コードキャンプ(CodeCamp)-地域(受講可能な場所)

コードキャンプでは、質が高いカリキュラムで高評価を得ていますが、カリキュラムの内容以外にも転職サポートでも高評価を得ています。

ですが、プログラミングスクールを、転職サポートのみで検討すると失敗する可能性が高いです。

当記事では

  • 転職サポート内容
  • 転職サポートの範囲
  • 転職サポートで目指せる職業 など

コードキャンプの「転職」について徹底的紹介します。

プログラミングスクールの転職サポートが、どのようなものか気になる方は、ぜひ参考にして下さい。

 

コードキャンプ(CadeCamp)の転職サポート内容

コードキャンプでは、人材関連のプロが転職・就活を成功させるべく、アドバイスなどのサポートを行ってくれます

また、コードキャンプはIT関連の大手企業からベンチャー企業まで、企業研修として300社を超える企業で、プログラミング研修としてコードキャンプのカリキュラムが導入されています

IT企業との繋がりが強いので、受講生が望む企業を紹介してもらえる可能性も高いです。

また、給料面についても相談する事が出来るので、自分の希望条件に近い求人を紹介して貰える可能性が高いです。

 

コードキャンプ(CadeCamp)で目指せる職業

コードキャンプでは、IT関連に関係する様々な職業へ転職する事が可能です。

主に

  • エンジニア
  • プログラマー
  • Webマーケター
  • Webディレクター
  • Itコンサルタント
  • Webデザイナー
  • 営業

コードキャンプの転職サポートは上記のような業種をサポートしています。特に「エンジニア」・「プログラマー」・「Webデザイナー」の求人は多い傾向なので、プログラマーやWebデザイナーを目指したいという方にはコードキャンプは非常にオススメです。

 

コードキャンプ(CadeCamp)で本当にフリーランスは目指せるのか

WebデザイナーやWebマスターコースを学ぶ事で、クラウドソーシングサイトを利用して、案件を獲得する事は可能です。

ですが、プログラミングスクールを卒業した段階では、プログラミングの基礎が出来るようになった段階なので、案件を獲得できる割合は低いといえます

もちろん、コードキャンプを卒業した時点、フリーランスとして独立することは可能です。

可能ですが、フリーランスは「クライアントとのやり取り」など、高いコミュニケーション能力などを求められ、プログラミングスキル以外にも必要な知識が必要です。

フリーランスを目指せる事は目指せますが、簡単な道のりではありません

MEMO

コードキャンプでは、フリーランスとしての活動をサポートするサービスはありません。

ですが、講師にも現役フリーランスエンジニアも多数在籍中なので、フリーランスを目指している旨を伝える事で、フリーランスになる為のノウハウなどを教えてくれる可能性があります

 

コードキャンプ(CadeCamp)転職サポートのデメリット

コードキャンプの転職サポートは、非常に魅力的な支援サービスですが、全ての人に高評価を得られるサービスではありません。

この章では、コードキャンプ転職サポートの評価が低い部分を紹介します。

住まいによっては期待できない

コードキャンプの転職サポートは、地域問わず日本全国の求人をサポートしています。

ですが、プログラマーやエンジニアなどIT関連の求人は、東京・名古屋・大阪などに集中している傾向があり、住まいの地域によっては紹介できる求人がない場合もあります

求人の多い少ないは、時期も影響するのでタイミングなども関係してきますが、求人が少ない地域があり過度な期待は禁物です。

筆者は長崎県在住ですが、転職支援サポートを受けた時は紹介できる求人が1件のみでした。

 

転職サポートを受ける為の条件がある

コードキャンプの転職サポートを受けるには、いくつか条件があります。

転職サポートを受ける条件は以下の通りです。

マスターコース受講生

下記のコースを1つ以上修了している必要があります。

対象コース
  • Webマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • アプリマスターコース
  • デザインマスターコース

利用条件は、期間内にカリキュラムの課題全てに合格している必要があります。

 

