金 3ヵ月

社会人:269,800円
学生:199,800円

対応言語 ブロックチェーンの基礎
受講形式 オンライン/通学 マンツーマン指導 あり
期間 3ヵ月〜 質疑応答形式 オンライン/教室で質問
スクール(教室) あり 転職・就職支援 サポートあり 〇

テックブースト(Tech Boost)の料金詳細はこのようになっており、3ヶ月で269,800円と他のプログラミングスクールと比較しても安い金額となっています。

オーダーメイドのカリキュラムで、現役のエンジニア講師なのにこの金額なので非常にコスパがいいといえます。

毎月開催されるMeet Upなどのイベントも用意されているので、他の生徒との繋がりもできます。

 

そもそもブロックチェーンとは何か?

ブロックチェーンを本格的に勉強する前に、事前にブロックチェーンとは何か、どんなことができるのか基礎知識を事前に知っておきましょう。

ブロックチェーン=仮想通貨(ビットコイン)と思われがちですが、正しくは仮想通貨はブロックチェーン技術が使われた新しいデジタル通貨です。

ブロックチェーン技術とは簡単に言うと、取引のデータや履歴(トランザクション)をブロックと呼ばれる箱に保存して、それを鎖のように繋げて保存したものです。

例えば、ビットコインは銀行などの中央集権が管理していないので、ユーザー同士で管理して不正がないように監視しなければなりません。

このブロックチェーン技術を使うことで、取引履歴を分散して管理することができて、ユーザーみんなで管理できるのでより強いセキュリティが実現します。

ブロックチェーンの将来性

「ブロックチェーンって将来性が高いの?今勉強しておいて損はない?」

このように考える人もいると思いますが、結論ブロックチェーンの将来性は非常に高いといえます。

ブロックチェーンの将来性が高い理由としては以下の理由があります。

  • 中央集権や独占からの脱却ができる
  • セキュリティーの高い取引ができる
  • C to C の取引がよりしやすくなる

従来では、一つの企業や組織が独占していましたが、ブロックチェーン技術が普及することで、このような独占市場から脱却ができます。

世界の貧富の差や社会格差をなくすには、C to Cの取引をスムーズに行いより強いセキュリティが重要になってきます。

ブロックチェーンでできること

ブロックチェーン技術はビットコインをはじめ、仮想通貨のみでしか用いられていないと思われがちですが、ブロックチェーン技術は他の分野にも活用されています。

ブロックチェーン技術を用いてできることは以下の通りです。

  • 仮想通貨の開発
  • 配送システムの構築
  • デジタルゲーム販売プラットフォーム
  • デジタルID認証
  • 著作権管理
  • 不動産の売買システム

このようにブロックチェーンは仮想通貨だけでなく、私たちの生活に関わる業界まで普及しています。

これはまだごく一部で、将来的にはもっと多くの業界でブロックチェーン技術が導入されるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの需要

ブロックチェーンの将来性や、金融業界以外にも影響を与えることから、ブロックチェーンエンジニアの需要は高いと言えます。

日本はテクノロジーの進歩が遅いこともあり、ブロックチェーンエンジニアの人数も他のエンジニアと比べると非常に少ないです。

また、ブロックチェーンを学習するスクールや教材などの学習環境もまだまだ成熟していないので、初心者の参入障壁が非常に高く、学習難易度が高いと言えます。

これらの理由から、ブロックチェーンエンジニアの希少価値は高く、収入も比較的いいです。

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や求人・年収

これからブロックチェーンを本格的に勉強しようと思う人は、実際にブロックチェーンに関する求人や、仕事内容などを知っておくことで、勉強のモチベーションも上がりますし、将来的なイメージができると思います。

  • Javaの求人数
  • Javaを使った主な仕事内容
  • Javaエンジニアの平均年収

これらのポイントについて解説するので、自分がこれからブロックチェーンを学ぶとどんな仕事や年収が得れるのか事前に把握しておきましょう!

ブロックチェーンに関する求人数

ブロックチェーンは最新のテクノロジー技術で、日本にはまだまだ普及はしていないので、求人数も他のエンジニア職と比べると少ないです。

日本最大級の求人サイトの「Indeed」でブロックチェーンに関する求人を見てみると以下の通りです。

出典:Indeed

2020年4月の時点で、約3000件の求人があり、非常に少ない求人数です。

同じく最先端のテクノロジーのAIで求人数を見てみると、28,327件となっているので、まだまだ日本の企業でブロックチェーンを導入している企業は少ないことが分かります。

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

ブロックチェーンエンジニアは、仮想通貨の開発以外にも様々な業務をする必要があります。

ブロックチェーンエンジニアの主な仕事内容は以下の通りです。

  • 論文の研究
  • 研究開発
  • システムリスク管理
  • 分散システムの開発
  • システムの開発

ブロックチェーンはまだまだ発展途中のテクノロジーなので、研究をして技術を高めるのもエンジニアの仕事です。

海外の情報を収集したりして、勉強することも仕事の一つとなります。

ブロックチェーンエンジニアの年収

「ブロックチェーンエンジニアの年収ってどれくらいなの?」

このように疑問に思う人もいると思いますが、まだ明確にブロックチェーンエンジニアの平均年収の統計は出ていません。

そこで、ブロックチェーン技術を扱うIT企業の年収をいくつかピックアップしましたので、参考にしてください。

  • ビットフライヤー:400万円〜1,000万円
  • ソフトバンク:478万〜893万円
  • テックビューロ(Zaif):300万〜700万円
  • GMOインターネット:500万円〜800万円

代表的な企業のブロックチェーンエンジニアの想定年収はこのようになっており、比較的高い年収となっています。

一般的なITエンジニアの平均年収が500万円前後なので、それよりも高い水準となっています。

大手仮想通貨取引所の「ビットフライヤー」はスキルが高いエンジニアに年収1000万円を出すくらいなので、年収から見てもブロックチェーンエンジニアの需要が高いことが分かります。

まとめ:ブロックチェーンはこれから伸びる産業!

本記事では、ブロックチェーンが本格的に学べるプログラミングスクールと、これから学ぶ前に知っておきたいブロックチェーンの基礎知識について解説をしました。

本記事で紹介したプログラミングスクールは以下の通りです。

ぜひこの記事を参考に、将来性のあるブロックチェーンエンジニアを目指して見てはいかがでしょうか。