ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)ーコース・プログラム

転職支援に特化したプログラミングスクールのポテパンキャンプ。

各コースの概要などを詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。

ポテパンキャンプで学べるプログラミング言語はRubyしか学べません

ですが、カリキュラムが充実しており、学習効率が非常に高いことから人気の高いプログラミングスクールです。

当記事では、ポテパンキャンプで提供されている受講コースについて詳しく紹介します。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)コース一覧

ポテパンキャンプには、大きく分けて

  • 選抜クラス
  • オープンクラス

上記2つのコースに分けられます。

選抜クラスは転職を目的にしているコースとなり、オープンクラスはプログラミングの基礎を学べるコースになります。

 

選抜クラス

選抜クラスは、いくつかの応募条件(次章で紹介)があり、選考を通過することで受講する事ができます。

転職支援を目的としているので、すべてのカリキュラム修了後に「履歴書の添削」や「面接対策」を行いながら、受講生の希望に合った求人を紹介してくれます

また選抜クラスは2つのコースがあり

  • 選抜クラスキャリアコース
  • 選抜クラスビギナーコース

上記2コースに分けられます。

 

選抜クラス「キャリアコース」

キャリアコースは、「Web開発の実践」と「開発品質の向上」という面を3ヶ月のカリキュラムで学習する事ができるコースです。

主にプログラミング経験者向けの学習コースとなり、受講する場合もWeb開発の基礎知識が必須となるので、最低でも

  • 簡単なWebサイトを作成できる
  • データベースとの連携したWebアプリケーションの作成

上記のような知識が必要です。

課題内容は、「Railsチュートリアルの復習課題」、「設計書を元にECサイト(ネットショップ)の開発」など、中盤以降は実際の開発を想定した課題が中心になります。

 

選抜クラス「ビギナーコース」

ビギナーコースは、4ヶ月のカリキュラムで構成されており、転職を検討しているプログラミング未経験者を対象にしたコースです。

ビギナーコースでは、プログラミング学習サイトプロゲート(Progate)やRailsチュートリアルなど外部学習サイトでの学習が中心になります。

1ヶ月ほど基礎を勉強した後にキャリアコース同様、設計書を元にECサイト(ネットショップ)の開発を行います。

わからない事は、講師に質問できる環境が整っているので、Ruby言語の基礎やWeb開発の基礎知識を身に付けることが可能です。

 

受講する前に

ポテパンキャンプの選抜クラスを受講する前に、外部学習サイトの「ドットインストール」「プロゲートProgate」などで、最低でもHTMLやCSSなどを事前に自主学習をする事をオススメします。

ビギナーコースで、HTMLやCSS、データベースなどWeb開発に必要な知識を学ぶ事はできます。

ですが、カリキュラムの課題が調べながら行う必要があり、難易度が高い課題が多いです。

そのため場合によっては、最終課題の提出がカリキュラム期間内に間に合わない恐れがあります。

受講前に出来る範囲だけでも自習しておいたほうが、効率よくカリキュラムを進める事が可能です。

 

オープンクラス

オープンクラスは、2ヶ月のカリキュラム構成となっています。

オープンクラスには、応募条件はなく誰でも受講する事が可能です。

プログラミングの基礎をマスターする事が一番の目的です。ですが、カリキュラム後半では、基礎だけの学習に終わらずに応用技術など、実践的な学習も含まれています

カリキュラム内容は、

  • Twitterのクローンサイトの作成
  • インスタグラムのクローンサイトの作成

上記のようなWebアプリケーションを作成し、Ruby言語への理解とプログラミングの基礎の学習を行います。

 

注意点

選抜クラスを受講する場合、使用するPCはMacが必要になります。

また、メモリも8GB以上となっているので、選抜クラスを受講する場合は使うパソコンが限定されます。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)各コースの応募条件

前章で少し触れましたが、ポテパンキャンプの選抜クラスには、幾つかの応募条件があり、応募条件を満たしている人のみが選抜クラスへ応募をする事ができます

応募後に書類選考と面接があり、合格をした方のみが選抜コースを受講することが課可能です。

選抜クラスへの応募条件は

  • 年齢
  • 転職意欲
  • Web開発の知識(キャリアコースのみ)

上記3つの知識が必要になります。

 

応募可能年齢

ポテパンキャンプの公式サイトを見ると、選抜コースの応募条件に「年齢不問」となっています。

ですが、ポテパンキャンプ運営者の方によると

  • プログラミング未経験者は20代まで
  • プログラミング経験者は30代まで

上記のように明確な基準があります。

公式サイトの情報だけで応募すると、書類選考に落ちる可能性が高いです。

以前応募したが選考に落ちたという方は、モチベーションや知識ではなく、年齢が関係している可能性があります。

 

転職意欲の有無

書類選考を通過した方が、次に受ける選考が面接です。

面接では、学習意欲や転職意欲などモチベーションの高さを確認されます

ポテパンキャンプのカリキュラムは少し難易度が高く、自分で調べる事が必要です。

そのためモチベーションが高い人以外は、自分で調べる事が多くなった段階で挫折する人が多くなります

「IT業界に転職したい」という気持ちだけではなく、転職するために自分から積極的に学習していく意識の高さを求められます。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)各コースの違い

ポテパンキャンプで提供されている各コースの大きな違いは、転職有無があるかないかです。

  • 選抜クラスはWebエンジニアに転職したい人向け
  • オープンクラスは転職する予定はない人向け

上記のように認識すると問題ありません。

ポテパンキャンプのサービス提供目的が、未経験でも即戦力として活躍できるWebエンジニアに転職できるようにすることが目的です。

特に現在、需要が高いRailsエンジニアを目指している方は、ポテパンキャンプで学習する事で、市場価値が高い人材になる事ができます。

 

ポテパンキャンプ(PotepanCamp)各コースの受講開始日

ポテパンキャンプの各コースは、入金確認後にすぐ受講できるわけではありません。

各コースごとに受講開始日が決まっていて

  • 選抜コースは毎週土曜
  • オープンコースは月初日

上記のように受講開始日が決まっているので、入金するタイミング次第では受講開始日まで時間が空きます。

受講開始日までに自主学習を行い、カリキュラムをスムーズに進めるための基礎知識を見につけておくことをオススメします。

 

まとめ:Webエンジニアとして転職したい方にはオススメ

ポテパンキャンプはWebエンジニアに転職したい方には、非常にオススメのプログラミングスクールです。

クラウドソーシングなど、個人でも受注できる案件でもRubyを使用した開発案件が多く、需要が高いプログラミング言語のひとつです。

企業で開発経験を積むことで、将来的にフリーランスや副業で「リモートワーク(在宅ワーク)」などの案件を中心に案件を受注することこともできます。

自由な働き方ができる「Ruby」に特化したポテパンキャンプなので、Rubyに関しての深い知識と、開発経験に必要なノウハウを学ぶ事が可能です。