プログラミングスクール(教室)を探すプログラミングスクール(教室)を探す
プログラミングスクール|目的別一覧 プログラミングスクール|条件・世代別一覧 プログラミングスクール|プログラミング言語別一覧 プログラミングスクール|全国地域別一覧

KENスクールの評判は?コースは豊富だが未経験や30代向きではないかも。

KENスクールの評判は?コースは豊富だが未経験や30代向きではないかも。

本記事ではKENスクールについて解説しました。

谷津

以下のような悩みを抱いている方はぜひ参考にしてみてください。
  • プログラミングスクールに通いたいが、近くにスクールがない。全国展開されているスクールもあるが、プログラミングというよりパソコン教室だ。
  • 幅広くコースが充実しているプログラミングスクールを知りたい。

KENスクールは全国各所に存在するプログラミングスクールです。

名古屋、関西、北海道といった地域にそれぞれスクールがあります。

プログラミングスクールの多くは東京にあり、地方の人はなかなか通うのが難しいと思われます。

しかし、KENスクールのような全国展開されているスクールなら通うことが可能なので、「KENスクールに通ってみようかな」と思っている人がいるかもしれません。

ただKENスクールの評判をみてみると良くない点が色々見つかることも事実

谷津

これはKENスクールに限らず必ずしも全ての人にとって良いプログラミングスクールとはかぎらないですからね。

そこで本記事では、KENスクールの評判やメリット・デメリットについて解説していきます。

谷津

元々企業でエンジニアをしていた僕が、KENスクールは本当に良いプログラミングスクールなのか掘り下げていきます。

KENスクールとは?

KENスクールは全国展開されているプログラミングスクールです。

具体的には以下の場所の教室があります。

最近では公式でバーチャルユーチューバが存在していることが話題となっていましたね。

「賢乃ちえり」というキャラクターがチャンネル内でKENスクールの紹介やプログラミング講座を行っています。

【新人VTuber / 自己紹介】勉学を司る犬神様VTuber「賢乃ちえり」じゃ!【KENスクール公式VTuber】

また、KENスクールは個別指導を徹底しているプログラミングスクールです。

受講生1人につき先生が1人ついてくれるスタイルなので、わからないところをすぐに質問できる特徴があります。

谷津

それではKENスクールの特徴を詳しくみていきましょう。

KENスクールの基本情報

受講形 教室(全国展開しています)
対応レベル プログラミング未経験者~上級者
スクールの場所 全国各地
講師 現役エンジニア
マンツーマンレッスン あり
進捗管理サポート なし
質疑応答形式 個別で質問可能
対応時間 授業時間内
就職・転職サポート あり
無料体験の有無 完全無料

KENスクールのコース/受講料

※以下はKENスクールのコースの一部です。KENスクールにはコースが100種類以上あります。

コース名 料金 受講期間
Javaプログラマー養成コース 365,000円 6ヶ月
Cプログラマー養成コース 279,000円 3ヶ月
VBプログラマー養成コース 342,000円~ 6ヶ月
JavaScriptコーディング講座 62,000円 3ヶ月
SQL講座 62,000円 3ヶ月

Javaプログラマー養成コース

Javaプログラマー養成コースは現場でもっとも使われている言語であるJAVAを勉強するコースです。HTMLやCSS、フレームワークの学習も行えます。エンジニアとして活躍するための基礎知識を身に着けます。

Cプログラマー養成コース

Cプログラマー養成コースはソフトウェア開発の標準言語であるC言語を勉強するコースです。C言語の基礎や、組込みソフトウェア開発の基盤となる知識を身に着けます。

VBプログラマー養成コース

VBプログラマー養成コースはVisual BasicやVisual Basicデータベースを勉強するコースです。Visual BasicはWindowsアプリケーションを開発するのに使われます。

JavaScriptコーディング講座

JavaScriptコーディング講座はwebアプリのフロントエンド開発で使われるJavaScriptを勉強するコースです。動的なwebサイトの作成を目指します。HTML/CSSの基礎は受講前におさえている必要があります。

SQL講座

SQL講座はアプリケーションからデータベースに問い合わせるのに使われるMySQLを勉強するコースです。PHPやJavaを勉強した方にオススメの講座です。

谷津

KENスクールはコースが豊富にあるのが特徴ですね。

反面、コースが細分化されすぎて「基礎から応用まで一貫して学べるコース」が少ないのが難点

KENスクールの就職・転職サポート

KENスクールは関東・東海・関西圏を中心とした、IT業界含めた様々な企業を紹介してくれます。

卒業生の中にはwebデザイナーになった人もいれば、webエンジニアになった人もいます。

ただ、具体的にどの企業を紹介してくれるかの記載はありませんでした。

内定獲得まで責任を持って指導をしてくれ、受講生の83%が転職をできているようです。

KENスクールでは、スクールと連携している転職エージェントがサポートを行ってくれる体制です。

そのため、転職エージェントのサポート内容と変わりません。

履歴書の添削や面接のアドバイス、内定後の給与交渉までサポートしてしれます。

KENスクールの評判・口コミ

良い評判・口コミ

大阪でオススメのプログラミングスクール!

