無料体験ができるプログラミングスクール(教室)

JavaScriptを本格的に学べるプログラミングスクール3選!【現役エンジニアおすすめ!】

プログラミング言語のJavaScriptは、フロントエンド言語で、人気のプログラミング言語ランキングでも毎年上位を獲得している、人気のプログラミング言語です。

JavaScriptを習得することで、フロントエンドエンジニアになることができて、ほとんどWeb開発において用いられる技術なので、エンジニアやフリーランスとしても活動することができます。

JavaScriptを学習できて、フロントエンドエンジニアになれるプログラミングスクールはどこがおすすめ?

これからJavaScriptを本格的に学習しようと考えている人は、このようにどこのプログラミングスクールが良いのか悩まれる人も多いと思います。

プログラミングスクールは沢山あってどれが良いのか分からないと思うので、本記事では現役エンジニアがおすすめするJavaScriptが学べるプログラミングスクールを3つご紹介します!

本記事の内容
  • JavaScriptが本格的に学べるおすすめのプログラミングスクール3つ
  • JavaScriptをプログラミングスクールで学ぶ上で知っておきたい事
  • JavaScriptを本格的に学ぶ前に知っておきたい将来性や仕事内容

JavaScriptが学べるおすすめのプログラミングスクール3つ

JavaScriptを学べるプログラミングスクールは沢山存在しますが、実際どこが良いのか悩まれるでしょう。

そもそもJavaScriptとは?

JavaScriptとはフロントサイドのプログラミング言語で、Webサイトに動きやアニメーションなどをつけたりできます。

また、JavaScriptでWebサービスの開発も可能です。

JavaScriptは、HTMLやCSSなどのマークアップ言語と組み合わせることで、Webサービスの開発ができたり、動きのあるWebサイトを開発できます。

そんなJavaScriptに特化した、現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します!

JavaScriptが学べるおすすめのプログラミングスクールは以下の3つです。

  • TechAcademy:日本最大級のオンライン完結型のプログラミングスクール
  • Winスクール:全国各地に教室があるオフラインのスクール
  • デジハリOnlline:オンラインスクールだが、生徒同士の繋がりがある

TechAcademy

TechAcademyは日本最大級のオンラインに特化したプログラミングスクールで、過去に30,000人以上の受講生がいる実績を持つプログラミングスクールです!

TechAcademyの基本情報

料金 139,000円〜
対応言語 PHP/Laravel/HTML5/CSS3/SQL/GitHub/Bootstrap/Heroku
受講形式 オンライン形式
受講期間 4週間〜
マンツーマン指導 現役エンジニアによるオンラインマンツーマン
転職・就職支援 あり

TechAcamemyのおすすめポイント!

TechAcademyは完全オンラインで現役エンジニアがマンツーマンで教えてくれるので、地方にいる人や、自分のペースで学習を進めたい人におすすめです。

JavaScriptが学べるフロントエンドコースでは、これからフロントエンドエンジニアを目指す人や、Webデザイナーで動きのあるサイトを作りたい人におすすめです。

jQueryを用いて、HTML,CSSで作られたWebサイトにアニメーションを実装したり、「APIを活用したサイト」「リアルタイムチャット」「オリジナルWebサービス」このような実際にWebサービスを作りながらJavaScriptを学べます。

また、JavaScriptのフレームワークで現場でもよく使われるVue.jsを学べるので、効率よくJavaScriptで機能を実装するスキルも身につきます。

教えてくれる講師は、現役エンジニアで週2回のメンタリングと毎日のチャットサポートがあるので、わからない事があれば、すぐに質問できる環境があるので、効率よく学習を進めれます。

TechAcademyの特徴をまとめると
  • 日本最大級のプログラミングスクールで安心
  • 現役エンジニアのマンツーマンサポート
  • いつでも質問できる環境
  • 実際にWebサービスやサイトを開発しながらJavaScriptを学べる
  • JavaScriptのフレームワークのVue.jsも学べる

Winスクール

Winスクールは北海道から鹿児島まで、全国各地で展開するプログラミングスクールで、年間1,484社の企業受講実績があり企業の要望を取り入れた実践講座なので、フロントエンドエンジニアとして転職や就職を目指す人におすすめです。

Winスクールの基本情報

料金 76,000円〜
対応言語 HTML5/CSS3/JavaScript/jQuery
受講形式 少人数制の講義形式
受講期間 2ヶ月〜
マンツーマン指導 HP上では特に記載なし
転職・就職支援 あり

Winスクールのおすすめポイント!

