お薦め!プログラミングスクール(教室) 10社

【未経験OK】大学生がプログラミングで稼ぐには?現役エンジニアが解説

「大学生でもプログラミングを習得すれば稼ぐことができるの?」

大学生1

「バイト以上にお金を稼ぎたいけど、プログラミングってどうなの?」

大学生2

「大学生がプログラミングで稼ぐ方法を教えて欲しい!」

大学生2

大学生の方であれば、プログラミングは何となく稼げるイメージを持っているかと思いますが、実際に大学生でも稼げるのか、大学生でも働く環境があるのか気になる方もいるかと思います。

結論から言うと、大学生でもプログラミングを習得すれば、現在のアルバイト以上、さらにはサラリーマンの平均月収以上のお金を稼ぐことが可能です!

プログラミングは学習対効果が非常に高いスキルであり、ある程度のスキルを身につければ働く環境は沢山あり、大学生でも働くことができます。

そこで本記事では、大学生がプログラミングで稼ぐことができる理由と、どんな環境で働くことができるのか、またその方法について現役大学生エンジニアの僕が徹底解説します!

筆者(HikoPro)

本記事を書いている僕は、現役の大学生エンジニアで、フリーランスとしてアルバイト以上のお金を稼ぎ生計を立てています!

本記事を読むと得れるメリット
  • 大学生がプログラミングで稼ぐ方法が分かる
  • どんな環境でプログラミングの仕事があるのか知れる
  • 大学生がプログラミングで稼ぐために必要なスキルが分かる

大学生がプログラミングで稼ぐことは可能?

プログラミングは得意なジャンルが違う。年収に惑わされてはダメ

まずそもそも「大学生がプログラミングで稼ぐことは可能なのか?」と言う問いに対して結論を言うと、稼ぐことは可能です!

事実、この記事を書いている大学生の僕でも稼ぐことができています。

また、今は大学を中退していますが、現役時代に月収100万円以上を稼いでフリーランスエンジニアとして活動していた「迫佑樹」と言う方もいます。

しかも、プログラミングで稼ぐとなると、一般的な飲食店や販売店のアルバイトよりも高い収入を得れることになり、海外旅行に沢山行けたり、好きな服を沢山買うことも可能です!

筆者(HikoPro)

大学生がプログラミングを習得すると、抱えているニーズや悩みを全て叶えてくれるといっても過言ではありません!

大学生がプログラミングを習得して得れるメリットについては下記の記事をご覧ください!

なぜこのように大学生でもプログラミングで沢山のお金を稼ぐことができるかと言うと、シンプルに需要に対し、供給が足りていない状況があるからです。

IT業界は現在売り手市場仕事の数(需要量)に対して、学生の数(供給量)が少ない。
なので、企業は高いお金を払ってでもプログラミングができる人材を確保したいので、そこに高額なお金が動くと言うことになります。

大学生では「お金を稼ぐ手段=アルバイト」と言う概念がありますが、プログラミングを習得すると、働く環境が沢山あります。

大学生がプログラミングで働くことができる環境は主に以下の3つです。

  1. アルバイト
  2. 有給インターン
  3. フリーランスとして自分で仕事を受注する

アルバイトで稼ぐ

まずプログラミングを習得して最も働きやすいのが、アルバイトをすることです。

最も求人数が多いアルバイトに関しては、プログラミングスクールの講師アルバイトが非常に多いです。

あとは、開発のサポートアルバイト、簡単なコーディングのバイトなどがあったりします。

マイナビバイトのプログラミングの求人を見てみると、このように開発の案件があります。

プログラミングのアルバイトの特徴としては、在宅で仕事ができるものがあるので、自分の好きな時間に働くことができます。

また、時給に関しても一般的な飲食店のアルバイトよりも高くなっており、平均して1,500円〜2,000円辺りが相場となっています。

スキルアップ+給料

あくまでもアルバイトなので、それほどハードルは高くなく、ある程度のプログラミングスキルがあれば、教えてもらいながら仕事をすることができるので、低い時給でもいいから確実に稼いで、スキルアップもしたい大学生には向いています。

