プログラミングスクール(教室)を探すプログラミングスクール(教室)を探す
プログラミングスクール|目的別一覧 プログラミングスクール|条件・世代別一覧 プログラミングスクール|プログラミング言語別一覧 プログラミングスクール|全国地域別一覧
コンピューターに関わるお仕事一覧【16種類】

C++を本格的に学べるプログラミングスクール5選!【現役エンジニアおすすめ!】

プログラミング言語のC言語をご存知の人は多いと思いますが、そのC言語の拡張言語としてC++(シープラスプラス)と呼ばれるプログラミング言語があります。

C++はオブジェクト指向型のプログラミング言語で、比較的大きな規模の開発や、複雑なプログラミングに適しています。

C++を本格的に学習できて、C++でシステム開発ができるプログラミングスクールはどこがおすすめ?

これからC++を本格的に学習しようと考えている人は、このようにどこのプログラミングスクールが良いのか悩まれる人も多いと思います。

結論から言うと、C++を学べるプログラミングスクールは比較的に少ないです。

そこで本記事ではC++が学べるプログラミングスクールをご紹介します!

本記事の内容
  • C++が本格的に学べるおすすめのプログラミングスクール5つ
  • C++をプログラミングスクールで学ぶ上で知っておきたい事
  • C++を本格的に学ぶ前に知っておきたい将来性や仕事内容

C++が学べるおすすめのプログラミングスクール5つ

C++を学べるプログラミングスクールは比較的に数が少ないですが、どんなスクールがあるのでしょうか?

そもそもC++とは?

C++は1972年に開発されたコンパイル型の汎用プログラミング言語で、昔から人気の高いC言語を拡張したオブジェクト指向のプログラミング言語です。

C言語との互換性を保っており、C言語→C++に移行するときでも問題なくできます。

C++は組込み系システムの開発や、業務系システム、ゲームソフトの開発などでよく使われています。

筆者(HikoPro)

世界でもトップシェアのブラウザの「Chrome」もC++で開発されているそうです!

そんなC++に特化した、現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクールを5つ厳選してご紹介します!

C++が学べるおすすめのプログラミングスクールは以下の5つです。

KENスクール

KENスクールは開校から30年の実績をもつプログラミングスクールで、個別指導だけでなく企業研修にも利用されているスクールです!

KENスクールの基本情報

料金 223,000円
対応言語 C++
受講形式 通学
受講期間 3ヶ月
マンツーマン指導 個別指導あり
転職・就職支援 あり

KENスクールのおすすめポイント!

KENスクールは通学型のプログラミングスクールで、未経験からプロのエンジニアに育てくれます。

学習開始前に、個別カウンセリングを行い「目的・スキル・通学ペースなど」を参考に、自分に合ったカリキュラムを組んでくれるので、無駄のない学習ができます。

KENスクールのC++講座では、Windows上で動作するGUIのウィンドウアプリケーションの開発に必要な、描画更新やイベントなどの仕組み、継承等オブジェクト指向コンセプトに基づいた処理の書き方などを学習できます。

筆者(HikoPro)

Windwosアプリケーションの開発方法を学びたい方におすすめの講座です!

KENスクールの特徴をまとめると
  • 開校から30年の実績がある
  • 通学型で手厚い個別指導が受けれる
  • Windwosアプリケーションの開発をなど学べる

日本プログラミングスクール

日本プログラミングスクールは西船橋校(千葉県)と名古屋校(愛知県)にある、個人向け・法人向けのプログラミングスクールです。

日本プログラミングスクールの基本情報

料金 65,000円〜
対応言語 C++
受講形式 通学
受講期間 最大208時間
マンツーマン指導 あり
転職・就職支援 あり

日本プログラミングスクールのおすすめポイント!

日本プログラミングスクールの母体は、ソフトウェア会社なので、企業内で未経験者が実務で通用するスキルを身につけれたオリジナルのカリキュラムで指導してくれるので、実践的なスキルが身につきます!