Winスクールでは、全国に教室があるので実際にオフラインで教えてもらうことができて、オンラインよりも効率よく学習することができます。

Winスクールは曜日固定や自由予約、事前予約をすることで講義を受講することができるので、自分の予定に合わせて自由に講義を受けれます。

講義では、JavaScriptの人気のライブラリの一つであるjQueryを重点的に学習する内容となっており、Webサービスの開発ではなく、Webサイトにアニメーションをつけたり、レスポンシブ対応サイトの作成したりする内容となっています。

また、フロントエンドエンジニアはよくAdobeの製品を利用することが多く、Winスクールに入ると「Adobe Creative Cloud」を特別価格で購入できて、3年間プランでアドビストア通常価格より最大91,480円もお得にソフトを購入できます。

Winスクールの特徴をまとめると
  • 全国各地に教室がある
  • 年間1,484社の企業受講実績があり企業に求められるスキルを学べる
  • JavaScriptの人気ライブラリのjQueryを学べる
  • Adobe Creative Cloudが安く購入できる

Winスクールの詳細をみてみる

デジハリOnlline

デジハリOnllineは「いつでも」「どこでも」学習できるオンライン型のプログラミングスクールで、自分のライフスタイルに合わせてJavaScriptを学習することができます。

デジハリOnllineの基本情報

料金 68,200円〜
対応言語 JavaScript
受講形式 オンライン形式
受講期間 3ヶ月〜
マンツーマン指導 質問時にマンツーマンで対応
転職・就職支援 他コースにあり

デジハリOnlineのおすすめポイント!

デジハリOnllineは、何度でも反復できる動画授業をみて自習をしたり、講師のライブ授業中にオンライン上で質疑応答をしながら学習を進めることができます。

デジハリOnlineはオンライン完結型のプログラミングスクールですが「受講生同士のSNSサービス」など仲間との繋がりを作ることができます。

JavaScriptコースでは基本的な記述方法や構文、グラフィックスやマルチメディアの使い方、ストレージや通信など、実際の業務で必要となる応用スキルを学びます。

教えてくれる講師は、「マイクロソフトMVP」を2013年から5年連続受賞した実績をもつ講師です。

デジハリOnlineの特徴をまとめると
  • 自分のライフスタイルに合わせて学習ができる
  • 講師のライブ授業中にオンライン上で質疑応答
  • オンラインだが生徒同士の交流がある
  • 講師は「マイクロソフトMVP」5年連続受賞のベテラン講師

デジハリOnlineの詳細をみてみる

JavaScriptをプログラミングスクールで学ぶ上で知っておきたい事

javaScript

JavaScriptが学べるプログラミングスクールを3つご紹介しましたが、どのような基準でこれらのスクールをおすすめできるかと言うと以下の3つのポイントがあります。

  1. JavaScriptを動作させるためのHTML,CSSの勉強ができるか
  2. フレームワークやライブラリの学習ができるか
  3. 卒業後のサポートはどうか

1.JavaScriptを動作させるためのHTML,CSSの勉強ができるか

まず、JavaScriptを勉強してフロントエンドエンジニアをめざすには、JavaScriptのスキルだけでなく、マークアップ言語のHTML,CSSのスキルが必要になってきます。

