無料体験ができるプログラミングスクール(教室)

Swiftを本格的に学べるプログラミングスクール3選!【現役エンジニアおすすめ!】

プログラミング言語の中で、iPhoneやMacのデスクトップアプリを開発できるネイティブ言語としてSwift(スウィフト)と呼ばれるプログラミング言語が存在します。

Swiftを習得すると、iPhoneのアプリ開発ができて、生活に便利なアプリやゲームアプリなどが開発できるようになります。

Swiftを本格的に学習できて、iOSのアプリを開発できるプログラミングスクールはどこがおすすめ?

これからSwiftを本格的に学習しようと考えている人は、このようにどこのプログラミングスクールが良いのか悩まれる人も多いと思います。

Swiftを学べるプログラミングスクールは、人気のRubyやJavaScriptと比較すると少ないので、本記事ではSwiftが学べるプログラミングスクールをご紹介します!

本記事の内容
  • Swiftが本格的に学べるおすすめのプログラミングスクール3つ
  • Swiftをプログラミングスクールで学ぶ上で知っておきたい事
  • Swiftを本格的に学ぶ前に知っておきたい将来性や仕事内容

【アプリ開発】に関する記事一覧

 

▼アプリ開発に必要な基礎知識
アプリ開発に必要な知識や仕組みを解説

▼アプリ開発する具体的なステップ
アプリ開発をする具体的な手順や流れ【企画〜収益化まで】

▼アプリ開発で収入を得る手段
アプリ開発で収入を得る4つの方法

▼プログラミングスクール
【アプリ開発向け】プログラミングスクール

Swiftが学べるおすすめのプログラミングスクール3つ

Swiftを学べるプログラミングスクールは比較的に数が少ないですが、どんなスクールがあるのでしょうか?

そもそもSwiftとは?

元々iOSのアプリ開発にはObjective-Cと呼ばれるプログラミング言語が使用されていましたが、扱いづらい独特な特徴をいくつも持っていました。

そこでもっと効率よく簡単にiOSのアプリを開発できるように開発されたプログラミング言語がSwiftです。

Swiftを扱うためには、Apple製のXcodeと呼ばれる専用のエディタと、MacPCが必要になってきます。

筆者(HikoPro)

Swiftはモダンなプログラミング言語で、他の言語との相互性もあり、iOSアプリを開発するならSwift一択です!

プログラミング初心者にも扱いやすいのでおすすめです!

そんなSwiftに特化した、現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します!

Swiftが学べるおすすめのプログラミングスクールは以下の3つです。

コードキャンプ(CodeCamp)

CodeCampは現役エンジニアによる手厚いマンツーマン指導が受けられるオンラインのプログラミングスクールです!

CodeCampの基本情報

料金 148,000円〜
対応言語 Swift、Java
受講形式 オンライン
受講期間 2ヶ月〜
マンツーマン指導 現役エンジニアによるオンラインマンツーマン
転職・就職支援 あり

CodeCampのおすすめポイント!

CodeCampのアプリマスターコースでは、SwiftだけでなくAndroidアプリの開発ができるJavaの勉強もできるので、iOSとAndroid両方の開発ができるようになります!

アプリ開発をする際は、基本的にiOS版とAndroid版の2つを開発する必要がるので、両方のスキルを持っておくといいでしょう。

CodeCampではエンジニア講師の質にこだわっており、通過率17%の厳正な審査を超えてきた選りすぐりの講師なので満足度が94.6%という質の高い講座が受講できます。

レッスン毎にエンジニア講師を指名できるので、生徒と講師のミスマッチを防ぐことができます。

他のスクールでは講師を選ぶことができない場合が多いので、その点では非常におすすめスクールです!

筆者(HikoPro)

実際にカメラアプリやSNSアプリを開発しながら実践的なスキルを身につけれます!