また、プログラミング講師のアルバイトの場合、教える相手が小学生〜中学生のスクールであれば、簡単なプログラミング知識のみで十分なので、1~2ヶ月程度学習すれば、プログラミング講師のアルバイトにチャレンジできることもできます。

こんな大学生にオススメ
  • 今のアルバイトより1.5〜2倍の収入が欲しい方
  • 確実に毎月安定したお金を稼ぎたい方
  • 教えてもらいながらスキルアップをしたい方

有給インターンで稼ぐ

次に有給インターンシップに参加してお金を稼ぐと言う方法があります。

有給インターンシップとはどのような事をするかと言うと、

企業にエンジニアとして就労体験を行い、その成果に応じて給料が支払われるインターンシップです。

開発のアルバイトと少し似ていますが、有給インターンシップの特徴としては、実際に企業の一員となり、社員とあまり変わらない業務を行うことができるので、将来的にエンジニア就職を考えているような方であれば、将来につながる経験を積むことができます。

筆者(HikoPro)

僕自身もベトナムのIT企業の有給インターンシップをした経験がありますが、とても大きなプロジェクトを任せられたりと、社員同等の業務をこなしたので、お金も稼ぎつつ、スキルアップもできました!

ゼロワンインターンを見てみると、このような開発の業務を行うインターンシップがほとんどです!

給料は時給制となっており、多くの企業が能力やスキルによって決めている場合が多く、1,500円〜5,000円程度と非常に高い時給を得れることができます。

また、学習のための書籍購入費を負担してくれたり、業務や作業の為のカフェ代も負担してくれたりと、アルバイト以上に待遇がいいので、非常にオススメです!

このような有給インターンシップに参加するには面接があり、プログラミング言語を用いて何か実装経験がある方が採用されます。

もし未経験であっても、無料の研修(プログラミング学習を2ヶ月ほど)を提供している企業もあるので、すぐに働いて稼ぐことはできませんが、未経験でもチャレンジすることができます。

こんな大学生にオススメ
  • 月に10~20万程度稼ぎたい大学生
  • 将来はエンジニア就職を考えている方
  • 実際の開発現場で高度なスキルを身に付けたい方

フリーランスとして稼ぐ

最後にフリーランスとして自分で案件を受注して稼ぐ方法があります。

筆者(HikoPro)

僕はこのフリーランスとしてエンジニアの仕事をしており、難易度は非常に高いですが、この方法が最も稼げてオススメです!

フリーランス(企業に属さずに仕事を行う)は、仕事内容、時間、場所を全て自分で決めることができるので、収入を増やすも減らすも自分次第となっています。

フリーランスは時給制ではなく、1つの案件に対して単価が設けられており、納品をするとその単価が収入になる仕組みです。

例えば、10万円の案件を20時間で終わらせれば時給が5,000円になり、100時間かかれば時給1,000円になるので、スキルや効率の良さで時給が大きく変動します。

フリーランスとして仕事を受注する方法として、クラウドワークスランサーズなどが有名で、上記のようにサイト制作や開発の案件が募集されています。

気になる案件に応募して採用されると、納期までに完成させて納品するといった流れです。

基本的に1人で作業をすることになるので、できないことやトラブルがあっても誰も助けてくれないのがリスクだと言えます。

しかし、自分のスキルを見極めており、自己管理がしっかりしている方であれば、非常に高い収入を得れることが可能です。

こんな大学生にオススメ
  • 月に20~100万程度稼ぎたい大学生
  • 将来は独立したいと考えている方
  • 時間場所に捉われない、仕事をしたい方

大学生がプログラミングで稼ぐには?

プログラマーランキング

プログラミングで稼ぐことのできる環境は分かったけど、実際に何をすれば働けるようになるの??

大学生でもプログラミングで多くのお金を稼ぐことが分かったと思いますが、実際に何をすればこのような環境で働けるようになるのかをご説明します。

やる事はたったの3ステップです!