その他受講生

対象コース
  • プレミアムコース
  • プレミアムプラスコース

利用条件は

  • 「HTML5/CSS3」, 「JavaScript」, 「PHP/MySQL」
  • 「Ruby on Rails」, 「Android」, 「iPhoneアプリ開発」,「 Java 基礎」
  • 「Java 応用」,「Java サーブレット」, 「Photoshop」, 「Illustrator」, 「Bootstrap」

期間内に、上記のカリキュラムに含まれる課題を5つ以上合格している必要があります。

 

30代には少し厳しい

コードキャンプの転職サポートに限ってではありませんが、30代を超えると転職の難易度が上がります。

一般的に「転職は32歳までが限界」と言われていて、プログラミング未経験・30代での転職では、求人数はかなり減ってしまいます

ですので、30代以上で未経験での転職を考えている方は、コードキャンプの転職サポート以外でも、違う転職サービスも利用しながら根気強く転職活動を行う必要があります。

 

コードキャンプ(CadeCamp)転職サポートのメリット

コードキャンプの転職サポートには評価が悪い部分もありますが、良い部分もたくさんあります

この章では、コードキャンプの転職サポートで評価が高い部分について紹介します。

 

無料で転職サポートを受けられる

コードキャンプの転職サポートを受ける為に追加料金を支払う必要はありません

条件さえ満たしていれば、プログラミング受講料金のみで転職できる可能性もあるので、期間内に課題合格をする事をオススメします。

 

転職成功時にキャッシュバック

コードキャンプの転職サポートを利用して転職に成功した場合、10万円のキャッシュバックを貰えます。

例えばマスターコースの2ヶ月コースでは、148,000円ですが転職に成功した場合、10万円のキャッシュバックをもらえるので48,000円で受講することが可能です。

MEMO

キャッシュバックは「お祝い金」として入社3ヶ月経過して4ヶ月目に受け取ることができます

ですので、最低でも転職後4ヶ月間は勤務する必要があります

 

IT業界に特化した転職サポート

冒頭の「転職サポートの内容」で少し触れましたが、コードキャンプのプログラミング学習コースは、300社を超える企業からプログラミング研修として導入されています。

数多くのIT企業と付き合いがあり、大手企業や有名企業の求人が豊富にあります。

また、大手企業などは、全国に支店を展開している事が多いです。そのため地方在住者でも求人数は減りますが、求人を紹介できる可能性があります。

 

転職先企業が豊富

コードキャンプの転職サポートは、有名な企業求人を多数保有しています。

転職先企業の一例を以下にまとめてみました。

転職先企業
  • MonstarLAB
  • CyberAgent
  • MicroAd
  • GMOペポパ株式会社
  • Future など

もちろん上記の転職先企業は一例です。保有している求人の数は、ここでは紹介できないほど多数あります。

 

【20代向け】転職サポート コードキャンプゲート(CadeCamp Gate)

コードキャンプゲートは、20代の転職支援を目的とした受講コースです。

年齢が20代のみと限定されていますが、プログラミングを学び転職までを徹底的にサポートしてくれる特別なコースになります。

コードキャンプゲートの概要や受講条件などを紹介します。

 

コードキャンプゲート(CadeCampGate)コース概要

コードキャンプゲートは、転職を最終目標にしたオンライン完結型のプログラミング受講コースです。

未経験からIT・Web業界に転職する為に、専属のキャリアアドバイザとの面談で3年後のキャリアを想定した、キャリアプランの作成を行い、エンジニアとして成功できる為に徹底的にサポートしてくれるサービスです。

徹底的なサポートにより、20代未経験からのIT・Web業界の転職成功率は80%と高い水準をキープしています。

MEMO
  • コードキャンプゲートは2ヶ月集中コースのみの提供
  • 受講料金は198,000円

学習カリキュラムは「PHPマスターコース」です。

「HTML5/CSS3」「JavaScript/jQuery」「PHP」「MySQL」を学び、ショッピングサイトなどWebサービスを開発できるようになれます。

コードキャンプゲート(CodeCampGate)応募条件

コードキャンプゲートを受講する為には2つの条件があります。

  • 30歳未満(29歳まで)
  • 社会人経験必須

上記2つの条件を満たしている方が受講できます。

MEMO

「社会人経験」という言葉の意味が曖昧で、企業によって認識が多少違いますが、一般的に就職・転職で使われる「社会人経験」という言葉は、「正社員」として働いた事がある人を「社会人経験あり」という認識をします。

