無料体験ができるプログラミングスクール(教室)

ウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラム

ウェブキャンプ(WebCamp)は3か月でWEB開発のエンジニアとしてのスキルを学ぶことができるプログラミングスクールです。全額返金保証や徹底サポートなど受講生のことを考えたサービスを展開しています。

今回はウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラムを中心にまとめましたので見ていきましょう。

ウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラムの特徴や魅力

ウェブキャンプのコース・プログラムには大きく3つの特徴や魅力があります。

1.幅広い仕事ができるようになる

ウェブキャンプではHTML、CSS、JS、jQuery、Ruby、Ruby on Railsなどの言語を学ぶことができます。これらの言語はWEB関連の開発で広く採用されており、求人の数も多いのが特徴です。

スマホやタブレットの普及により、1つのサイトでも複数の対応をする必要があることからも高い需要があります。

やはり、手に職を付けるのであれば息の長い活躍が見込めるものを習得したほうがいいでしょう。

2.チーム開発で現場の感覚をつかむ

ウェブキャンプでは基礎を一通り習った後にチーム開発を行います。

メンバーは受講生同士となり、さまざまな作業をこなしていきます。実際の現場では複数人、場合によっては100人規模の開発をすることもありますので、チーム開発に慣れておくことは重要と言えるでしょう。

特にプログラム開発はコードを書く以外にも顧客からの要求をどのようにして形にするか、開発中に起こった問題をどうクリアするかなどが問われます。

3.オリジナルのサービスを制作

就職や転職をする際に最も強力な武器となるのが自身の作品です。

習った言語でオリジナルのサービス制作をウェブキャンプでは行います。企業側からも作品を見ることで大体の実力を把握することができるので好まれる傾向です。

IT開発の現場では面接はいい感じだったけど、実際の開発力が頼りない人も少なからず存在します。自身の実力を正確にみてもらう意味でもオリジナルのサービス制作は重要と言えるでしょう。

ウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラムは他と比べてどうか

ウェブキャンプは他のプログラミングスクールと比べるとチーム開発を用意している部分が違います。

多くのプログラムスクールではオリジナルのサービス制作や各言語の基礎を教えますが、チーム開発を提供しているところは少数です。

就職・転職をして現場にスムーズに入りたいのであれば、ウェブキャンプで習うのは大きなメリットとなるでしょう。

ウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラムのマイナス点

ウェブキャンプの場合、最初の1ヵ月で多くの言語の基礎を身につけます。2カ月目でチーム開発に取り組むことからも、少々駆け足で習うことになるでしょう。

基礎をしっかりと学びたい場合は他のプログラムスクールがいいかもしれません。しかし、集中的に習いたいのであれば、ウェブキャンプがいいでしょう

ウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラムは本当に役立つのか

集中して受講すれば、長期的にみて役に立つでしょう。習う言語の多くが企業に採用されているものであること、今後もWEB開発の需要が高まることを考えれば十分な満足を得られます。

3か月で基礎、チーム開発、オリジナルのサービス制作をするので速足で学べる状況の人にはうってつけです。

目的と目標をしっかりと定めることが大事

ウェブキャンプ(WebCamp)のコース・プログラムについて私的ではありますが解説しました。

短期間で集中して受講することで、素早くスキルを身につけることができるでしょう。実際に受講する場合は最初に目的や目標を定めてからをおすすめします。

  • 何のためにエンジニアになりたいのか?
  • どんな風な仕事をしたいのか?
  • どのくらいの収入を得たいのか?

などそれぞれの角度から分析しましょう。

ウェブキャンプが最適であると判断した場合は迷わずに集中して受講することをおすすめします。

\レビュー口コミを見てみる/
DMM WebCampのレビュー口コミ

\実際にスクールを見てみる/
DMM WebCampの詳細をみてみる