  1. 需要のあるプログラミング言語を取得する
  2. ポートフォリオを作る
  3. 自分にあった仕事に応募する

1.需要のあるプログラミング言語を取得する

まず第一に、プログラミングで稼ぐためにはプログラミング言語を習得しなければなりません。

プログラミング言語というのは現段階で200種類以上あると言われており、言語によって特徴が異なったり、iPhoneアプリが作れたり、人工知能が作れたりと様々です。

筆者(HikoPro)

このプログラミング言語の選択によって、プログラミング学習を続けれるかどうかが大きく変わってきます。

まず始めに考えるのは、お金に変わる需要の高いプログラミング言語を取得する事です!

200種類ものの言語がありますが、社会的に需要にない言語を習得してもお金を稼ぐ事はできません。

プログラミング言語というのは年毎に流行があって、その時代に最適なプログラミング言語は日々変わってきます。

2019〜2020年において、将来性の高いプログラミング言語はこちらの記事をご覧ください!

【プログラミング言語】最も人気(将来性)ある言語ランキング 2019-2020

なるほど〜!プログラミング言語によって、できる事も様々で年収も大きく変わってくるのか〜。

次に自分がプログラミングを使って何を目指すか、何を成し遂げたいかを考慮する必要があります。

プログラミングスキルはただのツールであって、それを使ってどんな価値を生み出すかが重要になってきます。

将来的に、プログラミングを使って何か成し遂げたいことを考えて、それを実現できるプログラミング言語を習得するようにしましょう!

例えば、人工知能の開発に携わりたいならPythonという言語で、画期的なWebサービスを開発し世の中を便利にしたいならRubyやJavaを習得するといいでしょう。

プログラミングの習得方法に関しては、「独学orスクールに通う」の2つの方法がありますが、独学はきちんと目標設定が出来ないとほぼ確実に挫折します。

【結論】大学生は独学でプログラミング習得は厳しい!5つの理由を現役エンジニアが解説!

2.ポートフォリオを作る

次に、プログラミング言語をある程度習得したら、ポートフォリオ(実績)を作る必要があります。

ポートフォリオがある事によって、この人はどの程度のスキルがあるかや、きちんと学習を継続できているかなどが明確に相手に伝わるので、先ほど紹介した「アルバイト・インターン・フリーランス」として採用してもらう確率が格段に上がります。

何か実績を作るには、簡単なWebアプリケーションを開発してみたり、クイズゲームを作ってみたりと、自分で1から企画して開発を進めなければならないので非常にハードルが高く、ここで挫折してしまう人が非常に多いです。

筆者(HikoPro)

ちなみに、僕のポートフォリオはこのような感じで、自分のスキルとこれまでに作ったサービスを載せています!

https://hikoproduction.com/

このようなポートフォリオが作れるようになるまでには、大体2~3ヶ月程度の学習期間が必要になってきます!

3.自分にあった仕事に応募する

ポートフォリオが完成したら、それを武器に自分のスキルやプログラミング言語に合った仕事に募集します。

ポートフォリオがあれば、アルバイトや有給インターンに関してはほぼ確実に採用してもらえると思います。

ただ、フリーランスに関しては、ポートフォリオを武器に営業をしないといけないので、プログラミングスキルだけでなく、営業スキルや提案力が必要になってくるので、非常にハードルが高いです。

それぞれ、下記のサイトで仕事を探すことができます。

このような環境で働くことができれば、現状の収入よりも多く稼ぐことができます。

プログラミングスキルは非常に価値の高いスキルで、お金を稼ぐためだけのツールとして使うのは非常にもったいないです。

なので、仕事の環境を選ぶ際にも、給料が高い仕事だけでなく、自分をさらに成長させてくれて、将来的にもっと活躍できるようなスキルを身につけれる環境を選ぶといいでしょう!

