【CADオペレーターになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「CADオペレーターという仕事を知ったんだけど、具体的にどんなことをやっているの?」

本記事ではこのような疑問を解決します。

CADオペレーターという仕事についてご存知ない方は多いと思います。

しかしながら、実は影でかなり活躍し、私達の生活を支えている存在でもあります。

本記事ではCADオペレーターの具体的な仕事内容や必要なスキルについてまとめました。

CADオペレーターについて知りたい方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

CADオペレーターの仕事内容

CADとは、直線や円や四角形などを駆使して図面やデザインを作成するソフトのことです。

2次元のCADの3次元のCADの2種類があります。3次元の場合は立体的な図面を作成する必要があります。

そしてCADオペレーターとは、CADを使った製図を行う人のことを言います。

CADオペレーターはコンピューターを使う仕事ですが、IT企業に限らず様々な業界で活躍しています。

たとえば、建築業界やアパレル業界などCADは様々なところで役に立つのです。

CADオペレーターの年収、給料、給与

CADオペレーターの年収は転職サイトであるdodaが集計した情報によると平均350万円のようです。

これは残業代やボーナスも含まれた数字であると思われます。

参考:平均年収ランキング 最新版(167職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならdoda(デューダ

一見すると年収が少ないようですが、CADオペレーターは正社員だけでなく派遣社員として働いている人が多いです。

そのため平均年収が下がっています。

大手の建築会社で働くCADオペレーターなどは、それなりに高給であることもあります。

谷津

年収を上げていくためには、3次元のCADを扱えるようになったり、より複雑な図面を作成できるようになったり、技術力を高めていく必要があります。

CADオペレーターのスキルの磨き方と難易度

CADオペレーターに求められることは、まずCADのソフトを使いこなせることです。

CADは関連書籍も多く販売されていますので独学で習得することも可能です。

ですが、コンピューターを使い慣れていない人にとっては独学は難しいかもしれません。

その場合はwinスクールなどのパソコンスクールで教えてもらうのも手です。

パソコンスクールなら、疑問点はすぐに先生に質問して解決できるので、スムーズに勉強を進めることができます。

また、CADの資格対策の勉強もできます。

ただパソコンスクールはお金が結構かかるので、職業訓練校で学ぶという手もおすすめです。

職業訓練校ではテキスト代以外お金がかかることはありません

ほかには、wordやExcelなども使う機会がありますので、基本的な操作ができるようになっておくのが良いです。

PhotoshopやIllustratorも使えるようになり、画像の作成もできるようになると、さらに仕事の幅が広がるでしょう。

こういったスキルも職業訓練校やパソコンスクールで習得可能です。

CADオペレーターの社会的なニーズと将来性

CADオペレーターには、一度技術を身につければ長く働ける、というメリットがあります。

実際、歳を重ねてからもCADオペレーターとして活躍している人が多くいます。

また、技術力を高めれば独立してフリーランスとして働くことも可能です。

そういう意味でも可能性のある仕事と言えるでしょう。

とはいえ、今後CADオペレーターの仕事がどのように変わっていくかは予想がしにくいです。

「CADオペレーターの仕事の人工知能に奪われるのでは」という人もいます

確かに図面データを作成するなどの作業はコンピューターが自動的に行うことはできるかもしれません。

谷津

ただ、細かい修正など含めて全てが人工知能にできるかと言われると難しいところです。いずれにせよ、今後CADオペレーターは時代の変化に応じてスキルを高めていくことが重要です。

たとえば、PhotoshopやIllustratorを使って画像を作成できるようになったり、3DのCADを作成できるようになったり、できることを幅を広げておくと、将来どんな状況になったとしても仕事がなくなることはないでしょう。

まとめ

  • 未経験からでも転職できる仕事
  • CADのスキルは職業訓練校やパソコンスクールで習得できる
  • 正社員だけでなく派遣社員として働いている人も多い

本記事ではCADオペレーターについて解説しました。

CADオペレーターの仕事内容や必要なスキルについてご理解頂けたでしょうか?

CADオペレーターは未経験からでも転職することが可能な職種です。

CADオペレーターを目指すなら、パソコンスクールや職業訓練校に通いCADソフトを使いこなせるようになることがおすすめです。

後は実際に実務を経験しながらスキルを培っていきましょう。

本記事がCADオペレーターを目指す方にとって有意義なものとなれれば幸いです。