お薦め!プログラミングスクール(教室) 10社

ウェブキャンプ ビジネス(WebCamp Business)で身につくスキル(学べること)

ウェブキャンプ ビジネスで身につくスキル

ウェブキャンプビジネスで見につくスキルは大きく4つありますので見ていきましょう。

Webデザイン

ウェブキャンプビジネスはWebデザインを学べ、HTMLとCSSという言語を学びます。HTMLはWebブラウザ(GoogleChromeやFireFoxなど)上でサイトのレイアウトや文字の表現などをするための言語であり、多くのWebサイト制作者が活用しています。Webサイト制作の基礎であり、学ぶのは必須です。CSSはHTMLだけではできない細やかな表現に対応できる言語であり、現代ではHTMLとCSSはセットで学ぶことが推奨されています。

プログラミング

ウェブキャンプビジネスで学べるのはRubyとRuby on Railsであり、Rubyがプログラム言語、Ruby on Railsはフレームワークとなります。フレームワークとは枠組みの意味であり、いわばプリセットと言えばイメージがつきやすいでしょうか。Ruby on Railsは生産性の高いフレームワークとして世界中で採用されており、Ruby on Railsをスキルとして持っている人を求人で多く募集しています。RubyとRuby on Railsを学ぶことで基礎的なWebアプリケーション開発が可能です。

一つのサービスを制作する経験

ウェブキャンプビジネスは卒業する際に自身の作品を制作します。基本的に開発業務は複数人で行うことが多いので、個人で制作するのに意味があるのか?と思うかもしれません。しかし、個人で制作するからこそ、そのサービスの質や自身の力量が見て取れるのです。自分の現在位置を知れますし、何よりも一人でも開発できるという自信と経験は何にも代えられないものです

自己管理能力

今のライフスタイルにプログラミングスクールに通うことがプラスされます。つまり、普段よりも忙しくなることが予想されるでしょう。ウェブキャンプビジネスは教室に通うことを推奨しており、教室に通う時間や学ぶ時間は自分でコントロールします。時間管理や自身の体調管理が求められ、自然と能力が身につきます。

他のプログラムスクールと比べてどうなのか

他のプログラムスクールではオンラインでの対応をピックアップしているのに対して、ウェブキャンプビジネスは教室での学習を推奨しています。どちらにも利点がありますが、個人的には教室での学習が良いと判断します。自宅での学習は誘惑が多く勉強しようとしても、ついついネットサーフィンをしてしまうこともあります。教室に通えば、講師や他の受講生がいるので自然と勉強モードになり、結果として集中して学べます。

ただし、ウェブキャンプ ビジネスで習う言語が少ないのが気がかり

ウェブキャンプビジネスは他のプログラムスクールと比べると学べる言語の種類が少ない点が気になります。他のプログラムスクールではJavaScriptやLinux、SQLなどのスキルを学べますが、ウェブキャンプビジネスにはありません。逆に言えば、一点突破型の学習であり、最低限の知識をきちんと習得することに重きを置いていると感じます。

一つずつ習得することが遠回りのように見えて近道である

ウェブキャンプビジネスで見につくスキルは種類こそ他のプログラムスクールより少ないでしょう。特に学べる言語は限定的であり、本当に最低限の内容です。しかし、短期間で多くのことを学んでも、頭に入りきらない可能性があり混乱してしまう可能性もあります。一つ一つ地に足を付けた学習法を採用しているからこそ、未経験の方でも多くの卒業生を出し、就職・転職を成功させてきたのです。自身の勉強スタイルや状況にもよりますが、ウェブキャンプビジネスは一つの候補として捉えても問題ないでしょう。