【マンツーマン形式】おすすめスクール6社

ウェブキャンプ(WebCamp)-身につくスキル(学べること)

ウェブキャンプではどんなスキルが身につけられるか?

ウェブキャンプで身につくスキルは多彩であり、多くのことを学べます。具体的にどんなスキルを得られるのか見ていきましょう。

サイト制作

スマホやタブレットが広く普及してきた中で、それぞれの端末ごとのサイト対応をすることが多くなりました。

サイト制作ができるようになるとフリーランスとして在宅での仕事も可能になります。もちろん、実際の会社で社員として働くことも可能です。

サイト制作にはさまざまな種類があり、ショッピングやSNS、企業HPなど多彩な仕事があります。需要が多く、企業もスマホやタブレット用のサイトを立ち上げていることからも身につけると役に立つスキルです。

アプリ開発スキル

ウェブキャンプではRuby、Ruby on Railsを学びます。

これらの言語を習得することでアプリ開発が可能になります。アプリはスマホやタブレットを中心に多くの企業が対応しています。アプリの種類は幅が広く、通販やニュース、ゲームなどがあることからも仕事がないということはあまり考えられないでしょう。

チーム開発経験

ウェブキャンプではチーム開発を受講2カ月目から開始します。

開発の多くは複数人で対応し、チームとして一丸になって制作していきます。時には協力し合い、時には問題にぶつかり悩むこともあるでしょう。チーム開発の良いところや苦しいところを経験することで、流れを把握することができます。

業の多くは即戦力を求める傾向(中途の場合)があり、チーム開発経験があるのは大きなメリットです

個人でもサービスを制作できるスキル

チーム開発も重要ですが個人でサービスを制作できるようになるのもウェブキャンプの魅力です。

チームプレーが上手くても、実際の開発で全く力になれないのでは意味がありません。受講3カ月目からオリジナルのサービス制作を行い、自身で考えたサービスを企業にアピールすることができます。自身の作品があるのは大きな強みで企業に自身の力量がどのくらいか把握してもらえます。

他のスクールと比べて身につくスキルに差があるか?

ウェブキャンプ以外のスクールでもウェブサイトやアプリ開発のスキルを学ぶことは可能です。また、オリジナルのサービス制作も対応しているスクールは多いです。

その中でもチーム開発はウェブキャンプ以外では採用しているのが少数です。これは各プログラミングスクールの考え方によるところが大きいです。

個人のスキルを徹底的に鍛え上げるのが最善かチームとして活躍できる人材を作るかに分かれます。正直なことを言うと、どちらも正解です。自身がどんな考えであるかが選ぶポイントになるでしょう。

ウェブキャンプで身につけるスキルにおいてマイナス点はあるか

あえてマイナス点を挙げるとすればチーム開発をする分、自身の学習時間が割かれてしまう点です。

チーム開発の経験はとても良いことですが、他の受講生とミーティングや相談をするので自身の学習時間がどうしても割かれてしまいます。

チームとしてどう協力し合えるか?問題が起きた時の対応方法など学べるので、チーム開発の経験自体は間違いなく自身に帰ってきます。しかし、裏を返せばこのようなデメリットもあることは覚えておくといいでしょう。

ウェブキャンプで身につけたスキルは本当に役立つのか

間違いなく役に立ちます。なぜならば現在でもプログラム開発者の求人は多く、需要が高い傾向です。しかも、今後も需要はドンドン高まる傾向であり、特にウェブサイト制作やアプリ開発は多くの企業が対応していくことになります。

ウェブキャンプではHTMLやCSS、RubyやRuby on Railsなどの言語を学べるので、幅の広い仕事をすることができます。

どのスクールで学ぶかは無料体験やカウンセリングで決めよう!

プログラムを学ぼうと思っている場合、インターネットで事前に調べるのも大事です。

正直なことを言うとプログラム言語を学ぶ場合、内容自体は大きな差はありません。たとえばRubyという言語を学ぶ場合はRubyのルールは絶対であり、教える人で大まかな部分において変わることはありません。

そこで重要になるのがスクールの雰囲気です。

ここで学びたい!と思えるような場所であるかを判断するには無料体験やカウンセリングしかありません

ある程度学ぶスクールを絞って、気になったところは勇気を出して一歩踏み出してください。

\レビュー口コミを見てみる/
DMM WebCampのレビュー口コミ

\実際にスクールを見てみる/
DMM WebCampの詳細をみてみる