大学生が稼ぐためのプログラミングスクール

大学生でもプログラミングで稼げることがお分かりいただけたかと思います。

しかし、先ほどもお話ししたように、大学生がプログラミングを独学で習得することは非常にハードルが高くほとんどの方が挫折してしまいます!

筆者(HikoPro)

僕自身もそうでしたが、周りの人間で独学のみで稼げるようになるレベルまでいった人は1人もいませんでした。(もちろん、独学が悪いのではなく、継続できなくなる要因が多すぎるということです)

やはりスキルを確実に習得するのにオススメなのが、プログラミングスクールを活用して挫折せずに学習することです!

そこで、今回ご紹介するプログラミングスクールは、プログラミング言語の学習はもちろんの事、「ポートフォリオ(実績作り)・卒業後のキャリアサポート(アルバイト、インターン、案件紹介)」を行ってくれるスクールをご紹介します!

つまり、このようなプログラミングスクールに通えば、確実にプログラミングスキルを身につけることができて、そのスキルを活かした働く環境も確保することができます!

大学生向けのプログラミングスクール

テックエキスパート

テックエキスパート(TECH::EXPERT)の評判・口コミ

テックエキスパートの評価
費用面
(1.0)
コースの充実
(2.0)
講師のレベル
(4.0)
卒業後のサポート
(5.0)
総合評価
(3.0)

テックエキスパートには、「副業・フリーランスコース」があり、フリーランスとして仕事ができるスキルを身につけることができるスクールです。

テックエキスパートの特徴とメリット

テックエキスパートに特徴としては、完全未経験からフリーランスエンジニアになることができて、なんと案件獲得保証がついてます!

つまり、テックエキスパートのカリキュラムを終えることができれば、そのままフリーランスとしてお金を稼ぐことができます!

フリーランスとして活動するには、ポートフォリオの作成が不可欠であり、また信用を高めるために、自己アピール能力が非常に重要になってきます。

テックエキスパートでは、ポートフォリオの作成サポートや、名刺の作成や技術ブログの執筆など、フリーランスの自己PR戦略を学ぶことができます!

特徴をまとめると
  • 案件獲得保証がついている
  • 卒業後そのままフリーランスとして活動できる
  • プログラミングスキル以外にも自己PR戦略を学べる
  • Webサービスを開発する経験ができる

コースと料金詳細

コース名 費用 授業数 対象 特徴
短期集中コース 598,000円(税抜き) 10週間の短期集中 未経験 フリーランスとして独立、起業を目指す方
夜間・休日コース 798,000円(税抜き) 半年間じっくり学べる 未経験 働きながら副業を目指す方

費用は比較的高額ですが、卒業後にそのままフリーランスとして独立し、収入を得ることができるので、努力次第ではすぐに受講料を回収できるようになります!

学習するプログラミング言語は「メルカリ」や「アマゾン」といったECサイトや「ツイッター」などWebサービスを開発することのできるRubyをメインに学習をします。

なので、Web系のエンジニアとしてフリーランス活動をしたい方にはおすすめです!

テックエキスパートの詳細をみてみる

テックエキスパートの口コミ評判をみてみる

プロエンジニア(ProEngineer)

費用面
(5.0)
コースの充実
(1.0)
講師のレベル
(4.0)
   
卒業後のサポート
(4.0)
総合評価
(3.5)

プロエンジニア(ProEngineer) 大学生限定で、無料(0円)でプログラミングを学べるプログラミングスクールとなっており、東京のみで開講しています。

プロエンジニアの特徴

プロエンジニアの特徴は、何と言っても、受講料を無料でプログラミング学習をすることができる点です!

プロエンジニアでは、Skypeでのオンライン学習とスクールへの通学を両立させてプログラミングを学習することができます。

つまり、大学の授業が忙しい方や、バイトと両立させてプログラミングスクールに通いたい方にオススメです。

また、カリキュラム卒業後には有名なIT企業での有給インターンも紹介してくれるので、ぎながらさらなるスキルアップを目指したい大学生には非常にオススメです!