カウンセラーが丁寧に転職活動についてアドバイス

書籍で学ぶよりも確実に学習できる!

悪い評判・口コミ

35歳だとKENスクール経由での転職が厳しい

スタッフの対応がテンプレ

https://twitter.com/SiCRC04SHA10_A/status/1103234297610231808

総評

KENスクールはそもそもあまり口コミが多くはない状態でした。

まだそこまで認知度があるサービスではないことが言えます。

数少ない口コミを見ていったところ、「対面マンツーマン」かつ「授業外で教室を使える」ということをメリットとして挙げている方がおられました。

KENスクールの最大の特徴は1対1のスタイルであることで、先生がいつもそばにいてくれて、わからないところをすぐ質問できることです。また、平日の10時~21時なら教室のパソコンは自由に使えます。授業の復習に使う人が多いようです。

ほかにもKENスクールは料金は高いが、その分先生が丁寧に教えてくれるという意見も。

悪い評判としては「35歳以上だと転職が難しい」と言われるという点。確かに、体力と思考力勝負のプログラマーは年齢が上がるにつれて厳しくはなっていきます。「プログラマー35歳定年説」という言葉もあり、35をすぎるころにはプログラマーは卒業してSEやプロジェクトリーダーに出世してないといけない、とも言われています。

ただ、元エンジニアの自分の経験から言うと、35歳でもプログラマーになることは十分可能な気がします。思考力が必要とはいえ、PHPPythonなどのスクリプト言語なら非常に簡単ですし、年齢を問わず理解できると思います。

それに、プログラマーは人手不足ですし、35歳以上でも雇うところは結構あると思います。

谷津

KENスクールを通して転職は難しいというだけで、30~40代でもスキルをしっかりと身に付ければ転職は十分可能だと個人的に感じています。

KENスクール 5つのメリット

KENスクールのメリットを紹介します。

エンジニアである自分の観点から分析したところ、メリットは全部で5つありました。

  1. 全国にスクールあり。近くの教室に通える
  2. 1対1のスタイルを徹底
  3. コースが豊富。目的に合わせて選択できる!
  4. パソコン持ってなくてもOK。充実した学習環境
  5. 就職・転職サポートも充実

1.全国にスクールあり。近くの教室に通える

KENスクールは全国にプログラミングスクールが存在します。

  • 新宿本校:東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル4F
  • 池袋校:東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル20F
  • 北千住校:東京都足立区千住旭町4-12 桜テラス 3F
  • 横浜校:横浜市西区高島2-19-12横浜スカイビル 20F
  • 名古屋校:名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー39F
  • 梅田校:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト11F
  • 札幌校:札幌市中央区北5条西2-5 JRタワーオフィスプラザさっぽろ19F

プログラミングスクールは現状東京に固まっているので、どうしても地方の人は通いにくい事情がありました。

地方にも小さい規模のスクールがあるときもあるのですが、プログラミングスクールというよりパソコン教室に近い場合が多いです。

あるいは、学べる言語が限られていたり、ホームページ作成しかできなかったり……。

KENスクールは本格的なプログラミングを地方で教えてくれる貴重なスクールと言えます。

ただ、全国展開といっても四国や九州にはないわけで、通えない人の方がむしろ多いとは思います。

谷津

東京以外にスクールがあるのは魅力的。しかし、今後さらに教室の数が増えていくことを期待したいですね。

2.1対1のスタイルを徹底

KENスクールの授業は全てマンツーマンで行われます。

マンツーマンであることの利点は以下の通りです。

  • わからないところをすぐに聞ける
  • 集中して勉強に取り組むことができる
  • 先生との距離が違いので悩みを相談しやすい
  • 何回質問しても迷惑にならない

マンツーマンの場合は、先生が受講生の特徴をよく知ってくれるので、その人に合わせた教え方をしてくれます。

たとえば、プログラミングのイメージが掴めていない人には、図やイラストを描いて説明していくれるなど。

谷津

その人に合わせた対応をしてくれるところがマンツーマンの魅力と言えます。

ただ、先生がずっと近くにいると集中できないとか、気まずいとか、そういう人もいるとは思います。

そういう場合はあまりKENスクール向きではないかもしれません。

いずれにせよ、マンツーマンで教えてくれるというのはKENスクールの大きな特徴です。

3.コースが豊富。目的に合わせて選択できる

KENスクールについて率直にすごいと思ったのが、コースが豊富にあること。

たとえばJAVAを勉強するにしても、目的に合わせてコースがこれらから選べます。

  • Javaプログラマー養成コース
  • 速習Javaシステムエンジニア就転職総合コース
  • Javaデベロッパー就転職総合コース
  • Java SE 7 ProgrammerⅠ
  • Javaベーシック講座
  • OCJP Silver SE 8 資格対策講座
  • Javaアドバンス講座
  • Java Webシステム講座
  • Javaフレームワーク(Spring Framework)講座
  • Javaフレームワーク(Hibernate)講座
  • Java フレームワーク(Spring×Hibernate)講座
  • Javaシステム開発実務研修「巧」
  • 10日間マスターJava講座