通学・通信学習・宿泊の3つのコースから選択できるので、短期集中したい人や、じっくり時間をかけたい人など、さまざまなニーズに対応できます。

C++コースでは、C++の基礎的な文法から、応用編まで段階的に学習することができます。

筆者(HikoPro)

母体がソフトウェア会社なので、ソフトウェア会社に転職・就職を目指す人におすすめです!

日本プログラミングスクールの特徴をまとめると
  • ソフトウェア会社が運営するスクール
  • 西船橋校(千葉県)と名古屋校(愛知県)がある
  • 通学・通信学習・宿泊の3つのコースから選択できる
  • ソフトウェア会社に転職・就職を目指す人におすすめ

 

Udemy

ユーデミー(Udemy)は世界最大級の動画学習プラットフォームで、長時間の動画コンテンツを見ながら学習ができます!

Udemyの基本情報

料金 1,200円〜
対応言語 C++
受講形式 動画コンテンツ
受講期間 ーーー
マンツーマン指導 チャットで質問できる
転職・就職支援 ーーー

Udemyのおすすめポイント!

Udemyでは、C++での開発経験のある講師が作成した、オリジナルの動画カリキュラムを見ながら学習できます。

過去の受講生のレビューや評価、お試しで視聴できるので、教材の購入に失敗することがあまりありません。

動画を視聴していき、分からないことや疑問点があれば、直接講師にQ&Aとして質問できるので、オンラインのプログラミングスクールに近い形で学習できます。

C++で検索すると、このような教材があり、基礎から応用まで、幅広い動画教材があります!

筆者(HikoPro)

Udemyは定期的にセールを開催するので、その時に購入するのがおすすめです!

Udemyの特徴をまとめると
  • 動画を見ながら学習できる
  • 講師に質問できる
  • 購入を失敗するリスクが少ない

 

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はマンツーマン専門のプログラミングスクールです。C++をはじめ数多くのプログラミング言語を学ぶことができます。

侍エンジニア塾の基本情報

料金 29,800円(入学金)+7,000円(毎月)
対応言語 C++
受講形式 通学orオンライン
受講期間 1ヶ月
マンツーマン指導 マンツーマン専門
転職・就職支援 あり

侍エンジニア塾のおすすめポイント!

侍エンジニア塾は通学型かオンラインかを選択できるプログラミングスクールです。

マンツーマン専門であることも特徴。現役エンジニアである講師にわからないところを即聞くことが可能です。C++はプログラミング言語の中でも難しい分類ですが、困難なく学習していくことができます。

一人一人にあった学習プランを講師が立ててくれるので、効率的な学習が可能となります。

転職支援はもちろん、フリーランスを目指す方への支援も行っています。案件獲得方法やポートフォリオとなる作品作成方法なども教えてくれます。

筆者(HikoPro)

最短1ヶ月のコースもあるので、現場で通用するプログラミングスキルをすぐに身につけたい人にもおすすめ!

侍エンジニア塾の特徴をまとめると
  • マンツーマン専門でわからないところをすぐ質問可能
  • フリーランスを目指す人向けのサポートもあり!
  • 最短1ヶ月でC++を習得できる!

TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミーはオンラインで学習できる自学自習スタイルのプログラミングスクールです。教材のわかりやすさ・講師陣の質の高さに定評があります。

TechAcademy(テックアカデミー)の基本情報

料金 109,000円~
対応言語 C++
受講形式 オンライン
受講期間 4週間~
マンツーマン指導 個別指導あり
転職・就職支援 あり

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめポイント!

テックアカデミーはオンラインで学習できる自学自習スタイルのプログラミングスクールです。

web教材の質が高く、イラストや図によってC++のややこしい文法も視覚的に理解することができます。自学自習だと途中で挫折しないか不安な人も多いと思いますが、そのような心配は少ないと言えますね。

ビデオチャットを使って講師と面談をする機会もあります。C++の勉強でつまずいているところや不安な箇所があれば気兼ねなく質問することが可能です。

転職保証コースも存在し、12週間で未経験からIT企業への就職を目指せます。受講終了後に転職が決まらなかった場合、受講料を全額返金してくれます。

TechAcademy(テックアカデミー)の特徴をまとめると
  • オンラインで学習することができる
  • ビデオチャットを使って講師と面談ができる!
  • 転職保証コースでは、転職できなかったら受講料全額返金!

