プログラミングスクールを受けた後、どんな職種・職業につけるの?

プログラミングスクールを受けた後どんな職種・職業につけるの?受ければ絶対につけるの?

  • プログラミングスクールを卒業したらどんな仕事ができるのか
  • プログラミングスクールを受ければ必ず就職や転職ができるのか

今回の記事では、その部分について現役のプログラミング講師が本音で解説していきたいと思います。
これからプログラミングスクールの受講を検討されている方に、少しでも参考にしていただければと思います。

プログラミングスクールに行けば必ず就職・転職できるわけではない

まずこの記事を見ている方に伝えておきたいのが、プログラミングスクールに行けば誰でも就職・転職できるわけではないことです。

プログラミングスクール側は受講生一人一人に対して、誠実に熱心に対応しています。ですが、受講生自身にやる気がない、授業を受けない場合は別です。「やる気のない人をやる気にさせる」のも講師の腕の見せ所かもしれません。しかし、自身がしなければいけないことを講師に甘えている時点で論外です。

少しキツイことを言うかもしれませんが、○○に行けば必ず就職・転職できると思っている場合はプログラミングスクールに行かない方が時間とお金を無駄にしません。

プログラミングスクールに行く前に目的をできるだけ明確にすることをおすすめします。

なぜプログラミングを学ぶのか?はもっとも重要な部分です。

この目的は何でも構いません。

  • 手に職を付けて安定した給料を得たい
  • 子供の頃からの憧れだった
  • スーパープログラマーになってお金持ちになりたい

などなど。

目的を定めて、自身に合うキャリアを形成できるプログラミングスクールに行き、一生懸命勉強することで道は開けてきます。

就職や転職を保証するプログラミングスクールもありますが、だからと言って受講生自身が体たらくでいい理由にはまったくなりません。

どんな職種・職業になれるかは『学ぶ言語次第

Person Holding Gray Pen Sitting Near Laptop

プログラミングスクールに行くことで○○の職種になれるという決まりごとはありません。

広い定義で言えば、プログラマーもしくはエンジニアになることはできるでしょう。他にもWebクリエイターやゲームクリエイターになれる可能性もありますが、これは行くプログラミングスクールによるとしか言えません。

先ほどの項目でも目的を持つことについて書きましたが、目的を達成できるキャリアを選ぶようにしましょう。

メイン言語別のなれる職種・職業

Person Holding Black Click Pen

どんな職種・職業になれるのか知りたいのにプログラミングスクールによって違うだけでは「ふざけるな!」と言われても仕方ありません。

実際にプログラミングスクールで学ぶ内容によるのですが、わかりやすくメインで教わる言語から「なれる職種・職業」を解説していきます。

Ruby(Ruby on Rails)

恐らくプログラミングスクールの中でも多くがメインで教えている言語です。

特にRubyとRuby on Railsの組み合わせはRubyを教えているプログラミングスクールであれば、ほぼ100%教えます。Rubyがプログラミング言語であり、Ruby on Railsはフレームワークです。ここでは難しい話は割愛しますが、簡単に言うと指定の枠組み(Ruby on Rails)を使ってRubyで拡張して開発することを学べます。

RubyとRuby on Railsを学ぶことでなれる職種・職業は幅が広いです。ざっと上げるだけでも

  • Webサイト(アプリケーション)制作者
  • Webエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • ゲーム開発者

などがあり、特にWebに関する開発で力を発揮します。ショッピングサイトやSNS、ブログサイトの開発もできますし、スマホアプリの開発も手掛けることができます。

Webに関する開発は種類が多く、幅広い業界から仕事の案件が来るので、安定して仕事を得たい場合や正社員として雇われるのを狙っている場合に学ぶといいでしょう

Java

Javaもまたプログラミング言語の中で人気のある言語の一つです。特にシステム開発に使われることが多く、OSに囚われない開発が可能であることが魅力です。

Javaを教える際にはデータベースやネットワーク、HTML、クラス設計、フレームワークなどを習うことになります。これらの知識を勉強することでシステム開発に携わることが可能となります。