このマークアップ言語はWebサイトの見た目を作るもので、これがないとJavaScriptが動作する環境を作ることができません。

Webサイトを作る流れして、

  1. HTML,CSSでWebサイトの見た目を作る
  2. JavaScriptを用いて動きのあるサイトにする

このような流れで開発を進めるので、マークアップ言語の習得は必須です。

2.フレームワークやライブラリの学習ができるか

JavaScriptは非常に複雑なプログラミング言語で、JavaScriptだけで開発することもできますが、一般的はフレームワークやライブラリを用いて、効率よく開発することが多いです。

代表的なJavaScriptのライブラリやフレームワークは以下のようなものがあります。

  • jQuery:Webサイトに動きをつけるためのライブラリ
  • Vue.js:WebページのUI作成にフォーカスしたフレームワーク
  • React:Facebookによって開発されたユーザインタフェース構築のためのライブラリ

実際の実務でも、このようなライブラリ、フレームワークを使うことが一般的なので学んでおく必要があります。

3.卒業後のサポートはどうか

「プログラミングスクールに通ったけど、結局フロントエンドエンジニアになれなかった。」

スクール卒業後にこのようなことは非常によく起こりがちで、最も大きな理由として、卒業後のサポートがないプログラミングスクールを選んだからです。

スクールを卒業したら、そのまますぐに転職活動を始めるか、何かしらのアクションを起こさないと、プログラミングを続けるのは難しいです。

プログラミングスクールを選ぶ際には、卒業後のサポートがあるスクールを選ぶようにしましょう!

JavaScriptを本格的に学ぶ前に知っておきたい将来性や仕事内容

これから本格的にJavaScriptを学習する人は、事前にJavaScriptの将来性や仕事内容などを知っておくことで、勉強に対するモチベーションやイメージができると思います。

  • JavaScript(フロントエンド)の求人数
  • JavaScriptを使った主な仕事内容
  • フロントエンドエンジニアの平均年収

これらのポイントについて解説するので、自分がこれからJavaScriptを学ぶとどんな仕事や年収が得れるのか事前に把握しておきましょう!

JavaScript(フロントエンド)の求人数

まずJavaScriptの求人数に関してですが、日本最大の求人サイトのIndeedを見てみると、このようになっています。

出典:Indeed

2019年12月現在で、求人数は約20,000件となっており、比較的多い求人数となっており需要が高いです。

JavaScriptはほとんどのWebサービスやサイトで用いられる技術なので、このような結果となっています。

JavaScriptを使った主な仕事内容

JavaScriptは非常に汎用性の高いプログラミングで、様々なプロダクトを開発することができます。

  • Webサイト(動きのある)
  • チャットアプリ
  • 電卓アプリ
  • Webアプリケーション
  • アニメーション
  • ゲーム

このようにJavaScriptを習得すれば非常に広い領域で活躍できるフロントエンドエンジニアになる事ができますが、最も多い仕事としては、やはりWebサイトのフロント部分を構築する仕事です。

JavaScript(フロントエンド)エンジニアの年収について

最後に、気になるJavaScriptエンジニアの年収に関してですが、日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」の「プログラミング言語別 平均年収ランキング」によると以下のような結果となっています。

出典:プログラミング言語別 平均年収ランキング 

JavaScriptは5位にランクインしており、JavaScriptエンジニアの平均年収は555万円となっています。

JavaScriptはフロントエンド言語として一強の人気をもつ言語で、競争するプログラミング言語がないので、このように上位にランクインしています。

まとめ:JavaScriptを勉強してフロントエンドエンジニアになろう!

いかがでしたでしょうか!

本記事でご紹介したJavaScriptが学べるプログラミングスクールは以下の3つです。

  • TechAcademy:日本最大級のオンライン完結型のプログラミングスクール
  • Winスクール:全国各地に教室があるオフラインのスクール
  • デジハリOnlline:オンラインスクールだが、生徒同士の繋がりがある

JavaScriptを習得してフロントエンドエンジニアになれば、どの開発現場にも必要な人材になれるので、非常におすすめです!

ぜひこの機会に、プログラミングスクールでJavaScriptを本格的に学習してみてはいかがでしょうか!