【マンツーマン形式】おすすめスクール6社

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)ー講師(メンター)

ポテパンキャンプの質が高いカリキュラムで、非常に人気が高いプログラミングスクールです。

また講師のレベルが高く、丁寧なレビューでスキルアップを実感できるという声もあります。

当記事では、ポテパンキャンプで活躍している人達が「どんな経歴をもっているのか」、「どんな採用基準で講師を募集しているのか」などについて紹介します。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)が提供するカリキュラム

ポテパンキャンプは、転職支援を目的としたプログラミングスクールになります。

そのため、ポテパンキャンプで提供されているカリキュラムは、実践向けの高度なカリキュラムです。

実際の開発では、1からシステムを作る事はほとんどありません。

ほとんどがフレームワーク(テンプレート、雛形)などを利用して、大枠を作成して、細かい部分の開発を行います。

他にも「既存のシステムやWebサイトの一部を変更する」などの案件が目立ちます。

ポテパンキャンプでは、実際の開発現場を想定したカリキュラムになっているので、どうしても難易度が少し高めです。

ですが、講師がしっかりとサポートしてくれるので、ポテパンキャンプのカリキュラムを全て修了する頃には

  • 自分で調べて問題を解決する力
  • 他の人が書いたコードを解読する力
  • メンテナンスが行いやすい保守性が高いコードを書く力 など

上記のような実践的なスキルを獲得してるはずです。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)優秀な講師陣がサポートしてくれる

正直なところポテパンキャンプのカリキュラムを学ぶだけでも、基礎・応用技術は身につきます

ですが、それは教科書通りの綺麗なコードです。

開発現場では納期が決まっていて、遅れることは許されません。そのため、教科書通りの手順や方法を用いては時間が足りない可能性があります

なので、カリキュラムだけでは、開発現場で通用しない可能性が高いです。

カリキュラムで綺麗なお作法を学んだ後に、ポテパンキャンプの講師陣による「現場での効率化」、「カリキュラムを応用した技術」を学びます。

講師によるコードレビューで、受講生を即戦力の人材として成長させることができます。

 

CTO経験者の講師

ポテパンキャンプでは、有名企業でCTOを経験した事がある現役Railsエンジニアが在籍しています。他にも

  • 株式会社grooves
  • freee株式会社
  • ReadyFor株式会社 など

上記のような有名企業の現役Railsエンジニアが、多数在籍しています。

現役のRailsエンジニアなので、Railsに関する最新技術なども知っている人達なので、古い技術を教えられる心配がありません

 

「CTO」について

CTOとは、IT企業を中心に使われている「役職名のひとつ」です。

意味は「最高技術責任者」という意味になります。開発現場での最高責任者という位置づけなので、開発に必要な高度な能力と知識が求められます

余談ですが、CTOと呼び方が似たCEOという役職があります。CEOは、代表取締役・社長・会長と同じ意味で使われる事が多いです。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)の講師人数

ポテパンキャンプで常時在籍中の講師は、30~40人ほどと言われています。

ポテパンキャンプの評判は、ネット上の口コミなどで広がっていき、講師の数より受講生の数が圧倒的に多い状況です

受講生の数が多いということは評価が高く、人気が高い証拠なので、信頼できるプログラミングスクールであるといえます。

ですが、課題提出後のコードレビューなどが少し遅くなるというデメリットがあります。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)の講師採用情報

ポテパンキャンプでRailsエンジニア講師として働きたい場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • Ruby on Railsを使用しての開発経験
  • Web系の開発経験とレビュー経験
  • 週10時間以上の作業時間(リモートワーク可能)

上記の内容は、最低条件という認識で応募するのが無難です。

講師として働く場合は、プログラミングのスキルと知識があるだけではいけません。

人に教えるというコミュニケーション能力など、開発スキル以外にも求められる事がたくさんあります。

 

まとめ:質が高いカリキュラムと講師が応援してくれる

ポテパンキャンプでは、質が高いカリキュラムと講師のサポートで、プログラミングスキルをしっかりと身に付ける事ができます。

ポテパンキャンプのカリキュラムは難易度が少し高めなので挫折者が多い事も事実です

また、ポテパンキャンプ卒業生の声で、もっとも多いのが「実際の業務より難しかった」という感想です。

前向きに考えると、難しいといわれるポテパンキャンプのカリキュラムを修了することができれば、即戦力で働く事ができるという事になります。

  • 本気でWebエンジニアになりたい
  • 夢を絶対に叶えたい

上記のような熱い気持ちがある方は、ポテパンキャンプを検討されてみてはいかがでしょうか。