具体的な職種・職業は下記です。

  • 業務系システム制作者
  • Webサービス開発者
  • デスクトップアプリ制作者
  • Androidアプリ開発者

などが挙げられます。

Ruby同様に幅広い業種・業界からの仕事が多く、長年にわたって多くの開発会社が採用している言語でもあります

MEMO
個人的なイメージですが、Ruby開発者はどちらかというと勢いのあるベンチャー企業風、Javaは几帳面でシステマチックな企業風という印象を持ちます。

HTML&CSS

HTMLとCSSはWebサイトを制作するうえで必須となる言語です。JavaやRubyを習っている人でもHTMLの基礎的な内容を把握していることが多く、幅広い開発者が習得していることでも知られています。ここではHTMLとCSSを中心に教えた場合とさせていただきます。

これらの言語のほかにもJavaScriptもしくはjQueryなどサイト上で動きやデザイン性を高めるための言語も学ぶことになるでしょう。

HTMLとCSSを中心に学ぶことでなれる職種・職業はウェブサイト制作者もしくはウェブデザイナーです。

クラウドソーシング

会社員として働いている人もいますが、フリーランスとして自宅で仕事をしている人もいることにも注目です

近年ではインターネット上での仕事の取引であるクラウドソーシングが出てきており、ウェブサイト制作を発注する企業が多く存在します。すき間時間で働きたい主婦の方を中心に人気があります。

Python

Pythonは今後のプログラミング言語において、注目すべき言語である可能性が高いです。

比較的簡単にプログラム制作ができ、ライブラリ(便利ツールみたいなもの)が豊富で、需要が高まってきていることが理由です。

Pythonを学べるプログラミングスクールも増えてきており、下記のような職種・職業になれます。

  • Webサービス制作
  • Webアプリケーション制作
  • AI開発者(機械学習)
  • データ分析
  • ブロックチェーン技術者

などがあります。

特に注目すべきはAI、データ分析、ブロックチェーンでしょう。これらは多くの業界が注目しており、今後のサービスの根幹となる可能性を秘めています。明るい未来が必ず得られるわけではありませんが、最新の技術に触れて新しいサービスを提供したいと考えているのであればPythonを習うといいでしょう

Unity

Unityとは簡単に言うとゲームエンジンのことを指しており、あらゆるプラットフォーム(iOS、Android、PC、タブレット)でのゲーム制作を可能とします。

従来のゲーム開発はゲームエンジンを開発者自身が開発するところから始めていました。しかし、昨今のゲームはボリュームが多く、開発者の負担増と大幅なコストアップが原因で簡単にゲーム制作をすることができなくなりました。

そこで注目されたのがどんなゲームでも作れるゲームエンジンの存在です。Unityは現在あるゲームエンジンの代表格であり、多くの企業がゲーム開発の際に採用しています

Unity=ゲーム開発と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。ゲーム開発以外にもゲーム以外のアプリ制作VRにも役に立ちます。今後も幅広い拡張をしていくことが予定されているUnityですから、我々が想像もしないような幅広い職種・職業につけるかもしれません。

自分がどんな仕事をしたいのか?何を得たいのか?でやることは決まる!

123 Let's Go Imaginary Text

今回はメインで教える言語別でどんな職種・職業になれるのかを解説しました。

プログラミングスクールは多く存在し、それぞれに特徴があります。教える言語やなれる職種・職業も違います。

これからプログラミングスクールに通おうか検討している場合は自身がどんな仕事をしたいか?何を得たいのか?を決めるところからスタートしてください。正直、ここの部分が固まっていれば自然と行くプログラミングスクールは決まります。

あとは自分で調べて、実際にどんな雰囲気か確かめるだけです。意識してほしいのは冒頭でも言いましたが、プログラミングスクールに行けば必ず上手くいくわけではありません

自身がモチベーション高く、健全な努力をし続けないとプログラミングは習得できません。しっかりとした意識をもって行動してみてください。

関連する情報もぜひご参考ください。
プログラミングスクールによって教える内容や質って同じなの?