プログラミングを副業にして稼ぐ手段は2つ!事例も紹介

【社会人向け】オンラインで学べるプログラミングスクール

「プログラミングって稼げるの?

できれば今の仕事を続けながら副業で稼ぎたいんだけど…」

今の時代こんなふうに考えている方は多いのではないでしょうか。

プログラミングを副業にするにはどうしたら良いのか、実際どんな人が稼いでいるのか、気になるところですよね。

筆者(こうだい)

結論、プログラミングスキルを身につけると様々な副業が可能になります

今回は様々な実例を交えながら、プログラミング副業について紹介していきます!

本記事の内容
  • プログラミングスキルで稼ぐ手段
  • 実際の案件や稼いでいる人の例
  • 稼ぐためのスキルを身につけられるスクールの紹介

プログラミングスキルで稼ぐ手段は?

プログラミングスキルで稼ぐには、大きく2つのアプローチあります。

プログラミングで稼ぐための2つのアプローチ
  1. プログラミング案件をこなす
  2. 個人の力で稼ぐ

それぞれ解説していきますね!

1.プログラミング案件をこなす

一つ目は、本業と別に副業としてプログラミング案件をこなすことです。一番オーソドックスな方法ですね。

案件を見つけるには、以下の方法があります。

・エージェントを使う
・クラウドソーシングサイトで見つける
・友人から紹介してもらう

それぞれの特徴について解説していきます。

・エージェントを使う

まずプロのエージェントに頼る、という手があります。

自分のスキルや経歴を伝えれば営業活動などはエージェントがやってくれるので、自分で案件を探して営業をかける、といった手間を省けるのが魅力です。

エージェントが営業に使えるようなある程度の実績・ポートフォリオは必要となりますが、それを準備できる人であればおすすめの手段です。

パーソルグループが運営するi-common techでは、月収100万円を超える高単価案件も紹介してもらえるようです。

他にもLancers Agentなどのエージェントサービスがあります。

 

・クラウドソーシングサイトで見つける

クラウドソーシングサイト経由でプログラミング案件を見つけることもできます。

代表的なサイトだと、クラウドワークスがあります。

クラウドワークスではシステム開発やスマホアプリ開発、HP制作、Webデザインなど様々な案件が掲載されているのが特徴です。

案件が幅広く粒度も様々なので、経験が浅い方でも提案次第で案件獲得することができます。ここで実績を積めれば営業活動も有利になるので、まずはここで手頃な案件を探してみましょう。

 

・友人から紹介してもらう

意外と有効なのが「友人からの紹介」パターンです。

案件受注する上では顧客との信頼関係が大切ですが、友人からの紹介の場合は信頼を得やすいというメリットがあります。

また実績が少ない / 実績がないケースでも友人からの案件を受けられる場合があり、実績を積むことができます。実際、私の友人でも実務1年未満で知人経由の案件に参画している人がいます。

友人経由で案件を獲得する第一歩は、まず「プログラミング始めました」「HP制作できます」など自分から情報発信することです。

SNS上や知人と会った際に自分ができることを伝えておくことで、案件を紹介してもらえる可能性が高まります。

また人脈を増やす意味で、もくもく会やオンラインサロンで交友関係を広げておくことでもチャンスは広がっていくでしょう。

 

2.個人の力で稼ぐ

案件をこなす他に、プログラミングを学ぶと「個人の力で稼ぐ」ことも可能になってきます。

例えば以下のような手段があります。

・個人開発
・メンターになる
・プログラミング教材を作る
・教育系Youtuberになる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

・個人開発

個人でWebサービスやスマホアプリを開発し、サービス利用料で稼ぐというものです。

簡単に稼げる方法ではありませんが、人気サービスを開発することができれば大きな収入を得られる可能性を秘めています。

ゆずたそさん(@yuzutas0)著の電子書籍「個人開発をはじめよう!クリエイター25人の実践エピソード」では個人開発で稼いでいる方の事例がいくつも紹介されているので、興味のある方は読んでみてください。

 

・メンターになる

プログラミング初学者のメンターとなり、プログラミングを教えたり、エラー解消を手伝ったりします。

スクールと契約してメンターになる方法もあれば、MENTAココナラなどのサービスを使って個人でメンターになる方法もあります。

スクール契約メンターの方が高収入は得やすいですが、実務半年や1年以上といった基準を設けられていることが多いです。

経験が浅い場合、もしくは自分でサービス内容や単価を決定したい場合は個人でメンターになるのがおすすめです。

 

・プログラミング教材を作る

スキルを活かして自らプログラミング教材を作る、という方法もあります。

特に未経験からエンジニアになった、または案件を受注できるようになったという方こそ、初学者の立場に立ってわかりやすい教材を作れたりします

いくつか実例をご紹介します。

 

〜コーディング練習noteセット by くりのすけさん(@kurinosuke32)〜

コーディングしながらWeb制作のやり方を身につけていけるnoteです。

https://note.com/kurinosuke32/m/m83114cc27b4c

 

〜JavaScriptの屋敷  by 忍者CODEさん(@ninjacodeee)〜

Web制作に必要なJavaScriptの技術を実践的に学ぶことができるコンテンツです。

https://ninjacode.work/yashiki_lp/

 

〜ポートフォリオ作成のロードマップ by こうだい(@kodai_0122)〜

Ruby on Railsを用いた多機能なWebアプリケーションを作り、ポートフォリオとして活用するためのロードマップです。

https://note.com/kodai_0122/m/mbce36d0b3160

筆者(こうだい)

サラッと自分の例を入れてますが(笑)、教材など作ったことがなかった自分でも実体験を元に作ることができました。初学者の立場に立つと良いものが作れますよ!