CodeCampの特徴をまとめると
  • 未経験からでも学べる
  • エンジニア講師の質が高い
  • 自分で教えてもらう講師を選択できる
  • 実際に使えるアプリを開発しながらSwiftを学べる

テックアカデミー(TechAcademy)

TechAcademyは日本最大級のプログラミングスクールで、現役エンジニアが教えてくれる完全オンラインのプログラミングスクールです!

TechAcademyの基本情報

料金 139,000円〜
対応言語 Swift、Git、GitHub、Firebase
受講形式 オンライン形式
受講期間 4週間〜
マンツーマン指導 現役エンジニアによるオンラインマンツーマン
転職・就職支援 あり

TechAcademyのおすすめポイント!

TechAcademyは日本最大級のプログラミングスクールで過去の受講生は30,000人以上と言う実績を持っているので非常に安心できます。

iPhoneアプリ開発コースでは、Swiftの基礎やXcodeの使い方などをまず始めに学習し、「タスク管理アプリ」「Instagramのクローンアプリ」「オリジナルアプリの開発」など実践に近い環境で学習ができるので、自分一人でアプリ開発ができる力が身につきます。

Swift以外にも、2Dゲーム向けフレームワークSpriteKitや、実務でもよく使うGitHubや開発環境のFirebaseなども学べるので、実務でも十分通用するスキルが身につきます!

筆者(HikoPro)

TechAcademyは完全オンラインなので、他のプログラミングスクールと比べても受講料が安いです!頻繁にキャンペーンも実施しているので、お得に受講できますよ!

TechAcademyの特徴をまとめると
  • 日本最大級のプログラミングスクールで安心
  • 現役エンジニアのマンツーマンサポート
  • いつでも質問できる環境
  • オリジナルのiPhoneアプリの開発ができる
  • 周辺知識も同時に学べる

 

KENスクール

KENスクールは開校から30年の実績をもつ老舗のスクールで、未経験者だけでなく企業の研修などにも利用される実績をもつスクールです!

KENスクールの基本情報

料金 272,000円
対応言語 Swift、Java
受講形式 通学
受講期間 6ヶ月
マンツーマン指導 個別指導あり
転職・就職支援 あり

KENスクールのおすすめポイント!

KENスクールは通学型の個別指導を受けられるプログラミングスクールなので、オンライン学習よりも手厚いサポートを受けれるのが特徴です。

分からないことがある時に、すぐに質問できる環境は、プログラミング学習において非常に助かります!

KENスクールでは、iPhoneアプリとAndroidアプリ両方の開発の学習をすることができて、iPhone用楽曲作成アプリとAndroid用スケジュール帳アプリを作成できるようになります。

オンラインは不安で、リアルで教えてほしと思う方はぜひKENスクールを利用してみてください!

筆者(HikoPro)

Swiftが学べて、実績があり通学型のプログラミングスクールはKENスクールだけです!

KENスクールの特徴をまとめると
  • 開校から30年の実績がある
  • 通学型で手厚い個別指導が受けれる
  • SwiftとJavaの両方が学べる
  • 実際のアプリを開発しながら学習できる

 

Swiftをプログラミングスクールで学ぶ上で知っておきたい事

swift

Swiftが学べるプログラミングスクールを3つご紹介しましたが、どのような基準でこれらのスクールをおすすめできるかと言うと以下の3つのポイントがあります。

  1. Swiftで実際にアプリ開発ができるか
  2. Swift以外の周辺知識の学習ができるか
  3. 現役エンジニアの手厚いサポートが受けれるか

1.Swiftで実際にアプリ開発ができるか

まず始めに、Swiftを使って実際にアプリ開発ができるかが大きなポイントです。

プログラミング学習において、インプットよりもアウトプットの方が大事で、学習効率も良く、実務で通用するスキルが身につきます。

また、エンジニア転職、フリーランスとして活動する際にも、今までにどんなアプリを作ってきたか実績が必要になるので、何かオリジナルのアプリ開発をする必要があります。

筆者(HikoPro)

Swiftでアプリを個人で作るときは、多少UI/UXのデザインスキルも必要なので、その点についても同時に学習できます!

