【webデザイナーになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「webデザイナーの仕事内容や将来性について知りたい」

本記事はこのような悩みを解決するものとなります。

webデザイナーという仕事は求人数も多く、成長中のITベンチャーが多く雇用しています。

webサイトを作りたいと思う企業は増えているので、将来性も高い仕事と言えます。

ただし、webデザイナーは様々なスキルを必要とするため、日々勉強していかないといけない職種でもあります。

本記事ではwebデザイナーの仕事内や年収、求められるスキルについてまとめました。

谷津

現在webデザイナーを目指している人は、ぜひ参考にしてくださいね。
webデザイナーにおすすめのスクール紹介
「Webデザイナーを目指す人がプログラミングスクールを選ぶポイントと注意点」や「Webデザイナー向けのプログラミングスクール」をご紹介。

【Webデザイン】基礎から本格的に学べるプログラミングスクール5社

webデザイナーの仕事内容

webデザイナーはwebサイトのデザインを考えるのが主な仕事です。

「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを使い、サイトのデザインを作成します。

ボタンの位置やサイト全体の配色など、ユーザーの使いやすさを考慮しつつ決めていきます。

作成したデザインはチームに共有してフィールドバックをえます。

サイトデザインの良し悪しで、サイトへの来訪者数や商品の購入率が変わってくるので、webデザイナーは重要なポジションです。

また、webデザイナーはサイトのコーディングも担当することもあります。

webデザイナーの年収、給料、給与

webデザイナーの平均年収はdodaが調査したテータによると348万円となっています。

参考:平均年収ランキング 最新版(167職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならdoda(デューダ

ただし、これはあくまで平均であり、勤めている企業や雇用形態、その人の技術によって年収は大きく変わります

サイトデザイン以外にもUI・UXデザイナーとして活躍できたり、コーディングもできたりすると評価も上がり、年収も比例して上がる傾向があります。

谷津

また、言われた通りにデザインを行うだけでなく、サイト全体のことを考え、チームを引っ張っていけるようになれると評価されます。

webデザイナーのスキルの磨き方と難易度

webデザイナーにはまずデザインセンスが求められます。

ユーザーにとって使いやすく、ポジティブな印象を持たれるようなデザインを思いつく必要があります。

また、「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを使いこなせるようにもならないと駄目です。

ただ、これらの技術を習得するのはそこまで難しくなく独学で習得可能です。

ほかにも、HTMLとCSSに関する最低限度の知識は必要です。

サイトのコーディングまで担当することがないにしても、コーディング担当者と意思疎通をはかるためには、こういった技術について知っておかないと難しいからです。

また、できればJavaScriptというプログラミング言語も習得しておくと、webデザイナーとして更に上を目指すことができます。

ただ、プログラミングは難しいので、最初から習得する必要はありません。

谷津

このようにwebデザイナーは意外と幅広いスキル・知識が求められます。こういったスキルは、情報工学系の大学で学べるほか、専門学校やプログラミングスクールなどでも習得が可能です。
webデザイナーにおすすめのスクール紹介
「Webデザイナーを目指す人がプログラミングスクールを選ぶポイントと注意点」や「Webデザイナー向けのプログラミングスクール」をご紹介。

【Webデザイン】基礎から本格的に学べるプログラミングスクール5社

webデザイナーの社会的なニーズと将来性

自社サイトを持ちたいと考える企業は多いため、webデザイナーは需要ある仕事と言えます。

ただし、ただ単にデザインを考えるだけなら、他の人でもできる場合が多く、将来的に厳しくなっていく恐れかあります。

webデザイナーとして長く働いていくには、UI/UXデザインやHTMLなど様々なスキルを身につけていく必要があるでしょう。

ある程度経験を積んだらwebディレクターにキャリアアップすることも可能です。

webディレクターはプロジェクトを取りまとめる役割であり、リーダーシップやスケジュール管理能力が求められます。

谷津

また、フリーランスのwebデザイナーとして独立することも可能です。フリーランスになれば仕事をやればやるだけ報酬がもられますので、努力次第で年収をアップさせることもできます。

まとめ

  • サイトのデザインを作成する仕事
  • 求人数も多く将来性も高い仕事
  • フリーランスのwebデザイナーとして独立することも可能

webデザイナーの仕事内容や将来性についてご理解頂けたでしょうか?

サイトのデザインによって来訪者数は大きく変わりますので、webデザイナーはそれだけ重要なポジションと言えます。

webデザイナーを目指す方は、まずは「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトの使い方を身につけるのが良いでしょう。

グラフィックソフトについては書籍も多く販売されているので、まずは自分で勉強してみてみるのがおすすめです。

「独学だと厳しいな……」と思ったらプログラミングスクールに通うことも検討してみてください。

本記事がwebデザイナーを目指す方にとって有意義なものとなれれば幸いです。

webデザイナーにおすすめのスクール紹介
「Webデザイナーを目指す人がプログラミングスクールを選ぶポイントと注意点」や「Webデザイナー向けのプログラミングスクール」をご紹介。

【Webデザイン】基礎から本格的に学べるプログラミングスクール5社