【webエンジニアになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「webエンジニアになりたいけどどんな技術が必要なの?誰か教えて欲しい」

本記事ではこういった悩みに応えます。

webエンジニアという仕事は、IT業界に勤めている人以外からすると「何をやっているんだろう?」と思われがちな仕事の1つです。

また、webエンジニアを目指そうと思っている方も、まず何をすべきなのかわからず悩んでる方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事ではwebエンジニアの仕事内容や年収、求められるスキルについて詳しく解説します。

谷津

本記事を読むことでwebエンジニアのことがわかるようになりますので、ぜひ最後までごらんください。

webエンジニアの仕事内容

webエンジニアとは、webサイトやwebアプリの開発に携わるエンジニアのことを言います。

webエンジニアにはいくつか種類があります。

谷津

こういったweb開発に関わる全ての人達をwebエンジニアと呼んでいます。基本的に、企業に勤めたらまずwebプログラマーになり、その後システムエンジニア、webディレクターとキャリアアップする人が多いです。

よくwebプログラマーとの違いがわからないという人がいますが、webプログラマーはプログラミング作業をする人のみを指します。

web開発はプログラミング作業以外にもやることが色々あります。
具体的には次のような工程を踏む必要があります。

  • 企画
  • 要件定義
  • 仕様書作成
  • プログラミング
  • テスト
  • リリース

これらの工程を複数のwebエンジニアが協力して行っているのです。

このように、web系の開発に携わる人の総称をwebエンジニアと呼んでいます。

webエンジニアの年収、給料、給与

webエンジニアの平均年収は賃金構造基本統計調査によると次のようになっています。

  • システムエンジニア:568万円
  • webプログラマー:425万円

参考:賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

webプログラマーよりもシステムエンジニアの方が平均年収が高めです。

システムエンジニアは経験を積んだwebプログラマーがなるケースが多く、必要なスキル量も多いので年収が高くなっています。

webエンジニアのスキルの磨き方と難易度

webエンジニアにはまずプログラミングの知識が求められます。

PHPJAVApythonといったweb系の言語を使いこなし、webアプリを作成できるようになる必要があります。

また、システムエンジニアの場合は仕様書を作成するための文章力、仕様をクライアントと話合うためのコミュニケーション能力も必要となるでしょう。

そしてwebディレクターの場合は、チームを取りまとめるためのリーダシップやスケジュール管理能力も必要です。

このようにwebエンジニアはキャリアアップしていくにつれて必要なスキルが増えていきます。

webエンジニアを目指すならまずは、プログラミング言語を扱えるようにしましょう。

phppythonといったスクリプト言語ならそこまで習得は難しくありません

プログラミングは独学でも習得可能ですし、プログラミングスクールにいって習得することもできます。

おすすめプログラミングスクール
未経験向けスクール
社会人向けスクール
大学生向けスクール
小学生向けスクール(教室)

プログラミングスクールまとめ
目的(目指したい)で見てみる
条件別で見てみる
年代・世代別で見てみる
プログラミング言語で見てみる

谷津

勉強方法は人それぞれですので、自分に合った方法を見つけることが肝心です。

webエンジニアの社会的なニーズと将来性

webエンジニアの将来性は高いと言えます。

なぜなら、「自社サイトを作りたい」などのweb開発の需要は増してきており、求人数も昔からずっと多いからです。

むしろwebエンジニアは人手が足りていないケースも多く、どこの会社もwebエンジニアを欲しています。

ただしweb系の技術は流行り廃りも激しく、現場で使われている技術も新しいものにどんどん変わっていきます

たとえば、今主流であるpythonやphpといったプログラミング言語も10年後に使われているかどうかはわかりません。

そのため、勉強しないでいると技術の波に乗り遅れてしまい、将来できる仕事がなくなってしまう恐れがあります。

webエンジニアは確かに将来性ある仕事ですが、油断は禁物と言えます。最近技術についていけるよう、日々勉強していく必要があります。

まとめ

  • webプログラマー、システムエンジニア……キャリアアップしていける仕事
  • web開発の需要は高く、将来性がある仕事
  • PHPやJAVAなどのweb系プログラミング言語の知識が必要

本記事ではwebエンジニアについて解説しました。

webエンジニアの仕事内容や求められるスキルがおわかりいただけたでしょうか?

webエンジニアになる場合はまずwebプログラマーとして働くことを目指すのが一般的です。

プログラマーになるためにはプログラミング言語を習得する必要がありますので、興味がある方は一度勉強してみることをおすすめします。

本記事がwebエンジニアを目指す方にとって有意義なものとなれれば幸いです。