ここまでコースが細分化されているプログラミングスクールは、実はほとんどありません。

コースがたくさんあれば自分が「やりたいこと」に標準をあわせ、絞り込んで勉強することができます

4.パソコン持ってなくてもOK。充実した学習環境

「プログラミングスクールに通いたいけど、パソコンを持っていない……」という方もいるとは思います。

そんな方のために、KENスクールは教室内のパソコンを使うことができます。

授業時間以外でもKENスクールは教室を開放しており、平日10時から21時までパソコンを無料で使えます。

授業の内容を復習したり、自分でオリジナルのアプリを作ったり、受講生はそれぞれ活用しているみたいですね。

もちろんプログラミングを本格的に勉強したいなら、後々パソコンは必要にはなってきます。

ただ、プログラミングに適しているパソコンとそうでないパソコンがあるのが注意点です。

たとえば、パソコンのメモリが不足しているとプログラムを満足に動かせない場合もあります。

後は本格的にやるのであればwindowsよりMacが良いんじゃないとか、そういうことも考える必要があり。

ある程度プログラミングを学習すれば、プログラミング向けのパソコンもわかってきますので、その後にパソコンを買う方が良いのです。

5.就職・転職サポートも充実

KENスクールではプログラミング教育だけでなく、就職・転職サポートも充実しています。

KENスクールはグループ会社のエージェントと連携していており、そこで無料でサポートを受けることができます。

たとえば以下のサポートを受けることが可能。

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接の練習
  • マナー研修

プロのキャリアコーディネーターのサポートを受ければ、転職成功率がアップします。

KENスクール 2つのデメリット

KENスクールのデメリットも合わせて紹介します。

  • コースによっては少し受講料金が高いことも
  • 駐車場がない

これらのデメリットも吟味しつつ、KENスクールを受講するか決めてください。

1.コースによっては少し受講料金が高いことも

KENスクールはコースによっては受講料金が少し高いこともあります。

たとえば「Javaプログラマー養成講座」は受講期間6ヶ月で365,000円です。

谷津

これは高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、正直自分は高いと感じます。

というのもこのコースで学べるのはJAVAの基礎部分だけであり、「プログラムの書き方」や「オブジェクト指向」を覚えられるのみ。

本格的なプログラミングやシステム開発の流れなどは学習できません。

谷津

正直いってJAVAの基礎部分だけなら自分も独学で習得できましたし、スクールで勉強する意味は薄い気がします。

また、オリジナルアプリを自分で作るところまで到達できないのも難点です。

オリジナルアプリを作れると転職活動で「こんなものが作れます」と面接官に見せてアピールができるのですが、それができないと合格率が下がってしまいます。

このように、マンツーマンの授業なので料金が高くなってしまうことは当然ですが、割高感はぬぐえません。

2.駐車場がない

KENスクールの各校舎には駐車場がなく「これは結構問題なのでは……」と思っています。

駐車場がないと車で通学する場合は、近隣の有料駐車場を利用するしかないです。

谷津

校舎の多くは駅のすぐそばにあるため、電車で通う際には便利なのですが……。

ただでさえコースによっては受講料金が高いのに駐車場代まで取られるのは厳しいです。

いくら全国展開されていても駐車場がないのは大きなマイナス点と考えています。

KENスクールはこんな人におすすめ!

ここまでKENスクールの評判やメリット・デメリットを解説してきました。

まとめると、KENスクール以下に該当する方におすすめできます。

  • KENスクールに通える距離に住んでいる
  • プログラミングを勉強できるだけでなく転職サポートもしてもらいたい
  • マンツーマンで手厚く指導してもらいたい

これらの特徴に当てはまる場合は、KENスクールの「無料体験レッスン」を受けてみることをオススメします。

KENスクール受講までのステップ

KENスクールを受講したいと思った方は以下のステップに従って申し込んでください。

  • STEP.1
    受講お申し込み
    KENスクールトップページから「無料体験レッスン・カウンセリング」をクリックします。
  • STEP.2
    申し込みフォーム入力
    無料体験レッスンのご予約のフォームに指定事項を入力して「確認する」をクリックします。するとメールに「申込確認」が届きます。
  • STEP.3
    予約日確定

    無料体験の日時が決まり次第連絡が届きます。

  • STEP.4
    無料体験
    無料体験を通して教室の雰囲気や勉強内容を確認できます。
  • STEP.5
    入学
    入学の意思が決まったら、体験授業を行った校舎にご連絡します。手続き完了後すぐに授業を始めてくれます。

まとめ

本記事ではKENスクールについて解説しました。

KENスクールがどんなプログラミングスクールかおわかり頂けたでしょうか。

KENスクールは全国展開されているため、東京に住んでいなくても通える貴重なスクールです。

また、マンツーマンで指導してくれるため、他よりも学習しやすい環境になっております。

反面、コースによっては受講料が高いこともあります。

また、教室の雰囲気などは各地域によって違うのが、実際に無料体験に行って感じてみるしかありません。

本記事を読んでKENスクールに興味を持った方は、無料体験に行ってみることをオススメします。

この記事がプログラミング学習をはじめるきっかけとなったら幸いです。