2.Swift以外の周辺知識の学習ができるか

Swiftでアプリ開発をする際には、開発環境であるXCodeの使い方はもちろんのこと、

  • Gitの使い方
  • AppStoreへの申請
  • データベース関連
  • サーバー関連

このような周辺の知識がないと、アプリ開発をすることができません。

筆者(HikoPro)

また同時にAndroidのアプリも開発できるようになると、エンジニアとしての市場価値がグッと上がります!

3.現役エンジニアの手厚いサポートが受けれるか

最後に、プログラミングスクールを選ぶ上で、現役エンジニアもしくは、実務経験のある講師から教えてもらえるかが重要です。

プログラミングスクールの中には、現役エンジニア講師でない場合もあるので、そうなると実務で通用するスキルが身につきません。

IT業界は変化が激しいので、しっかりとモダンな技術の知識を持っている講師に教えてもらうようにしましょう!

Swiftを本格的に学ぶ前に知っておきたい将来性や仕事内容

今後、注目(将来性がある)が高まりそうなPython言語

これから本格的にSwiftを学習する人は、事前にSwiftの将来性や仕事内容などを知っておくことで、勉強に対するモチベーションやイメージができると思います。

  • Swiftの求人数
  • Swiftを使った主な仕事内容
  • Swiftエンジニアの平均年収

これらのポイントについて解説するので、自分がこれからSwiftを学ぶとどんな仕事や年収が得れるのか事前に把握しておきましょう!

Swiftの求人数

まずSwiftの求人数に関してですが、日本最大の求人サイトのIndeedを見てみると、このようになっています。

出典:Indeed

2020年1月現在で、求人数は4250件となっており、他のプログラミング言語の求人数と比べても低い件数となっています。

SwiftはiOSのアプリ開発しかできず、市場が他の言語と比べて小さいため、このような結果となっています。

Swiftを使った主な仕事内容

SwiftはiOSのアプリ開発に特化したプログラミング言語で、主に以下のようなアプリ開発ができます。

  • SNSアプリ
  • チャットアプリ
  • ゲーム
  • カメラアプリ
  • メモアプリ
  • Macのデスクトップアプリ

このようにiOSの環境であれば、基本的にどんなアプリでも開発することができます。

ただ、開発したアプリを世界に公開するにはAppleStoreに公開するために申請を行う必要があり、通過するハードルが高いです。

また、自分でアプリ開発をしてそれを運用し広告収益やアプリ内課金で稼ぐことも可能です。

Swiftエンジニアの年収について

最後に、気になるSwiftエンジニアの年収に関してですが、日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」の「プログラミング言語別 平均年収ランキング」によると以下のような結果となっています。

出典:プログラミング言語別 平均年収ランキング 

Rubyは9位にランクインしており、Swiftエンジニアの平均年収は483万円となっています。

そもそもiOSの市場がまだまだ小さいことから、そこまでSwiftエンジニアの需要は高くないのでこのような結果となっています。

そもそもRubyエンジニアなどと比べると、Swiftを扱えるエンジニアの人数が少ないので、習得すればそれなりに仕事はあると思います。

まとめ:Swiftを取得してアプリ開発をしよう!

いかがでしたでしょうか!

本記事でご紹介したSwiftが学べるプログラミングスクールは以下の3つです。

Swiftを取得すると自分のアイデアをすぐにiPhoneアプリとして形にできるので、勉強していて非常に楽しいプログラミング言語です!

ぜひこの機会に、プログラミングスクールでSwiftを本格的に学習してみてはいかがでしょうか!

【アプリ開発】に関する記事一覧

 

▼アプリ開発に必要な基礎知識
アプリ開発に必要な知識や仕組みを解説

▼アプリ開発する具体的なステップ
アプリ開発をする具体的な手順や流れ【企画〜収益化まで】

▼アプリ開発で収入を得る手段
アプリ開発で収入を得る4つの方法

▼プログラミングスクール
【アプリ開発向け】プログラミングスクール