【テストエンジニアになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「テストエンジニアっていう仕事を見つけたんだけど、どんな仕事なんだろう?」

本記事ではこのような疑問を解決します。

テストエンジニアは、アプリが正常に動くか確認する仕事を行う人であり、製品の品質に関わる重要なポジションです。

しかしながら、IT企業に勤めている人以外はテストエンジニアという仕事をよく知らない人が多いと思われます。

そこで本記事ではテストエンジニアの仕事内容や求められるスキルについて解説します。

テストエンジニアに興味のある方はぜひ本記事を最後まで読んでみてくださいね。

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアは、ソフトウェア製品や電子機器をなどが正常に動くかチェックをするエンジニアのことです。

テストエンジニアは複数のテストケースを作成、それに従って順にテストをしていきます。

もし不具合が見つかった場合は、チームメンバーに報告し改善をしてもらいます。

テストエンジニアは、製品の品質に関わる重大なポジションです。

もしテスト担当者がいなかったら、ソフトウェアに不具合があっても気がつかずリリースしてしまうかもしれません。

谷津

テストエンジニアがいることで、プログラマーも安心して作業していくことができます。

テストエンジニアの年収、給料、給与

テストエンジニアの平均年収は明らかになっていませんが、おおよそ300万~400万円くらいであると推定されます。

賃金構造基本統計調査によるとプログラマーの平均年収が425万円とのことですので、テストエンジニアはこれより少し下と思われます。

参考:賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

テストエンジニアは重要なポジションではあるものの、必要なスキル量が少ないので、どうしても年収は低くなってしまいます

年収を増やすには、プログラマーの仕事を兼任したりする必要がどうしても出てきます。

テストエンジニアのスキルの磨き方と難易度

テストエンジニアはとテスト作業を行うための集中力が肝になります。

なぜなら、テストケースにしたがって間違いなくチェックしていく必要があるからです。

チェック作業は長時間行うこともあるため、途中で集中が切れないよう気をつけないといけません。

また、プログラマーほどではないにしろソフトウェア開発の知識も必要です。

なぜなら、ある程度知識がないと、どんなテストを行えば良いのかわからないからです。

ソフトウェア開発の知識を深めるには、基本情報処理試験や応用情報処理試験の資格取得を目指すのが良いです。

谷津

また、資格を取得すれば仕事の幅も広がっていきます。ちなみに、これらの資格は大学生でも取得している人が多いので、それほど難しくはありません

テストエンジニアの社会的なニーズと将来性

ITエンジニア系の仕事は人手が足りていないことが多く、社会的ニーズはあると言えます。

2030年には、ITエンジニアは約79万人も不足するとまで言われています。

参考:平成 30 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(IT 人材等育成支援のための調査分析事業)

ソフトウェア開発の求人数自体もかなり多く、今後も需要が続くと思われます。

ただし、テストエンジニアに関しては現状求人数が減ってきています

理由は、小さい会社の場合テスト担当者を個別に雇う余裕がなく、プログラマーがテスト作業も兼任していることが多いからです。

そのため、テストエンジニアになりたいと思っても、採用されることが難しいかもしれません

また採用されたとしても、テストエンジニアとしてずっとやっていくのは難しいです。

というのも、テストエンジニアの仕事は人工知能に奪われる可能性もあるからです。

谷津

指定された通りにチェックしていくというのはコンピューターの得意分野でもあります。

今後テストエンジニアとして生き残っていくには、テスト作業ができるだけでなく、簡単なプログラミングができたり、より効率的なテスト方法を自分で編み出したりする必要があると言えます。

まとめ

  • アプリやゲームが正しく動くかチェックをする仕事
  • 製品の品質に関わる重要なポジション
  • 今後人工知能に奪われる可能性もある

本記事ではテストエンジニアについて解説してきました。

テストエンジニアの仕事内容や求められるスキルがおわかり頂けたでしょうか?

谷津

製品の品質の高めるためにはテスト作業が不可欠ですので、テストエンジニアは重要なポジションと言えます。ただ、現状求人数自体は減ってきているのが事実です。

とはいえ、未経験でも採用されることが多い職種ですので、IT企業に転職したい人がまずテストエンジニアを目指すのはありです。

テストエンジニアとして転職した後は、ソフトウェア開発の知識を高めるなど、自分の市場価値を上げるための努力が必要です

本記事がテストエンジニアを目指す方にとって有意義なものとなれれば幸いです。