 

・教育系Youtuberになる

これはやや玄人向けですが、プログラミングスキルを活かして教育系のYoutuberになる手もあります。

有名な方の例を挙げると、勝又健太さん(@poly_soft)やしまぶーさん(@shimabu_it)がいます。

 

 

動画教材の需要は年々高まっているので、今後ありな選択肢だと思います。

 

実際にどんな案件で稼げるのか

それでは実際どんな案件で稼げるのか、見ていきましょう。

クラウドワークスの場合

まずクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトで調べると、次のような案件が出てきます。

ホームページの制作依頼(5万〜10万円)

Shopify Pageの編集(1.6万円)

Web制作の案件が多く見られました。

単発ページの作成・編集といったものから、ホームページを丸々作る案件まで様々。

相場は大体5万〜10万円、難しいものだと20万円ほどの案件もありました。

 

ITPROパートナーズの場合

続いてWeb開発の副業案件をITPROパートナーズのサイトで調べてみました。

フロントエンドエンジニアの募集(リモート、週2、30万円/月)

バックエンドエンジニア(リモート、週2、30万円/月)

フルスタックエンジニア(リモート、週2、90万円/月)

ある程度経験者の案件にはなりますが、週2で月収30万円は魅力的ですね。

またフルスタックエンジニアと呼ばれるフロントエンド/バックエンド/インフラ全てを任せられる人材になると、週2で月収90万円の案件もありました。

 

実際に稼いでいる人の実態は?

実際に稼いでいる人はどんな人なのか調べてみました。

きたしょーさん(@KitamuraShohei

きたしょーさんは元銀行員・未経験からプログラミング学習を始め、1年で月商100万円を達成した方です。

収入源はWeb制作。スキルを身につければ稼げることを証明している存在ですね。

ブログに稼ぐまでの過程がしっかり残されているので、色々と参考になると思います。

Twitter:https://twitter.com/KitamuraShohei
note:https://note.com/kitashooo
ブログ:https://kitashooo.com

あかしぃさん(@akashi__akashi

あかしぃさんは未経験からエンジニアになり、本業の他に副業を2つ掛け持ち。

その結果、エンジニア1年目の終わりに月収90万円達成されました。

収入源はWebアプリ開発ですね。

休日も働くなどかなりハードワークだったようですが、エンジニアの時給の高さだからこそ達成できた金額と言えるでしょう。

Twitter:https://twitter.com/akashi__akashi
note:https://note.com/akashixi

未経験からでも副業で稼げるまでのサポートをしてくれるプログラミングスクール

副業で稼ぐにはスキルが必要です。

未経験から稼げるようになるために、おすすめなプログラミングスクールをまとめました。

テックアカデミー

テックアカデミーはオンラインのスクールで、目的に合わせた豊富なコースを用意しています。

その中でも、Web制作を副業として稼ぎたい人向けのWebデザイン&WordPressセットコースがおすすめです。

現役のWebデザイナーが徹底サポートしてくれるのが特徴で、マンツーマンのメンタリングや回数無制限のレビューで着実に力をつけることができます。

期間を8週間〜24週間で選べるので、自分のペースで学習することが可能です。また他のスクールに比べ、比較的安価な料金設定であることも魅力の一つです。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾では「フルオーダーメイドカリキュラム」方式をとっており、どのようなカリキュラムで進めるかを事前に相談して決めることができます。

したがって最初に「副業で稼ぎたい」ことを伝えておけば、そこに向けて無駄のないカリキュラムを組むことが可能です。

また、現役エンジニアがオンラインでマンツーマンレッスンを行ってくれることが特徴です。

手厚いサポートの結果、受講生は90%が未経験者でありながら、挫折率8%と低い実績があるスクールです。

テックキャンプ

テックキャンプの副業・フリーランスコースは、未経験からフリーランスとして稼ぐ力を身につけることができます

「短期集中スタイル」と「夜間・休日スタイル」の2つのスタイルがあり、現職を続けながら副業スキルを身につけたい方でも後者を選択できるのでおすすめです。

また専属のライフコーチがつき、技術的な話だけでなく今後のライフプランについても相談に乗ってくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では以下の内容について解説しました。

・プログラミングスキルで稼ぐ手段
・実際の案件や稼いでいる人の例
・稼ぐためのスキルを身につけられるスクールの紹介

プログラミングスキルを身につければ、副業で収入アップできる可能性がグッと高まります。

年齢関係なくチャレンジできることも嬉しいですね。

ぜひ一生もののスキルを身に付けて、これからの時代を生き抜いていきましょう!