お薦め!プログラミングスクール(教室) 10社

ウェブキャンプビジネス(WebCamp Business)の口コミ・評判

ウェブキャンプビジネスの口コミや評判は!?

インターネット上にある口コミや評判は素直に出てくるものです。Twitterやウェブサイトからどんな口コミや評判があるのか見ていきましょう。

良い口コミ・評判

どちらのプログラムスクールを選ぶのか迷っており、両方とも説明会に行かれたようですね。どちらも好感触だからこそ、どちらにしようか迷って思わずツイートしてしまったようです。

この方は強く断言してツイートしています。特に気になるのがツイート上にある「優さんの熱いビジョン」ですね。この優さんとは恐らく長谷川優さんのことを指しており、ウェブキャンプを運営している株式会社Infratopの執行役員兼営業部長です。役員の方が熱い思いをもって運営しているのですから、きっとスクールも熱いのではないでしょうか。

1人で学習するよりも、自分がいる環境を変えることができたので、効率よく学習することができました。WebCampは学習の幅が広く、いろんなことを知ることができたり、毎日いつでも来れることも良かったです。

「目的が明確で、そのための行く場所がある」という環境が良かったです。

引用元:https://web-camp.io/magazine/archives/8535

環境の良さが特によかったとの口コミでした。目的が明確であるというのはすべての事に対して重要で、仕事や勉強なども当てはまります。個人的ではありますが目的と目標を明確に定め、そのための努力を行える人は成果を得やすいと思っています。ウェブキャンプビジネスでは技術以上のことを教えてくれると思われます。

7月半ばに受講開始して、9月から転職活動を始めて下旬には転職が決まり、その1週間後に働き始めました。

引用元:https://web-camp.io/magazine/archives/8535

実際にウェブキャンプビジネスを受講してから、働き口があるのか気になるところです。この口コミでは受講開始から約2か月ほどで転職が決まったとのことです。

授業外ではチャットを使い、リアルタイムで質問できるのはとても助かりました。

引用元:https://web-camp.io/magazine/archives/1788#i-3

実際の授業風景を少し見れる口コミです。授業外の自宅学習でもチャットを使えるのは大きい利点と言えるでしょう。また、教室にいる際は質問し放題の環境も受講生にとって最高の環境と言えるでしょう。

カリキュラムは教材を順番にこなしていけば間違いなく進むことができて、卒業後も教材は今でもずっと見れるので、そういった点が良かったです。
今でも仕事で少しわからない点について見返します。

特に、わからないところは質問すれば教えてもらるので、とにかく効率よく学習できました。

引用元:https://web-camp.io/magazine/archives/6232

カリキュラムも問題なく、卒業後も使えるというのはいいですね。わからなくても質問できる環境は理解を急速に早めてくれます。講師も重要かもしれませんが、環境も同じくらい重要であることがわかります。

悪い口コミ・評判

インターネット上ではウェブキャンプビジネスの悪い口コミ・評判は見当たりませんでした。通常であれば、講師の悪口やスクールに関する不平不満が出てもおかしくないのですが、不思議となかったです。プログラミングスクールを受ける人自体の母数がまだ大きくなっていないので、今後何かしらの悪い口コミ・評判がでるかもしれません。その際はこちらで紹介させていただきます。

口コミや評判からウェブキャンプビジネスはアリ?ナシ?

結論から言うとアリと断言します。運営会社の役員の評判が良く、学ぶ環境に重点を置いている点は素晴らしいと思います。社会人でも働きながら学べる環境もポイントが高いです。個人ではモチベーションの維持が難しいので、ウェブキャンプビジネスの存在はありがたいことでしょう。

ネット上の口コミや評判のみではなく自分の判断を

インターネット社会が成熟し、今や多くの情報を簡単に得ることができます。プログラミングスクールもインターネットで口コミや評判を知ることができますが、最終的に判断するのは自分であることを忘れないでください。「口コミでこういうこと書いてあったから大丈夫だろう」ではなく、きちんと自身で判断してください。判断をする上で特に大事なのは実際にプログラミングスクールの無料体験(または無料カウンセリング)を受けることです

スクールの雰囲気や講師の方との相性、口コミや評判と比べてどうなのか?は実際に見てみないとわからないものです。インターネット上での情報収集である程度の絞り込みをするのはいいですが、実際に見る・感じることを重要視してください。