後述しますが、コードキャンプゲートの受講には、書類選考があるので、フリーターの方などは、書類選考に通る確率が低い傾向があります。

コードキャンプゲート(CadeCamp Gate)のデメリット

コードキャンプゲートは徹底的なサポートを行ってくれるので、IT・Web業界に転職したい20代には、非常にオススメのサービスです。

ですが、コードキャンプゲートは20代であれば受講できるというわけではありません。

この章では、コードキャンプゲートのデメリットを紹介します。

 

受講資格が20代のみ

コードキャンプゲートの受講資格は20代のみと限定されています。

日本では、「学歴」・「勤務年数」・「年齢」で給料が上がる傾向が強く、30代未経験でも給料を20代より高く払う傾向が強いです。

また、IT・Web業界では、常に新しい技術を取り入れる必要があります。

更に人間の脳は35歳ぐらいから新しい技術を取り入れるのが難しくなる年齢と言われており、20代の若い人から、技術面で追い越される事が多いです。

失礼な言い方ですが、未経験で新しい技術を取得する事が厳しくなる30代に、給料を払いたくないというのが企業の本音になります。

企業の声を考慮して、転職を行いやすい20代のみに絞り込んでサービスを提供しています。

 

受講前に書類選考・審査がある

コードキャンプゲートを受講する為には、応募条件を満たしている状態で応募内容を元に書類選考が行われます。

選考時の評価部分は詳しく公開されていませんが

  • 応募時の年齢
  • これまでの社会人経験
  • 意気込み など

上記の部分を重要視している傾向が強いようです。

コードキャンプは受講者が転職に成功すると、転職先から紹介料を貰っています。当然、紹介料がコードキャンプの利益となるので、転職が成功しやすい人を優先的に選んでいきます。

MEMO

応募条件は30歳未満(29歳まで)となっていますが、20代後半になると書類選考通過率も低くなるようです。

一番通過率が高いの20代半ばの「第二新卒」と呼ばれる年齢あたりが社会人経験もあり、通過率が高い傾向があります。

 

コードキャンプゲート(CadeCamp Gate)のメリット

コードキャンプゲートは、応募条件や書類選考があり、手軽に受講できるサービスではありません。

ですが、選考に通過して受講資格を手に入れる事が出来たら、IT・Web業界に転職したい20代には非常に心強い味方になります。

この章では、コードキャンプゲートのメリットについて紹介します。

 

実質無料でプログラミング学習を受けられる

コードキャンプゲートを利用して転職に成功すると、受講料金を全額キャッシュバックしてもらえます。

実質無料でプログラミングを学べて仕事まで手に入れられるチャンスを掴む事ができるので、IT・Web業界に転職したい方は、夢を掴める可能性が高いです。

 

キャリア面談や学習面談に制限がない

転職に伴う不安や、プログラミング学習などで発生する疑問点などは、期間内であれば何度でも聞く事が出来ます。

学習や転職に関する、不安や疑問点などは制限がないので、自分が納得できるまで聞く事が可能です。

 

学習も転職支援もすべてオンラインで完結

他のコース同様、コードキャンプゲートでも「オンライン完結」で全て行う事ができます。

転職支援もプログラミング学習も、自宅で自分の時間に合わせて学習や転職活動を行う事が出来るので、自分のペースに合わせて活動できます。

 

コードキャンプ(CadeCamp)の転職サポートまとめ

コードキャンプの転職支援は、非常に質が高く徹底的なサポートを行ってくれるので、一人で転職するより効率良く転職する事ができます

転職に必要な、自分の「強み」や「弱み」などの「自己分析」が、なぜ必要なのかという部分の説明から行ってくれるので「転職が初めて」という方でも、スムーズに転職する事が可能です。

ですが、30代を超えた時点で、年齢的に転職難易度が上がってしまいます。「自分が好きな事」・「本気でやりたこと」に挑戦するのは早い方が良いです。

IT・Web業界で働きたいという方は、コードキャンプで夢の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。