【webプログラマーになるには】仕事内容・年収・スキル・将来性を解説!

コンピュータ(パソコン)に関わる仕事

「webプログラマーを目指しているけど、具体的な仕事内容や求められるスキルがわからない。詳しく教えて欲しい」

本記事ではこのような悩みを解決します。

webプログラマー現在需要が増加している仕事の1つであり、目指している人も多いのではないかと思います。

そこで本記事ではwebプログラマーの仕事内容や必要となるスキルについて、詳しく解説していきます。

谷津

プログラマーを目指す方やIT企業に興味のある方はぜひ最後までごらんください。

webプログラマーの仕事内容

プログラマーの中でも「webプログラマー」と呼ばれる人は、webアプリケーションやwebサイト開発を行います

たとえばAmazonや楽天のようなECサイトも開発したり、ブラウザで遊べるゲームを作成したりします。

  1. クライアントに「これを作って欲しい」と言われて作るプログラマーと、
  2. 自社で運営するアプリを作るプログラマーと、

2種類がいます。

プログラマーは、PHPJAVAといったプログラミング言語を学習し、アプリを動かすためのソースコードを記述する必要があります。

また、プログラミングを行うだけでなく、アプリの設計や企画に携わることもあります。

さらに、アプリを作った後のテスト作業も行うことが多いです。

谷津

このように、webアプリケーションやwebサイトを開発する人のことをwebプログラマーと呼んでいます。

webプログラマーの年収、給料、給与

賃金構造基本統計調査によるとプログラマーの平均年収は、425万円となっています。

参考:賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

ただし、これはあくまで平均年収です。

勤めている企業や本人のスキルによって年収は大きく変わっていきます。

大手や有名ベンチャーに配属するプログラマーなら、それなりに高給を得ることができます。

また、プログラミングだけでなく、アプリの仕様を意見を言えるようになるなど主体的に動けるようになると、年収が上がっていきますね。

谷津

いずれにせよwebプログラマーのままでは年収が上がりにくい傾向はあります。ですが、システムエンジニア、プロジェクトリーダー……とキャリアアップすれば、その後の年収アップは可能です。

webプログラマーの年収はこのようになっています。

webプログラマーのスキルの磨き方と難易度

web系のプログラミング言語をまずは習得する必要があります。具体的にはPHPJAVAjavascriptなどです。

また、データベース管理も行う必要があるので、SQLも習得しておいた方が良いでしょう。

プログラミングは独学でも習得は可能ですが、「難しいな……」と感じる方も多いかもしれません。

現実(リアル)
独学のみで就職が厳しい壁とは
プログラミングは挫折する人が多い
大学生は独学では厳しい!

そんな方はプログラミングスクールに通って勉強することをおすすめします。

プログラミングスクールなら、講師に1から教えてもらえますし、周りに一緒に勉強する仲間がいますので、挫折することが少ないです。

ただ、プログラミングスクールは料金が高く、月10万円以上かかることがほとんどです。

なので、まず独学で勉強し、もっと勉強したいと思ったらスクールに通うのが良いでしょう。

また、チームで開発することがほとんどですので、webプログラマーはコミュニケーション能力も高く求められます。

谷津

このようにwebプログラマーは様々なスキルが必要です。実務を経験しながら培っていかないといけないスキルも多いです。

webプログラマーの社会的なニーズと将来性

アプリを開発したいと思う企業は増加していますので、プログラマーの仕事自体は今後もなくなりません。

特にweb系は今後も安定して需要が続くと思われます。

ただ、IT分野というのは技術の流行り廃りが激しく、現場で使われる技術も変わっていきます。

そのため、勉強しないプログラマーは、将来的に仕事を失う可能性もあります。

プログラマーとして長く生き残っていくのは、最新技術を日々勉強していくことが必要です。

谷津

ただし、30代、40代になると、新しいことを勉強しようとしても、時間がかかることもあります。そのため、ある程度歳を重ねたら、システムエンジニアやプロジェクトリーダーにキャリアアップするのを視野に入れる人が多いです。

まとめ

  • PHPやJAVAなどのweb系のプログラミング言語の知識が必要
  • 今後も需要が安定して続く仕事
  • システムエンジニアやプロジェクトリーダーにキャリアアップできる

本記事ではwebプログラマーについて解説しました。

webプログラマーの仕事内容や求められるスキルがどんなものかおわかり頂けたでしょうか?

プログラマーを目指すならまずはプログラミング言語の書籍を購入し勉強してみるのがおすすめです。

その上でもっと学びたいとも思ったら、プログラミングスクールに通うなどし、本格的にプログラマーを目指していきましょう。