お薦め!プログラミングスクール(教室) 10社

ウェブキャンプ ビジネス(WebCamp Business)のコース・プログラム

ウェブキャンプ ビジネスのコース・プログラムの特徴や魅力

ウェブキャンプビジネスのコースの特徴や魅力を項目ごとに説明していきます。

学べるのはWebデザインとプログラミング

ウェブキャンプビジネスで学べるのはWebデザインとプログラミングであり、具体的には下記の言語です。

Webデザイン プログラミング
HTML、CSS Ruby、Ruby on Rails

HTMLやCSSはサイト制作に関する知識を学べ、RubyやRuby on Railsではウェブアプリケーションを制作できる知識を学べます。これらは多くの会社でも開発する際の共通の言語(またはフレームワーク)として採用されており、世界共通の知識と言っても過言ではありません。

Webに関連する開発は今後も需要が高い

WebサイトやWebアプリケーション(TwitterやFacebookなど)の開発は今後も需要が高いと予想されています。その理由にスマホやタブレットが広く普及してきている背景があります。スマホ用もしくはタブレット用の開発対応は必要であり、それぞれの端末に適したレイアウトや操作性が求められるからです。また、パソコンよりも広く普及していること、そして実際のプログラム関連の求人が高いことが理由です。

受講をサポートするサービスが満載

ウェブキャンプビジネスは受講生が滞りなく、学べる環境を構築しています。その一つにさまざまなサポートがあり、あらゆるシチュエーションを考えた対応がされています。それぞれ項目ごとに見ていきましょう。

質問・回答サポート

ウェブキャンプビジネスは基本的に教室で学ぶスタイルを取っていますが、自宅学習でのサポートも実施しています。スマホやパソコンで講師にわからない部分をチャットで質問ができます。11時から22時までの幅広い時間に対応していることも注目です。

キャリアサポート

受講をする目的の多くは就職・転職を成功させることでしょう。しかし、未経験から始めた場合、どんな会社があるのか?どこが自身の思い描くキャリアを築けるかを知るのは難しい話です。ウェブキャンプビジネスは専門のコンサルタントが一人一人に合ったキャリアを提案するサポートを実施しています。

返金サポート

受講開始から8日間以内なら受講料全額返金保証があり、転勤や多忙もしくはサービスに納得がいかなかったら対応してくれます。受講生のことを考えた対応をしてくれるのは魅力です。

ウェブキャンプ ビジネスのコース・プログラムは他と比べてどうなのか

他のプログラムスクールと比べると正直なことを言うと学べる内容自体に大差はないです。HTMLやCSS、RubyにRuby on Railsは多くのプログラムスクールで教えていますし、基礎的な内容はどこも同じになります。ただし、講師がわかりやすく教えてくれる点や学校の雰囲気などは違いが出てきます。自身に合うと思ったところでスタートするのが望ましいと言えるでしょう。

ウェブキャンプ ビジネスのコース・プログラムのマイナス点

学べるコースで気になったのがプログラミング部分であり、JavaScriptやSQL関連、Gitなどの対応をしていない点です。業務にもよりますが、これらは多くのプログラム開発で使われています。ウェブキャンプビジネスは良く言えば、重要部分をフォーカスして集中して学べます。しかし、他のプログラムスクールと比べても学べる言語の種類が少ない点が少々気になります。

ウェブキャンプ ビジネスのコース・プログラムは本当に役立つのか

WebサイトやWebアプリケーションを開発するうえでの最低限の知識を得られると思います。どちらかというと、最低限の知識を集中して学ぶという狭く深くのスタイルを取っていると思います。就職・転職をしてすぐに現場の即戦力になるのではなく、周りに支えられながら少しずつ業務をこなして一人前のWeb開発者になるでしょう。広く浅く学びたい方は別のスクールを選ぶのが吉です。

まずは気になるプログラミングスクールにコンタクトを

ウェブキャンプビジネスは必要最低限の知識を得るためのコースを採用しています。他のスクールと比べると、学べる種類が少ないですが初心者がいろいろ手を付けても混乱するばかりです。地に足を付けた内容を採用していることが伺えます。広く浅く学ぶか狭く深く学ぶかは個人の状況やスタイル次第です。まずは気になったスクールをピックアップして、無料体験やカウンセリングを受けてみるところから始めましょう。