将来的にエンジニアとして就職を目指している大学生の方であれば、サイバーエージェントやLINEなどの優良なIT企業への就職サポートも行っているので、スクール卒業後の進路も明確にすることができます!

特徴をまとめると
  • エンジニア就職成功率95%
  • 企業紹介先には大企業も含まれる
  • 有給インターンで、IT業界を深く知れる
  • Webアプリケーションの開発を学べる

コースと料金詳細

コース名 費用 授業数 特徴
プログラマカレッジ 無料 4ヶ月 プログラミング初心者からエンジニア就職までサポートしてくれる

プロエンジニアでは主に、Webサイトの制作やWebアプリケーションを開発することのできるプログラミング言語を学ぶことができます!

「平日コース」と「夜間コース」があり、平日コースの場合はECサイト(ショッピングサイト)の開発を受講生同士でグループ開発を行うので、実務に近い環境で学習をすることができます!

平日コースの方が効率的に学べるので、夏休みなどの長期休暇を利用して通ってみるといいでしょう!

プロエンジニアの詳細をみてみる

RaiseTech(レイズテック)

RaiseTech

レイズテックの評価
費用面
(3.5)
コースの充実
(2.0)
講師のレベル
(4.5)
卒業後のサポート
(4.0)
総合評価
(3.5)

レイズテックは「稼げるエンジニア」になる事にフォーカスしたプログラミングスクールで、今IT業界で需要のあるJavaとAWSの2コースのみの特化型スクールです!

レイズテックの特徴とメリット

レイズテックの特徴としては、稼ぐ事に特化したプログラミングスクールで、案件の数も求人数も多いJavaとAWSを学ぶことができます。

Javaはずっと昔から使われている人気のプログラミング言語で、案件数が豊富で、単価も大きく、大手企業でも採用が多い言語です。

「フリーランスになって高単価な案件をどんどんこなしていきたい!」と思われる大学生の方であれば、Javaを習得すればフリーランスとしてかなり安定した収入を得れるので非常にオススメです!

特徴をまとめると
  • 需要の高いJavaとAWSを重点的に学習できる
  • 現役エンジニアが講師となり、現場で通用するスキルが身につく
  • オンライン講座形式
  • 転職、就職のサポートがある

コースと料金詳細

コース名 費用 授業数 対象 特徴
Javaフルコース ¥315000 →  ¥198000(学割) 全16回(週1回 / 1回あたり120分) Javaエンジニアを目指す方 初心者から実務で通用するレベルまで学習できる
AWSフルコース ¥315000 →  ¥198000(学割) 全16回(週1回 / 1回あたり120分) サーバー構築など、インフラエンジニアを目指す方 世界最大のクラウドサービスの扱い方を実務で通用するレベルまで学習できる
Java単体コース ¥189000 →   ¥98000(学割) 全8回(週1回 / 1回あたり120分) JavaでWebアプリケーションを開発したい方 Webアプリケーションを開発しながらJavaのスキルアップができる
AWS単体コース ¥189000 →   ¥98000(学割) 全8回(週1回 / 1回あたり120分) サービス開発の周辺技術(インフラ構築)を学びたい方 クラウドサービスの扱い方を学び、技術者としての価値を高めることができる

コースと料金はこのようになっており、大学生の方は学割が適用されるので、かなりお得にプログラミングを学習することができます!

卒業後には就職サポート支援や案件紹介も行っており、フリーランスとして活動するのに必須である「ポートフォリオ」や自己アピールをうまく表現するためのコツなどを教えてくれます!

レイズテックの詳細をみてみる

まとめ

いかがでしたでしょうか!

大学生でもプログラミングを学べば、今の収入よりも稼げることが明確になったかと思います!

ただ稼ぐだけでなく、自分自身がプログラミングスキルを使って何かやりたい事や、目指しているライフスタイルを実現させることが最も重要になってきます!

ぜひこの記事を参考に、プログラミングスクールで稼ぐことのできるプログラミングスキルを身につけてみてはいかがでしょうか!