無料体験ができるプログラミングスクール(教室)

テックキャンプ(TECH CAMP)-講師(メンター)

初心者でも学びやすいと評価が高い、プログラミングスクール「テックキャンプ」。

顧客満足も98%と高く、オリジナル教材がとてもわかりやすいと評判が良いです。

当記事では、「どんな人達がメンター(講師)となっているのか」など、テックキャンプのメンターについて紹介します。

テックキャンプ(TECH::CAMP)が提供するカリキュラム

テックキャンプでは、オリジナルサービス開発を、行なえるスキルを取得することができます

テックキャンプのカリキュラムを通して学べることは

  • Ruby/Ruby on Rails
  • HTML/CSS
  • BootStrap
  • JavaScript
  • MySQL
  • Python

上記のような事を学べます。

また、テックキャンプは月額制のプログラミングスクールで、在籍中は、テックキャンプが提供する全てのコースを学ぶ事ができます。(テックキャンプ イナズマ以外)

テックキャンプ(TECH::CAMP)の講師は学生

他のプログラミングスクールでは、メンターが「現役のエンジニア」、「現役のフリーランス」など、開発現場の最前線で活躍している人達から学ぶ事ができます。

ですが、テックキャンプのメンターは、ほとんどが学生です。

もちろんメンターになるまでには、厳しい採用試験に合格する必要があるので、テックキャンプのメンターも問題なく、プログラミング初心者の方をしっかりとサポートしてくれます。

ですが、「自分より若い人に教えてもらうのが抵抗がある」、「実践に活かせるノウハウを学びたい」という方には、テックキャンプはオススメできません。

メンター試験合格率は5%

詳しい試験内容は公開されていませんが、テックキャンプのメンターになる為には、合格率5%の難解試験を合格しないといけません。

プログラミングスキルだけではなく、人に分かりやすく伝えるコミュニケーション能力など、様々な条件を満たした人しかメンターになる事ができません。

そのため、学生といってもプログラミングの知識は十分なので、多少難しい質問に対してもしっかりと答えてくれます。

MEMO

テックキャンプが、毎月15,000円という比較的安価で、受講できる秘密はメンターにあります

テックキャンプで受講生の対応をしているメンターは、テックキャンプ卒業生が多いです。

そのため、テックキャンプのカリキュラム範囲では、質問に対して適切な回答を行なってくれますが、カリキュラムの範囲を超えた、質問に対してはメンターに対して知識のバラつきが多く、適切な回答を得られない可能性があります。

そのため、他の言語を学習した経験がある中級者以上の方には、オススメができないプログラミングスクールです。

「初めてプログラミングに触れる」、「プログラミングで簡単なサービスを作りたい」という方には、オススメですが、何かのプログラミング言語を学習した事がある方は、同会社が提供する「テックエキスパート」もしくは他のプログラミングスクールがオススメです。

テックキャンプ(TECH::CAMP)では即戦力は難しい

プログラミングを学ぶ目的次第ですが、転職・フリーランスを目指している方には、テックキャンプで即戦力としてのスキルを身に付ける事は難しいです。

テックキャンプのメンター学生が大半を占めているので、知識や技術は現役のエンジニアには適いません。

そのため、開発現場ならではのノウハウを手に入れられる可能性はかなり低いです。

しかし、テックキャンプが提供するオリジナル教材は、初心者にもとても分かりやすく、基本的なWebアプリケーションを作成するスキルは身に付きます。

また、メンターが学生の方なので、「同じ学生の方」や「新卒の方」は年齢が近いので質問がしやすい環境です。

他にも、テックキャンプで作成したWebアプリケーションは、転職活動時に実績としてアピールできるので、やる気と実力をアピールする事ができます。

MEMO

当記事で言う「基本的なWebアプリケーション」は

  • ログイン機能
  • 画像投稿
  • 掲示板書き込み
  • サイト内検索 など

データーベースと連携したWebアプリケーションに必要とされる基本的な機能があるサービスの事を指します。

「いいね」や「お気に入り機能」がない「簡易版ツイッター」というイメージです。

テックキャンプ(TECH::CAMP)メンター 講師 まとめ

テックキャンプのカリキュラム教材は、とても素晴らしく、講師も話しやすい方が多いので、決して悪いプログラミングスクールではありません。

しかし、「開発現場の最前線にいるエンジニア」と「知識は豊富だが、実務経験が少ない学生」とでは、実践で使えるノウハウを知っているのは前者になります。

そのため、プログラミング初学者には、とてもオススメできるプログラミングスクールですが、何かしらの「プログラミング経験者」や、「中級者」には少し物足りないことが多いかもしれません。