C++をプログラミングスクールで学ぶ上で知っておきたい事

C++

C++が学べるプログラミングスクールを5つご紹介しましたが、どのような基準でこれらのスクールをおすすめできるかと言うと以下の3つのポイントがあります。

  1. C++で実際にアプリやシステム開発ができるか
  2. 転職・就職サポートがあるか
  3. 現役エンジニアの手厚いサポートが受けれるか

1.C++で実際にアプリやシステム開発ができるか

まず始めに、C++を使って実際にアプリやシステム開発ができるかが大きなポイントです。

プログラミング学習において、インプットよりもアウトプットの方が大事で、実際に手を動かして、プロダクトを開発することで、実務で通用するスキルが身につきます!

また、エンジニア転職、フリーランスとして活動する際にも、今までにどんなプロダクトを作ってきたか実績が必要になるので、何かオリジナルのアプリやシステムを開発をする必要があります。

筆者(HikoPro)

C++を使って、オリジナルのWindwosアプリケーションの開発をしてみましょう!

2.転職・就職サポートがあるか

プログラミングスクールのもったいない利用方法として、プログラミングスクールでスキルを習得することができたが、卒業後何をすれば良いか分からず、結局何もしなくなったと言う状況です。

筆者(HikoPro)

卒業後のサポートがないスクールだと、5割くらいの人が、そのままプログラミングをしなくなります!

せっかくC++のスキルを身につけたのなら、エンジニア転職できた方がいいので、卒業後のサポートが充実でしているスクールを選ぶようにしましょう!

3.現役エンジニアの手厚いサポートが受けれるか

最後に、プログラミングスクールを選ぶ上で、現役エンジニアもしくは、実務経験のある講師から教えてもらえるかが重要です。

実際に、開発経験のある講師と、ない講師とでは、スキルレベルに大きな差がありますし、実務で通用するスキルを学ぶことができません。

実務経験がある講師だと、C++の技術面だけでなく、仕事術や、実務でよく使うプログラムも学べます!

C++を本格的に学ぶ前に知っておきたい将来性や仕事内容

これから本格的にC++を学習する人は、事前にC++の将来性や仕事内容などを知っておくことで、勉強に対するモチベーションやイメージができると思います。

  • C++の求人数
  • C++を使った主な仕事内容
  • C++エンジニアの平均年収

これらのポイントについて解説するので、自分がこれからC++を学ぶとどんな仕事や年収が得れるのか事前に把握しておきましょう!

C++の求人数

まずC++の求人数に関してですが、日本最大の求人サイトのIndeedを見てみると、このようになっています。

出典:Indeed

2020年1月現在で、求人数は19,209件となっており、C言語の求人数の27,846 件よりも少なくなっています。

C++を使った主な仕事内容

C++は汎用性の高いオブジェクト指向のプログラミング言語で、大規模な開発から小さな開発まで幅広く用いられています。

  • Windowsのデスクトップアプリ
  • Webアプリケーション
  • スマホアプリ
  • ゲーム
  • 業務システム
  • IoT

C++はC言語の柔軟性を兼ね備えているので、さまざまな仕事があります。

C++は一般的なプログラミング言語と比べても動作が早く、複雑なアプリケーションや規模の大きい業務用のソフトを開発するのに向いています。

C++エンジニアの年収について

最後に、C++エンジニアの年収に関してですが、IT系の求人サイトの「FindJob」の調査によるとこのようになっています。

出典:FindJob

C++エンジニアの平均年収は456万円となっています。

C言語を扱うエンジニアの平均年収は538万円となっており、C++エンジニアの方が低い水準です。

C++はあくまでもC言語の拡張言語なので、C言語と比較してもそこまで需要は高くないです。

まとめ:C++をプログラミングスクールで学ぼう!

いかがでしたでしょうか!

本記事でご紹介したC++が学べるプログラミングスクールは以下の5つです。

C++を取得すると、Windwosアプリケーションを始め、さまざななプロダクトを開発できるようになります!

ぜひこの機会に、プログラミングスクールでC++を本格的に学習してみてはいかがでしょうか!