【ゲームディレクターになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「ゲームディレクターになりたいから必要なスキルや仕事内容について知りたい」

本記事はこのような方を対象としています。

谷津

ゲームディレクターという仕事に憧れる人は多いのではないでしょうか?

しかしながら具体的にどんな仕事を行っているのかイメージがしにくい仕事でもあります。

そこで本記事ではケームディレクターの仕事内容や必要なスキルについて基本的なことをまとめました。

ゲームディレクターを目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターはゲーム開発の指揮を取る役割を担う重要なポジションです。

まずゲームデザイナーと共に新しいゲームの企画を立てます。

そしてゲームの設定や世界観、キャラクターなどを固めていき、チームメンバーに共有しつつ、改善点を指摘しあいます。

開発すると決めたらゲームディレクターはスケジュールを決定し、チームメンバーにどんな手順で開発を行うべきか指示を出します。

開発完了後いつリリースするかを最終的に決めるのもゲームディレクターの役割です。

このようにゲームディレクターは、ゲーム開発の進捗を管理すると共に、全体を引っ張っていかなくてはいけません。

谷津

もし開発中に問題が発生した場合は、すみやすかに指示を出して対処していくことも必要です。また、開発したゲームが今ひとつパッとしない場合は、各クリエイターと打ち合わせを行いつつ、修正点を洗い流していきます。

ゲームディレクターの年収、給料、給与

ゲームディレクターの年収は転職サイトであるdodaが集計した情報によると平均446万円となっていました。

参考:平均年収ランキング 最新版(167職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならdoda(デューダ

ただ、これはあくまで平均であり、会社の規模や本人の実績次第で年収は大きく変動します。

特にゲームディレクターの場合、本人の実力が明るみに出ます。

実力を認められている人なら年収1,000万円を超えているケースも珍しくありません

谷津

やはり全体を統括する役割ですから、それなりに年収は高くなることが多いです。

ゲームディレクターのスキルの磨き方と難易度

ゲームディレクターに求められるのは、何よりチームをまとめ上げるためのリーダーシップ力です。

スケジュールどおりに制作できていない場合は、どこが遅れているかを突き止め、的確に指示を出す必要があります。

谷津

ときにはメンバーに厳しい意見を言うなどしないといけないこともあります。

リーダーシップ力や人望があるような人でないと、メンバーはディレクターについていきません。

谷津

こういったスキルは実際に実務を経験しないと身につけるのが難しいです。失敗することがあっても失敗から学びを得て、どんな対応をすればチームがまとまるか考えていくことが重要ですね。

また、指示を的確に出すため、指示に説得力を持たすために、ある程度プログラミングなど開発の基礎についても知識がある方が望ましいです。

ゲームディレクターの社会的なニーズと将来性

ゲームディレクターの将来性は結論から言うとあります

なぜなら、娯楽の中でもゲームは今後更に人気が増していくことが予想されるからです。

たとえば、昨今ではe-sportsの大会が開催されるなど、ゲームジャンルが世界的な盛り上がりを見せています。

また、大人も子供も空き時間にスマホや携帯ゲーム機でゲームをするのはもはや当たり前になりました。

2019年には世界のゲームコンテンツ市場は15兆6898億円にも登りました。

国内ゲーム市場も10年連続で成長しており、ゲームは今後も、娯楽の中で人気者としての地位を守っていくのは間違いないでしょう。

参考:ゲーム業界年鑑の決定版『ファミ通ゲーム白書 2020』発刊

そのためゲーム開発の需要は高いと言えます。

特にゲームディレクターの場合、人工知能に仕事を奪われる心配もないので、将来性も高いです。

谷津

ただし、コンピューターの進化などによって、ゲームの面白さのハードルはどんどん上がっていっています。ゲームディレクターはユーザーの期待に応えられるよう、より面白いアイデアを出せるための引き出しを多く持っておくことが重要でしょう。

まとめ

  • ゲーム開発において全体の指揮を取る役割
  • 高いリーダーシップおよびゲーム開発の経験が求められる
  • 他の職種からキャリアアップしてなる場合がほとんど

本記事ではゲームディレクターについて解説しました。

ゲームディレクターの仕事内容や必要なスキルがおわかり頂けたでしょうか?

ゲームディレクターはゲーム開発において全体の指揮を取る役割を担います。

そのため、ある程度ゲーム開発に携わってきた経験が求められる職種です。

ゲームディレクターを目指す場合は、まずはゲーム企業に就職し、そこで開発経験を積んでいくのが良いでしょう。

本記事がゲームディレクターを目指す方にとって有意義なものとなれれば幸いです。